PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

「伝言199」


遠くても船に乗るしかないのは
とうにわかりきっていたこと
船に乗りきれないものは
置いていくしかないことも
わかりきっていたこと

事の末を案じるよりも
船が正しく目的地に向かうかである
幾多の困難を経ても
気が狂っていると言われようが
そんなことはどうでも良い

神々の系譜に記載間違いのないよう
もう一度点検せよ
日を改めてできるものと出来ぬものがある
琉球のそれは等しく神々に遣わされたものであるから
誰かが誰かのものを抜き取っても意味が無かろう
琉球のはじまりに恥も外聞もなかろう
それは出来るべくして出来上がったものであり
すべては神々の系譜の通りである


2016/10/25 (火) 17:37


関連記事

| チャネリング詩・伝言 | 12:13 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT