PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

ニュース

今日は不必要なコメント削除に追われ更新が遅くなってしまいました。
ちょうどいいことにニュースも少ないですね。


日印原子力協定締結交渉へ 政府、産業界要請で方針転換
『菅内閣は25日、インドへ原子力発電の技術や機材を輸出するために必要な「日印原子力協定」の締結交渉入りを決めた。核不拡散条約(NPT)非加盟で核保有したインドとの原子力協力にはNPT体制を弱めるとの懸念があり、日本政府は慎重姿勢だったが、インドに原発を輸出したい産業界などの要請を受け、方針を転換した。・・・ 日本政府は被爆国としてNPTに基づく核軍縮・不拡散を主張してきたため、慎重姿勢を貫いてきた。これに対して、原発建設ラッシュが続くインドでのビジネスチャンスに対する産業界からの期待が強く、米仏企業などにとっても原発技術に優れた日本の協力が不可欠なことから、協定締結を求める声が国内外で日増しに高まっていた。・・・ 』

鳩山さんがいなくなって色々とやりやすくなったのでしょうか。


島根原発で活断層再調査へ 中国電力、国の指摘受け (47ニュース)
『中国電力は25日、島根原発(松江市)周辺の海底活断層を再調査すると明らかにした。国の原子力安全委員会の指摘を受けた措置で、7月下旬から8月中旬まで。・・・』

こういう調査は何度もやるべき。大地は動いているんだから。


研究用原子炉が自動停止、東海村 周辺機器に不具合か (47ニュース)
『日本原子力研究開発機構は24日、茨城県東海村の東海研究開発センターの研究用原子炉「JRR―4」で放射線量の増加の信号を感知し、原子炉が自動停止したと発表した。同機構によると、外部への放射能の影響はないという。ほかの検出器では放射線量の異常は確認されず、周辺機器などに不具合があった可能性が高いとみて詳しい原因を調べる。JRR―4は同日午前10時23分に起動し、同11時18分ごろ、最大出力に達する前に自動停止した。JRR―4は1965年に運転を開始、05年7月には落雷が原因で自動停止した。』

放射線増加って何が原因なんでしょう?
「J-PARC」、「KEK」の実験?


米原油流出「三井も補償基金に拠出を」 州財務長官 (朝日)
『・・・流出が起きている油井はルイジアナ州沖のメキシコ湾にある。声明によると、BPが油井の65%の権益を持っており、法的には操業者の扱いだが、米アナダルコ・ペトロリアム社と三井物産系企業もそれぞれ25%、10%の権益を持っている。 ・・・』

日本の商社は何処にでもいるんですね。
記事に何度か書いた三井ですね。


120円缶コーヒー万引き、罰金20万円命令 (読売)

これは怖い傾向ですね。。。


日本に来た外国人客数、5月は前年比5割増 政府観光局 (朝日)
『・・・国・地域別では、中国が同86.4%増の11万2800人、韓国が同71.0%増の20万1600人、香港が同62.5%増の11万4200人と大幅に伸び、中国と香港は、5月としては過去最高を記録した。この3カ国・地域を含む主要15カ国・地域のすべてで前年を上回った。・・・』

なんで5月?


向精神薬:過量投与に注意促す…厚労省が初通知 (毎日)
『医療機関で処方された向精神薬を飲んで自殺を図る人が増えている問題で、厚生労働省は、処方する際に長期、多量となるのを避けるなど細心の注意を払うよう自治体や日本医師会などの関係団体に通知した。厚労省によると、国が自殺予防の観点から医療機関に向精神薬の過量投与に注意を促すのは初めて・・・』


中国南部で断続的に豪雨続く 死者・不明300人超


コロラド州で火球

シー・シェパード代表を国際手配


かまれると心停止も ヒョウモンダコを壱岐で県内初確認
『・・・ヒョウモンダコは体長10センチ程度で熱帯・亜熱帯地域の岩礁、サンゴ礁に生息する。唾液(だえき)にフグ毒と同じ神経毒テトロドトキシンなどを含む。・・・』


巨大イカは少食でロハス

体重500kgのダイオウホウズキイカは、
5kgの魚一匹で200日間の生命活動をまかなえるんですって!


ツタンカーメン死因に新説 血液疾患とドイツ研究者ら (共同)
関連記事

| 未分類 | 21:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cocorofeel.blog119.fc2.com/tb.php/16648-dbb35847

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT