PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

「やろうと思えばできたはずなのに日本政府は単にやりたがらなかった。」


寒さも風も今日は落ち着いて穏やかな陽気。
半袖の人もいたけれど私はTシャツと長袖Tシャツの二枚重ね。

昨日、また本を整理してブックボックスにもらってもらった。
ダンボールが少しずつ減って嬉しい。
料理をしたくなるように料理本をダンボールから出した。
これでまた一箱減った。

資料などもダンボールから出して整理した。

きょうは夕方までギャオでイタリア映画をみたり
夏ものの洗濯したりしてたら遅くなって
近くのカレー屋さんで夜ごはん。

後ろの席の団体さんからおすそ分けをいただいたり
お店の人からハワイ土産のナッツをいただいたりでお腹いっぱい。

イタリア映画に感動して
カレー屋さんへ向かう途中でも思い出して涙ぐんだ。
良い映画だった、またみよう。

昨日みた映画も良くて二日続けて良い映画に出会えた。

残念なのはパソコンが非力だから動画をみづらいので
みるのはいつも小さなタブレット。
せっかくの良い映画なのにこれが残念。

海外の映画をみると
建築や内装に興味があるのでどうしてもそっちに目がいく。
そのたびに私はなんで日本に居るのだろうかという思いになる。

//////////

辺野古も高江も、実は自衛隊が使いたいからあんなに必死になっていると何度も書いてきたけれど、この↓日本政府のやり方をみると、私の読みは当たっていると思う。沖縄を米軍にあげたのは昭和天皇。それをしっかり受け継いでいるんですよ。主導権は日本が持っている。沖縄の基地が減らないのは日本(ヤマト)政府の意向。

元・在沖米総領事が語る日本政府の消極姿勢 米基地負担で本土と落差(沖縄タイムス)
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/69636

やろうと思えばできたはずだ-。住民の反発や政治的圧力を懸念し、日本本土の米軍基地の返還や整理を進める一方で、より多くの基地が集中する沖縄の米軍基地の整理には着手したがらない。1990年代半ばに在沖米総領事を務めたアロイシャス・オニール氏の口述記録を読み進めると、在沖米軍基地のプレゼンスの維持を重視する米政府と、沖縄の基地問題への取り組みに消極的な日本政府の姿が浮かび上がってくる。

オニール氏が在沖米総領事として赴任した当時、大田昌秀知事は、(1)那覇港湾施設の返還(2)読谷補助飛行場におけるパラシュート降下訓練の廃止および同飛行場施設返還(3)県道104号越え実弾砲撃演習の中止-からなる「三事案」を重要政策に掲げていた。

当時、県道104号を封鎖して行う実弾砲撃演習は、交通の妨げや訓練の危険性が高いため、県民が強く反対。訓練が実施されるたびに反対デモを繰り返し、中止を要求していたが、日本政府は米側が訓練の廃止は困難と言っているなどと繰り返していた。

オニール氏はそうした当時の状況について「(訓練は)とても安全だが、県民にとっては大きな問題で、知事も移転を希望していた」と述べ、海兵隊が訓練の移転に前向きだったと証言。日本側の説明とは逆の見解を示している。

また、大田知事が実現を求めていたにもかかわらず、「日本政府は95年まで政治資本を投入したがらなかった」と述べ、受け入れの可能性がある地元との調整を怠るなど、事件が起きるまで腰を上げようとしなかった日本政府の消極的な姿勢を指摘。動かそうと思えばできたはずなのに「東京(日本政府)は単にやりたがらなかった」と当時を振り返っている。

オニール氏は当時の沖縄の状況について、「小さな島に詰め込まれており、巨大でうるさい米軍の存在がすべてに影響を及ぼしていた」などと基地が過剰集中する沖縄の実態を表現している。



///////

tokkouji

【高江】今日のN1表ゲート前には、20数名の市民しかいません。砂利ダンプの搬入開始から2時間が経過。機動隊の壁の間からプラカードを掲げるだけの抵抗。残念なことに、ついに砂利ダンプの台数が2000台に到達しました。これからは追加工事分の砂利搬入が続くはずです。高江に来て下さい。

CwYsSByUQAAX今日のN1表ゲート前には、


susuda ‏

高江オスプレイパッド建設工事H地区の様子 昨日とあまり変化はないがオスプレイパッド部の整地が続く。 ネットの向こうには吸い殻があったりゴミがあったりする。 防衛局員に抗議しても片付けるそぶりもしない。 稲田さんあなたの部下はひどすぎる。

CwQYhYUUIAAtoqH.jpg
CwQYl07UAAEy1Vu.jpg
CwQYozoVIAAzewA.jpg



///////

ダンプ60台が進入 
<米軍ヘリパッド>ダンプ60台が進入 座り込み抗議を排除(沖縄タイムス)
https://goo.gl/trfB0R

県道規制 警察に批判 地元、観光へ悪影響懸念 ヘリ着陸帯建設(琉球新報)
http://j.mp/2fhgUY9

米軍ヘリ墜落は「操縦士の技量不足」 海兵隊が報告書(沖縄タイムス)
https://goo.gl/Pev854  

///////

CwXxJMPVIAAjfPr嘉陽宗義さん死去
嘉陽宗義さん死去 辺野古反対訴え続け 94歳(琉球新報)
http://j.mp/2fhiKZ4

Osamu Tomori ‏

後の人たちが役目を果します。
安らかにお休みください。

嘉陽宗義さん死去 辺野古反対訴え続け 94歳 - 琉球新報 http://ryukyushimpo.jp/news/entry-388227.html




【辺野古 嘉陽のおじい死去】嘉陽宗義さん94才が3日 肺炎のため死去 ご冥福をお祈り致します
映像は2004年当時「涙が出ますよ。阻止しに行きたいですよ。いろいろ考えて眠れなくなった」冬に向かう中 夏のウェットスーツしか持っていないカヌー隊のメンバーことを考えて、眠れなくなった



///////

nos ‏

幸福の科学のカネと人脈が #沖縄ヘイト の大きな柱になっている。

沖縄をターゲットに活動するカルト「幸福の科学」の手口とは?まとめ - Togetterまとめ http://togetter.com/li/1043438 @togetter_jpさんから



///////

日税連、県内で初の公開討論会 税理士1千人参加(琉球新報)
http://j.mp/2fhZZVC

///////

伊波 洋一 (いは よういち) ‏

第6回世界のウチナーンチュ大会が10月27~30日で開催された。26カ国・2地域から過去最多の7297人の海外ウチナーンチュが参加。海外代表(2世)挨拶は故郷である沖縄の琉球王国時代からの歴史と伝統文化、豊かな自然を誇るものだった。

CwMJUGNVMAER0lJ第6回世界のウチナーンチュ大会が

第6回世界のウチナーンチュ大会の閉会式・アトラクション最後の「花笠」は、琉球王国450年の培った宮廷古典舞踊や組踊りが世界に通用するものであることを示している。琉球王国が「踊奉行」を配し、国の祭事や明、清の冊封使を歓待した伝統舞踊。
https://www.youtube.com/watch?v=_edV6jzW_-c&feature=youtu.be

世界のウチナーンチュ大会中に石垣島では石垣市主催の「自衛隊配備に係る公開討論会」が10月28日に開催された。賛成・反対の立場それぞれ3人が討論する公開討論会で、私も有識者枠の一人として参加した。討論会の様子を報じるブログを紹介する。http://bit.ly/2eyAiyO



///////

平和の礎刻銘者、戦没の日 誤登録 遺族「管理が不十分」 (琉球新報)
http://j.mp/2fACTgE

移民史、集大成が完成 豊見城市史 開拓、出稼ぎも網羅(琉球新報)
http://j.mp/2fAH3VO

///////

CwYn-EdUkAAqzEh竹富島で種子取祭
竹富島で種子取祭 島の繁栄祈り芸能奉納(琉球新報)
http://j.mp/2fAKtb1
『国の重要無形民俗文化財で600年以上の歴史がある竹富島最大の祭り、種子取祭(タナドゥイ)の奉納芸能が4日午前、同島の世持御嶽(ユームチオン)で始まった。5日までの2日間、島民らが庭の芸能と舞台芸能を奉納し、島の繁栄を祈願する。・・・』

沖縄文化圏 絆を確認 沖永良部で野外音楽祭(琉球新報)
http://j.mp/2fhwnaJ

CwZvYXwUkAEu沖縄の高校生5千人参加
沖縄の高校生5千人参加 創作舞踊など文化活動披露(琉球新報)
http://j.mp/2fBjXhO

///////

あいあいファーム、農水大臣賞を獲得 食育、地産地消を評価(琉球新報)
http://j.mp/2fAygmR

佐々木さん(中城中3年)ブロック賞 沖高専にコミュニティ賞
http://j.mp/2fh1a7H

おめでとうございます!

///////

飲酒運転容疑、車置いて400m逃走、パトカーで“吐く” (沖縄タイムス)
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/69610


関連記事

| 沖縄 | 23:47 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT