PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

選挙って儲かるんですね。


IMG_1578.jpg


北海道に大きな被害をもたらした台風が、
阿寒湖のマリモを絶滅の危機から救ったそうですね。
マリモの生育を妨げていた水草が大量に打ち上げられ、
環境が一気に改善されたからだそうです。

沖縄は台風でサンゴが守られ、北海道はマリモが守られる。

自然の猛威は人々の生命や生活を脅かすけれど
動植物にとっては恵みになる。

ちょっと時代をさかのぼってみると
実は自然の猛威は人類にも大きな恵みを与えてきた。

ナイル川の洪水なくしてはエジプト文明は語れない。
「エジプト文明はナイルのたまもの」と言われます。

洪水と文明の発達。

.////////

Hermes Trism ‏

今年才能を形にしないと死ぬと思って生きている人と、自分はまだ22歳で後何年も時間があると思っている人では、自分の観察と経験から圧倒的に後者が才能を拗らせる人が多い気がする。20代の10年は早い。

アメリカは才能を発揮して初めて生存が可能になる様に制度設計されているけれど、日本は才能を発揮して突出しようとすると叩かれ才能を発揮しなくても生きれる様にデザインされているから怖い国なんですよね。



.////////

えっ、カバンに入る電気自動車?(NHK)

一瞬、昔みた私の夢が実現したのかと思ったら違った。
私のみた夢は二人乗りの車で折りたたんで手で持ち運べる。
夢ではその車に実際に乗った。
この夢は何度かみているので実現すると思っています。

//////////

“ハリウッドのATM”に支えられてきたヒラリー・クリントン。オールスター選挙運動はヒットに終わるか?
http://bylines.news.yahoo.co.jp/saruwatariyuki/20161104-00064069/

*”スティーブン・スピルバーグ夫妻、約2億3,700万円。ジェフリー・カッツェンバーグ夫妻、約2億6,800万円。J・J・エイブラムス夫妻は280万ドル。ジェームズ・キャメロン夫妻は110万ドル。スペイン語のテレビネットワーク、ユニビジョンの会長夫妻、約14億円。ジョージ・クルーニー夫妻が自宅を会場に提供した4月のパーティのチケットは、ひとり約334万円。さらに良い待遇を受けられるチケットは、カップルで10万ドル(約1,030万円)。クルーニーは、同じパーティをサンフランシスコでも開き、ここでもホストを務めている。8月にジャスティン・ティンバーレイク夫妻宅でランチパーティが行われたが、この時のチケットも、前回と同じ3万3,400ドル。この時は、ジェニファー・アニストン、ジェイミー・フォックス、トビー・マグワイアなどが参加している。このパーティは、もともとレオナルド・ディカプリオ邸で開かれる予定だったが、ディカプリオがマレーシアの公金横領に関わっていた可能性が報道されたせいか、ぎりぎりになって場所が変更されることになった”、とあります。

選挙に出るって金欠になるのかと思っていたら、儲かるんですね。

ヒラリーとは比較にもならないけれど
洋平さんも今年の夏の選挙で儲かったでしょうね。
寄付金の金額がかなり高額で驚きました。
余るだろうなって。

前回の選挙で選挙後に那覇にショップをオープン。
お金がないないって発言していたのに
スタッフも何人か雇ってびっくりでした。

今度の選挙では前回よりお金が集まったからでしょうか、
東京に事務所を持ち、岡山にもオンラインストアができるみたい。
というかオープンしたみたいです。
此処から全国に商品を発送する。
久しぶりにツイッターを覗いたらスタッフたちで民家を改装している。
写真を見るとhttps://twitter.com/miyakeshoten/status/799594483536887809" target="_blank" title="大きな民家">大きな民家。
ここでも人を何人か雇うわけだから、よくお金があるなと感心する。

那覇のショップはいつも誰も居なくて
潰れるんじゃないかと思っていたのに
岡山にもできると知ってびっくり。
やっぱり選挙って儲かるんだって再認識しました。

たくさんの方の応援の寄付が私用に流れているのかと思うと
なんともいえない気持ちになります。

選挙に出ることで名前が売れ、ツイッターのフォロワーが増える。
その人たちが客になってくれるということなんですね。

だから選挙が終わるとツイッターは一気に商売モードになる。
前回はそれでツイッターを見なくなりました。

//////////

カイコウラとは14日にニュージーランドで起きた「カイコウラ地震」のこと。

Chihiro

ニュージーランド空軍にいるホストブラザーがカイコウラで奮闘している。

かつては1000を超える戦闘用機を抱えていたニュージーランド空軍ですが、2001年をもって全ての戦闘能力を破棄。今は武力誇示や他国への軍事介入ではなく、災害支援や人命救助に焦点を置いている。

Cxs2DBCXEAAlpwyニュージーランド
Cxs2DAeW8AAbkv-ニュージーランド
Cxs2DA1XAAEddqyニュージーランド


日本の自衛隊と真逆な方向。

//////////

捜査員も仰天…摘発「大麻草プラント」のあり得ない光景 (日刊ゲンダイ)
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/newsx/194043

///////

中国人留学生惨殺に衝撃=男女2人が乱暴、怒り広がる-ドイツ(時事)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016112600052&g=int

トランプの「秘密兵器」娘婿J・クシュナーが初めて語る、歴史的勝利の舞台裏(Forbes JAPAN)
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161125-00014354-forbes-bus_all&p=1

///////

近赤外線でがん細胞が1日で消滅、転移したがんも治す ――米国立がん研究所(NCI)の日本人研究者が開発した驚きの治療とは
http://www.mugendai-web.jp/archives/6080

夏に朝日が報道していましたね。↓

近赤外線で免疫活性化、がん縮小 米NIH、マウス実験(朝日)
http://www.asahi.com/articles/ASJ8K2BWWJ8KUHBI006.html

///////

人は「死」を意識すると、本当にパフォーマンスが向上する:研究結果
http://wired.jp/2016/11/08/death-performance/
『人は死をほのめかされると、それが動機になって能力をより発揮できるという研究結果が発表された。研究はバスケットボールでのパフォーマンスを測定することで行われたが、スポーツだけでなく仕事などにも応用できる可能性があるという。・・・』

恐怖で人を管理するというのは新しい事ではなく基本的なこと。
死のほのめかしによる「激励」の効果、
これって戦争、兵士もそうですね。
第二次大戦の特攻隊なんかそうじゃないですか。

///////

学者:魚摂取は人体の免疫システム破壊する可能性
http://sptnkne.ws/cEM6

クリックさせるためには過激なタイトルのほうが良いからそうするんでしょうが
このタイトルは勘違いされそうだから
「汚染された海の」を付け加えたほうがいいんじゃないの。

///////

興味をそそる火星:表面に金属球発見
http://sptnkne.ws/cFBz

写真が火星とは限らない。

//////

アメリカ領サモアのタウ島の島の電力はほぼ100%テスラ・ソーラーパネル。
島は電気のために輸入ディーゼル燃料に全面的に依存していましたが、
今は太陽から。

23427862349-tesla_1024.jpg
This island in American Samoa is almost 100% powered by Tesla solar panels

景観を損なうけれど日本でも琵琶湖を全面ソーラーパネルにすれば
計算上、国内の電機はまかなえるんですけどね。

//////

アップが遅れて18日のニュース。

カリフォルニア州サンタクララで泡の海。
近くの空港にある機能不全の消火システムから発泡が始まったそうなんです。
マーティン・アベニューの300ブロックが泡の海。10フィートの深さ
当初は危険なことはないという情報でしたが、
別の情報では皮膚に被害が出るとありましたね。

ABC7 News
foam-santa-clara-4.jpg
foam-santa-clara-2.jpg
foam-santa-clara-1.jpg
foam-santa-clara abc
Accidental Firefighting Foam Release In Santa Clara Fills Neighborhood Streets
https://www.youtube.com/watch?v=h_gY3qAfdMc


関連記事

| ニュース | 22:15 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT