PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

沖縄戦で激戦地となった摩文仁で、日本兵が日本兵を銃殺


学校の傍を通りかかったら花が満開で
勝手に校内に入らせてもらって何枚か写真を撮った。
トックリキワタだったかな、花の名前。

学校の中にこんな素敵な花の並木があるなんて、
子供たちは幸せですね。

冬になりそうかと思ったらまた暖かい。
今日はかなり暖かい。
嬉しい日々がつづく。

/////////

住民虐殺、強姦・強奪許せず 日本兵が日本兵を銃殺
IMG_5410.jpg
日本兵が日本兵を銃殺 当事者の元隊員95歳男性が記録に 「住民虐殺、強姦・強奪許せず」 (琉球新報)
http://j.mp/2hFtp05

1945年の沖縄戦で激戦地となった摩文仁で、日本兵が沖縄住民を殺害したり強姦(ごうかん)したり食料強奪をしたりする事態を我慢できず、別の日本兵がその日本兵を殺害する出来事があった。当時、沖縄で戦闘に参加した元日本兵・飯田直次郎さん(95)=神奈川県在住=は自ら日本兵を銃殺したことを証言した。飯田さんは知人の協力を得て、中国で戦争に参加した体験や沖縄戦の詳しい足跡を原稿用紙129ページにまとめた。

45年6月、球部隊に所属していた飯田さんは摩文仁の壕に潜んでいた。一緒に逃げて仲良くなった日本海軍兵や周辺住民から「自分が隠れている壕で住民にひどいことをしている軍曹がいる」と聞いた。その内容は、住民や子どもを殺害したり女性を強姦したり食料を強奪したりするほか、その一帯で水が飲めた唯一の井戸を独り占めにしているというものだった。

ある日、飯田さんも「佐々木」という名の軍曹による「悪行を目撃」した。「見るに堪えない。もう限界だ。同じ日本の兵隊として許せねえ」と殺意が湧いた。海軍兵に「このまま見て見ぬふりできねえ。島民が殺されているんだぜ。やつさえいなければ皆なんとかしのげる。水も飲める」と殺意を明かした。

飯田さんは米軍との戦闘前、那覇市の住民宅で寝泊まりし、沖縄の人々から温かくしてもらったことへの「恩義」もあって「住民を殺す日本兵が許せなかった」と言う。ある晩、井戸で住民に嫌がらせをしている佐々木を見つけた。人影がなくなったのを見計らい、軍服を引き裂いた布で拳銃を隠し持って近づき、水を飲んでいる佐々木の後頭部に銃を近づけ引き金を引いたという。

飯田さんは「全ては島民のためと思ってやったが、私自らの手で日本人をあやめてしまった。70年余たっても忘れられない」と話し、今でもつらい思いが残っていることを吐露した。

本島南部の激戦時、食料が尽きて飢えた日本兵が夜、米軍の陣地に忍び込んで食料を盗み、その帰りを待ち伏せた日本兵がそれを奪い、殺し合う事態も「よくあった」という。「戦場では人間が人間ではなくなってしまう」と振り返る。

飯田さんは「軍隊は住民を守るどころか、軍隊がいることで戦場になってしまう。(辺野古に)飛行場を造ることはいいことではない。沖縄の人々にとって戦後は終わっていない。戦争は絶対に駄目だ。勝っても負けてもよくない。自分の命を落としてでも俺は絶対に反対する」と語った。



戦時下「非道にまひ」 泳ぐ捕虜「かもうち」、住民生き埋め  中国でも虐殺目撃
IMG_5411.jpg
飯田さんは沖縄に派遣される前は中国の戦闘に徴兵され、
上官の命令で中国人捕虜の処刑をさせられた経験もある。
最初はできなかったけれど上官に殴られ続けるうちにできるようになったと。
日本兵による中国住民への残虐行為が繰り返される中、
人を殺すことへの抵抗感がなくなっていった体験を語られています。

琉球新報朝刊25面より一部書き写し
・・・日本軍は中国の解放区住民を「皆殺し」にする作戦を展開した。中国側からの攻撃で仲間が死ぬたびに「全員、たたき殺す。ありったけの弾を使って全滅させる」と各地を回ったという。その際、日本軍による「かもうち」という残虐行為もあった。中国人捕虜を池に泳がせ、陸から頭部を目がけて銃を撃つというものだ。「脳髄が飛び散り、眼球も飛び出し、池は血の海と化すんです」 日本兵は赤ん坊、老人、女性でも人を見たら掘った穴に放り込み、生きたまま土をかけ、ガソリンをまいたという。抵抗したら銃剣で刺した。村住民を皆殺しにして食料を奪い、駐屯して次の村に向かう日々。乳飲み子を母親から奪い、子どもは殺し、女性は強姦した。部下の兵士による残虐行為を問い詰める将校もいたが、古年兵が「敵が銃を向けたから」と答えると将校は「分かった」で終わったという。「残虐性や非道にまひしてしまうんです。私もその一人だったんです」 45年の沖縄戦で飯田さんは、球部隊の伍長として配置された。6月頃、日本兵は糸満の摩文仁に追い詰められる。当時、日本兵は住民と壕に隠れるばかりで、米兵らは日本兵を探して歩き回り、壕に火炎放射を発射したり、手榴弾投げ込んだりしていたという。・・・

以前も書きましたが、私はもっと酷い事例を知っています。
強姦した妊婦のお腹を日本刀で切り開いて
自慢げに立っている日本兵の写真もみたことがあります。
子どもが見ている前でその子の父親の皮膚を生きたままはがしたりと、
こういった残虐行為は本当に戦争だけが原因なんでしょうか。

//////////

27日にも辺野古沖に浮具再設置 政府、沖縄県の「取り消し」受け実施へ(琉球新報)
http://j.mp/2hFijrV

市民ら、早朝から抗議 翁長知事辺野古取り下げ報道で(琉球新報) 
http://j.mp/2hFMyz1

取り消し処分を取り消すなと翁長知事に要請 うるま市島ぐるみ会議(沖縄タイムス)
https://goo.gl/4dZ6df

翁長沖縄知事「原点に戻り、辺野古新基地は造らせない」(沖縄タイムス)
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/77463

////////

C0jbkr7UcAAXx2Yきれいな海いつ戻る 住民ため息
きれいな海いつ戻る 住民ため息…残骸回収 オスプレイ墜落の名護東海岸(琉球新報)
http://j.mp/2hFh5wT

「美しい海を取り戻せ」住民がオスプレイ残骸回収作業:
http://youtu.be/gTzpC62yyrA?a

潜って一つひとつ手で回収するのは大変な作業。

ゴミ一つでも米軍の所有物になるから
日本は一切手を付けられないんですが
なのに必要のないゴミは放置していくんですね。
沖縄を穢すだけの米軍と相棒の日本政府。

オスプレイ空中給油 虚偽説明の責任誰が 米軍に抗せぬ「属国」際立つ(琉球新報)
http://j.mp/2it5Z2c

IMG_5414.jpg
「何かの間違いでは」 オスプレイ給油訓練 防衛省、再開把握せず(琉球新報)
http://j.mp/2hFR4O9

防衛省関係者さん、あなたたちの存在そのものが何かの間違いでは?

墜落事故時の飛行モード巡り抗議 沖縄防衛局に県民会議(琉球新報)
http://j.mp/2hFVgNK

「米軍機事故、再発防止を」 渉外知事会が国に緊急要請(琉球新報)
http://j.mp/2iuv9xh

オスプレイ 民家上空で物資つり下げ飛行
https://www.youtube.com/watch?v=seC_KwrdXFI

////////

中山石垣市長、自衛隊配備受け入れ表明(琉球新報)
http://j.mp/2hFH7jK

日本会議の石垣市長。

////////

C0guFZOUoAARIa-首里城で奉納祭「美御水」
首里城で奉納祭「美御水」 新年へ平和と健康祈念(琉球新報)
http://j.mp/2hE3Ex0

340年余の歴史、キリスト教の影響も 沖縄・糸満で伝統の誕生祝い「チリタンチョウ」(琉球新報)
http://j.mp/2hDL604

////////

おめでとうございます!

C0gWFAlVQAAPb-0東江、ジュリアンが優勝
東江、ジュリアンが優勝 全国社会人ボクシング 県勢2階級制す(琉球新報)
http://j.mp/2hDWY2c

安謝小(那覇市)が全国V 金管バンド選手権(琉球新報)
http://j.mp/2hFmfsH

////////

C0kFXhWUUAAPeo3ザトウクジラ悠々
ザトウクジラ悠々 座間味で今季初(琉球新報)
http://j.mp/2hFxoK2


関連記事

| 沖縄 | 22:48 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

戎夷がHun族なら

>子どもが見ている前でその子の父親の皮膚を生きたままはがしたりと、
>こういった残虐行為は本当に戦争だけが原因なんでしょうか。

やっぱり軍隊なんで命令じゃないでしょうか?
それに偽天皇家の戎夷がHun族だとするなら、残虐行為の実績は豊富ですからね。
武田騎馬軍団を率いていたことから、私はHun族だと思っている武田信玄は相当に残虐な男ですからね、血統はあると思います。

| 奇兵隊 | 2016/12/26 23:48 | URL | ≫ EDIT

Re: 戎夷がHun族なら

命令されたらすべての人がそれを実行するのでしょうか。中には聞かない人もいたと思います。たとえば、上官に殴られるのが嫌で住民を次々と殺してしまうこと私には考えられません。命令を聞くとは一体どういことだろうか。あれから考えましたが、まだ答えは出ません。すべての兵士がノーといえばそれで済むと思うんですが、そんな簡単なことではないんでしょうね。

| まゆみ | 2016/12/27 23:08 | URL |

軍命での虐殺 背けば銃殺だろう

>すべての兵士がノーといえばそれで済むと思うんですが、そんな簡単なことではないんでしょうね。

拒否し続ければ銃殺されるか、戦死の名目で殺されるかでしょう。
私は東北の戎夷が南方に送られて無駄に消費されたのは、東北の戎夷の支配層を口減らしで救済したと考えていますから、同族ですら平然と大量に抹殺する連中ですので、倭人なら平気で殺すでしょう。
裕仁が中国大陸に侵攻した理由は植民地支配と略奪の他に、1000年に及ぶ差別に対する復讐ですので、天皇裕仁の命での虐殺に間違いないです。

| 奇兵隊 | 2016/12/27 23:44 | URL | ≫ EDIT

Re: 軍命での虐殺 背けば銃殺だろう

すべての兵士がノーと言い射殺されたら、兵士が一人もいなくなって軍隊が機能しなくなったらどうなるんだろうと考えます。

| まゆみ | 2016/12/28 12:31 | URL |

残念ながら虐殺が好きな輩も居る

>すべての兵士がノーと言い射殺されたら、兵士が一人もいなくなって軍隊が機能しなくなったらどうなるんだろうと考えます。

大方の日本兵は命令に背けば処刑されるからやっていて、そのうちに麻痺するのでしょうが、戎夷等の中央アジアの騎馬民族の末裔の中には虐殺が好きな輩も多く居たと思います。
それに多分偽旗作戦の『通州事件』の様な事件を起こして、中国人は野蛮で成敗しなければならない等と洗脳しているでしょう。


 おぞましさの扉・・・・・  主を恐れる事の祝福と信仰の歩み
http://www.k2.dion.ne.jp/~yohane/0000ozomasii1.htm

(参考)  世界史における犯罪性
3. モンゴル帝国の卑劣な戦法
http://www.k2.dion.ne.jp/~yohane/0000ozomasii4.htm

(3) 中央アジアへの侵略


 トルコ(セルジュク・トルコではなく、現在のウズベク共和国のトゥルケスタン)の皇帝マホメットはガンジス川からチグリス川までの広大な地域を支配したばかりだった。チンギスはこの時点では戦いを望んでいなかった。マホメットの方から使者を寄こして平和な関係を求めてきたので、チンギスも3人の使者を遣わして高慢な口上書き、”互いの領民の交易の振興において両国は利害を等しくするものなり。以後、朕は貴台のことを息子のごとく見るであろう”を送った。それでもマホメットは友好的な返書を再度送った。
 そこでチンギスは、トルコの物産を購入するための財宝と金銭を山と積んだキャラバン隊の一団を送った。しかし、国境の町オトラールに着くと、同地の総督はキャラバン隊を取り押さえ使者100人を一人残らず殺した。チンギス・ハンは激怒したが、再度マホメットに使者を送り、オトラールの総督の引渡しを求めた。ここで、マホメットは、この使者を切って捨てるという、ヨーロッパに”黄禍”をもたらす大誤算をした。

 ・ 復讐に燃えるチンギス・ハンは全軍を挙げてトゥルケスタンになだれ込んだ。軍勢の数ではトルコの方がはるかに勝っていたが、広大な国境線に分散していた。チンギス・ハンは全軍をもって北方の山脈を踏破してオトラールに来た。モンゴル軍が城内に乱入すると総督は最強の手勢と共に砦にたてこもった。兵糧攻めが1ヶ月続いた後、砦には矢が尽きた。総督は必死の抵抗の姿で捕らえられ、溶融した熱い金属が総督の耳と目に注がれ処刑された。

 チンギス・ハンをあえて侮辱王のしたこれらの町々を攻撃し、直接何の関係もない領民を虐殺した。
 自主的に城門を明け渡した町は容赦され、住民を城壁の外に出し、モンゴルの兵士は数日間好き放題に略奪した。3日間抵抗してから降伏したタシケントの西のベナケットでは、兵士は全員処刑され、職人(中世では馬10頭分の価値があった)は連れ去られた。若い男はモンゴル側に連行され、次の戦闘で盾として先頭に押し出され、敵の攻撃のショックを吸収する部隊として用いられた。

 ・ ブハラの町は抵抗した。そこの傭兵は夜になると逃亡したがモンゴル軍はこれを捕らえ全員処刑した。それから町に入り略奪し、女は夫の見ている前で強姦され、最後に町に火がつけられ焼け落ちた。
 ・ サマルカンドの町は1220年に包囲されたが、約5万の軍隊が駐留し城壁は難攻不落に見えた。チンギス・ハンは捕虜を先頭に押し寄せてから、負けたと見せて退却をよそおった。追撃に出てきた守備軍をモンゴルの大軍が包囲し、5万の軍はなぶり殺しにされた。町の傭兵部隊の半分がモンゴル軍に寝返り、砦にたてこもった軍は飢えて出てきた所を殺され、次に、寝返った部隊も処刑された。チンギス・ハンは裏切りを嫌悪した。
 トルコのスルタンは恐怖だけが先に走りまともなことは何もできず、とにかく逃げて、最終的にはカスピ海のある島で疲労によって衰弱死した。
 ・ モンゴル軍はサマルカンド近くのオアシスで一夏を過ごすと、オクサス川沿いの町を攻撃し、住民を一人残らず虐殺した。兵士はすべての死者の腹を断ち割って飲みこんだ真珠などを取り出した。
 ・ バルフの町は初めから降伏し、将軍ジュベに事前に恭順の意を伝えていたにもかかわらず、周りの町々への見せしめのため、全住民を城壁の外に集合させ、それから全員が虐殺された。
 ・ アフガニスタンのカリスミア帝国への攻撃中に、バミヤン渓谷でチンギスの孫が命を落とした。そこでチンギスは、その地の生き物を胎児から動物に至るまですべて殺すよう命じた。

(チンギスの別の一面として、1222年帰国の際、イスラムの学者を伴い法律学者の都市論と行政論の講義に耳を傾けたという。また、中国の高僧と老子について長い会話を行なっている。)

 ・ 四男のトルィがイラン東部のコーラサンのニサに侵略した際、住民全部を数珠つなぎにして城壁の外に出し、モンゴルの兵士が取り囲み矢を射かけて惨殺した。メルプの町では全員の首を切らせて、それぞれ男、女、子供の生首の山とした。

 ・ 将軍ジュベは、コーカサスとロシアの地へ派遣され、カリスミア帝国の地ではないにもかかわらず、同じように侵略し住民を惨殺した。カスピ海の北の草原地帯では、山岳部族の三つの部族の連合体から攻撃を受けたが、ジュベはこのうちの一つであるキプチャク族に 大量の略奪品を与え 同じ遊牧民族のきずなの言葉で巧みに買収して、他の2つの部族を滅ぼした。その後でジュベはキプチャク族に襲いかかって惨殺し 与えたものをすべて奪い返した。
 ドニエプル川流域の現在のアレクサンドロフ近くで、約8000のロシア軍を撃破した。ロシアの皇子の一人は砦に逃げ込み、ジュベは彼が故郷へ帰るための安全な条件を提示して 皇子一行が砦から出た所で虐殺した。 このように、チンギス・ハンのきびしい規律で 裏切り行為を許さなかった。

| 奇兵隊 | 2016/12/28 17:49 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT