PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

去年は菅官房長官の来沖時に米軍ヘリ墜落。今年は稲田防衛相、沖縄初訪問の前日に米軍機が墜落。


日付け変わって昨日23日、稲田防衛相が沖縄初訪問。
(本日、翁長知事と会談予定。)

防衛相が来る前日、9月22日に米軍機が墜落。

去年8月12日、菅官房長官の来沖時に米軍ヘリ墜落

翁長知事と菅官房長官の集中協議が始まろうとした
まさにその時を狙ったかのような米軍ヘリ墜落事故。
誰も亡くなっていないことと合わせて考えれば
やはりカミ的なハタラキを想うと、まさに「神業」と書いた。

後で米軍ヘリには自衛隊員も乗っていたことも判明。

去年も今年も本島の東の海に墜落。

2年続いてのこの事故。
こんな偶然はないもの。確率的に考えても、
カミのハタラキに間違いない。
これは政権の「墜落」を意味する。




関連記事

| 沖縄 | 01:02 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

プーチンの山口訪問が反故になれば・・・

>これは政権の「墜落」を意味する。

安倍は北方領土問題で成果を上げれば、1月に衆院解散総選挙をやって憲法改定へ向けて与党が2/3を占める目論見なんだろうけど、以下の記事にある通り、クリミア半島のロシア併合に対する制裁を維持すれば、プーチンの山口訪問が中止される可能性は高いので、『失脚』も有り得ますね。

通常ならレイムダックのオバマに気を使う必要はありませんが、広島・長崎の原爆が日本製でB-29から投下されたものではないと暴露されるのを恐れてるんでしょう。


安倍首相、米国に対して対露制裁の温存を確約
http://jp.sputniknews.com/politics/20160922/2804104.html

安倍首相は22日、バイデン米副大統領と会談を行った中で、ロシアとは南クリル諸島問題の解決のために対話を続けているものの、ウクライナ情勢を巡る対露制裁についてはG7の共通の立場を堅持する構えであることを示した。NHKが報じた。

© AP PHOTO/ KOJI SASAHARA 安倍首相、イランに北朝鮮との軍事協定を破棄せよと呼びかけ 安倍首相は「北方領土問題を本気で解決したい。ことし12月にプーチン大統領を山口県に招待することにした。ウクライナ情勢をめぐる対ロ制裁を継続し、G7・主要7か国の連帯を維持する考えに変わりはない」と語っている。

| 奇兵隊 | 2016/09/24 18:46 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT