PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

ニュース

チリ地震で98日間“揺れ” 南極・昭和基地で観測
『チリで2月27日に発生した大地震によって引き起こされた地球内部の振動が、発生から98日目の6月4日まで南極・昭和基地で観測されていたことが23日、筑波大学研究基盤総合センターの池田博准教授らによる調査で分かった。・・・』


1万年前の寒冷期、隕石原因説は誤り?
『・・・「こうした粒子は天然の生物起源のものであり、大規模な野火とも隕石の衝突とも無関係だ。マスコミや一般の人たちは派手な大惨事がらみの説明を好むが、その説が成り立たない証拠が出てきたら、その説は捨てるべきだ」とスコット氏は電子メールでの取材に答える。 ・・・』


古墳時代の重文の刀が破損 NHKニュース
『・・・破損していたのは、姫路市にある古墳時代中期の宮山古墳から発掘された、長さ69センチの鉄製の刀、「十字形環頭大刀」です。この刀は、首飾りなどおよそ2万点に及ぶほかの出土品とともに、平成10年、国の重要文化財に指定され、姫路市の埋蔵文化財センターで保管していましたが、去年12月、刀のつかの部分にある十字型をした飾りが割れて、つかから離れているのが見つかったということです。・・・』

また姫路、十字型、10年・・・
これは何のメッセージだろうか。


北のニシン、なぜか山陰沖に 突然大漁、原因調査へ 
『北海道周辺などが主な漁場になっているニシンが、ここ数年、山陰沖でしばしば取れるようになった。5月には鳥取県の漁港で1日500キロ近くが水揚げされた。南下の原因はなぞで、独立行政法人・水産総合研究センター(横浜市)が調査に乗り出した・・・水産総合研究センターなどが山陰沖ニシンのDNAを解析したところ、北海道沖で取れるニシンの近縁と分かった。ニシンは水深100~200メートルの冷水域に生息する。水産試験場によると、5月の山陰沖の水深200メートルの水温は低いところで約3度。「温暖化で海面の温度は上がっているが、海の底には冷たい流れがあるのでは」とみる。 』

以前の続報です。


アジサイを食う謎の虫?神奈川で被害「何の手だてもない」


ホトトギスガイでアサリ窒息死? 漁獲量4割減


「オオフサモ」駆除作戦 宇佐市向野川


フィンランドに女性首相 大統領とともに女性ツートップ

北朝鮮、菅首相を所信表明で初非難 名指しはせず

東京高検、笠間新検事長が就任 国民の期待に沿いたい
『・・・笠間氏は1974年任官。東京地検特捜部長などを歴任、最高検次長検事を経て2009年1月から広島高検検事長を務めた。特捜部長当時、中尾栄一元建設相の受託収賄事件や村上正邦元労相らの実刑が確定したKSD汚職事件などを手掛けた。』


米軍、「グリーン部隊」へ転換 20年に化石燃料半減へ
バイオ燃料と通常燃料を50%ずつ加えた混合燃料で初の飛行実験を行った「グリーンホーネット

そんなことするまえにやることがあるでしょ、と言いたい。
世界中の軍事を考えると燃料だけでもものすごい量でしょうね。
施設でも使うから。
ものすごいエネルギーの浪費。あ~、勿体無い。


アフガン駐留米軍のマクリスタル司令官 退任へ (CNN)
『25日発売予定の米ローリングストーン誌上のインタビューでオバマ政権のアフガニスタン政策を批判したアフガニスタン駐留米軍のマクリスタル司令官が退任する見通しであることが明らかになった。・・・』


大麻からできた医薬品、英国が承認 世界初 (CNN)
『自然の大麻の抽出物を成分とする医薬品「サティベックス」が英国で承認され、21日から販売が開始された。大麻草からできた医薬品が正式承認されるのは世界で初めて。・・・米国ではマリフアナを使った医薬品の「マリノル」が、がんやエイズ患者向けの処方薬として認められている。しかしマリノルの主成分は合成THCで、サティベックスに含まれる自然の大麻草の成分とは異なる。 GWファーマシューティカルズによると、サティベックは現在、米国でがん患者向けの治験の段階にあるといい、約2年後には米食品医薬品局(FDA)の承認が得られる可能性があるとしている。』


ローマで最古の12使徒聖画見つかる、レーザーで復元 (ロイター)


★忍者さんニュース。
この前震度5弱の地震があったときにこの「相馬野馬追」のことを書きました。
相馬野馬追まで1カ月 朝日浴び海岸駆ける
『相馬地方に真夏の訪れを告げる伝統の「相馬野馬追」まで、あと1カ月。南相馬市鹿島区の烏崎海岸では、同市や相馬市から出場する騎馬武者が、朝日を浴びながら乗馬訓練に汗を流し、本番に備えている。連日午前4時ごろには、10~20頭の馬がトラックで砂浜に移動。野馬追本番の暑さに耐え、武勲を上げようと練習に励んでいる。朝もやに包まれた22日も約15頭が結集、浜を何度も往復しながら、足腰を鍛えた。馬の体が砂地になじむころには、霧の中から望む朝日を背に、人馬が一体となって浜辺を疾走した。』

普通にカッコいい。
そうか、相馬だから、馬と共に大陸から渡ってきた人たちなんでしょうね。
関連記事

| 未分類 | 19:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cocorofeel.blog119.fc2.com/tb.php/16640-8a686298

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT