PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

夢日記:海と赤




昨日の朝の夢。

建物から一歩足を踏み出すとそこは海。
こういうのを本当のプライベートビーチっていうのね。

明るい色の海で波がないときは赤ちゃんでも立てるほどの浅さ。
いつものように私以外は見知らぬ人ばかり。
(だけど夢の世界では知っている人。)

高波が来て赤ちゃんがさらわれないようにみていたら
いきなり波がやってきた。
だけど赤ちゃんたちは無事。

それを見届けてからしばらくして海に浮かんだ。
浮かぶといっても子供が立てるほどの浅さ。

目を閉じて仰向けに浮かんだ。

空は明るい。
(実際にも朝だから)

何もしなくても悠々と浮かんでいられる。
塩水の濃さが違うのだろうか。
しばらくして目をあけようとしたけれどなかなか開かない。

(実際に目をあけようとしているからだと気付く。
子どもの時もこうだったなって思い出す。
半分起きているからこういうことができるんです。)

あまりにも気持ちが良くて
いつまでもこうしていたかったけれど
そろそろ起きなければと思って夢から出てきた。
夢と同じように無理して目をあけようとするから開けにくい。

海に浄化されたようで
久しぶりに気持ちの良い夢。


IMG_1535.jpg

今日の夢。

場所はたぶんフランス。
標高の高い場所を電車のような乗り物で移動している。
いつものように私以外は見知らぬ人ばかり。
遠くにみえる渓谷のような山の急斜面のような(表現しにくい)淵に
レッドスプライトのような赤いものがみえる。
美しい。
赤い煙のようなものもみえる。
その美しさに他の人たちも気づき、
勝手に電車を止めてドアを開け、外に出る。

その後、別の夢をみた。

私は男性で暴力的な集団から逃げている。
まるで映画のシーンみたいに上手く逃げる。

ただの追いかけごっこなのでこれ以上書くのは止めます。

夢から出てきた。

起きて鏡を見たら左目の端が少し赤く充血していた。(笑
夢の赤い色と目の充血はつながっている。
目を閉じて血をみていたことになるから。

このことがなかったらフランスあたりで
何か起きますよと書くところだけど
今回は充血でしょう。

海に浄化された翌日になんで充血するのかわからないけれど
思い当るのは後半の夢。

私は霊的なものを対峙するときに赤い目をするらしい。
夢で出会ってその後、実際に対面した人にそう言われた。
その男性は夢で私に助けられたと。
そのとき私はは赤い目をしていたと。
そう言われた。



関連記事

| 夢・夢日記 | 17:20 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

不可侵

こんばんは。

ああ、いいな。
と感じ入り、
コメントすることで手垢をつけたくないな
「誠実な方ほどその思いは強いだろうな」と思いつつも、
あえて
そのことを記しておきます。

| うー | 2016/12/04 21:08 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016/12/05 08:51 | |

Re: タイトルなし

絵里さん、ありがとうございます。

| まゆみ | 2016/12/06 11:21 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT