PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

みえない「結合力」


マウス画

消えてしまったと思った描きかけのマウス画が出てきたので、この記事に使おう。


////////////

久しぶりに梶川さんのメッセージです。

犬のしっぽブログ  Yasushi Kajikawa
http://www.two-pictures.net/tail/


知識と経験

人類が共通に持っている地球の表面と上空と地下の
それぞれ10キロメートルの圏内に生息する既知と未知の生命と
共存する権利を異なったコロニー間と共に行使し、交流し、
生存するためのシェルターのデザインとその製造を
可能にしてくれる最初のシェルター工場から建造し、
配送するための包括的テクノロジーを完成させるためには
デザインサイエンスチームには、知識と経験だけではは不十分である。
知識と経験から、<構造>はついにデザインできないからだ。

真の<構造>は、そのような人々に偶然を装って与えられる。



二つの電子は宇宙の端と端に離れていても
まるで双子のようにつながっている。
(ボームにはまた別の考えがあるみたいだけど)
非常に強い結合力があると言われている。

あらゆるものがつながっている。

このつながり、結合力には設計図があるのだろうか?
宇宙のどの原子も完全で、永久でありつづけるから
その中に設計図があるだろうと推測されている。
あるとしたら、一体どんなものなんだろう。

すぐ思い浮かべるのはテンセグリティ構造。

この前もちらっと書いたように
この結合力は音(振動)なのだろうか。

だいぶ前に宇宙のはじまりは音と書きましたよね。
真っ暗な宇宙は最初に音で始まり、次に光在れ…と。
無音の音のことも書きましたよね。

アーユルヴェーダの賢者たちはこの結合力を発見したと言う。
宇宙の糊のようなハタラキをする結合力は
音を通して彼らの意識に入ってきたと言う。
そしてその音は再生できると。

旅はつづく

旅のおまけ:張力と聴力と潮力。



関連記事

| こころとからだの健康・アーユルヴェーダ | 15:36 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016/08/05 22:47 | |

Re: 駄コメントですが、

般若心経って元々はサンスクリット語ですよね?
「遠離一切転倒夢想」を「おんり いっさい てんどう むそう」と呼ぶなら、別の漢字も当てはまりますね。たとえば、「おんり」は「音離」「音理」とか。

| まゆみ | 2016/08/05 23:09 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016/08/07 00:25 | |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT