PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

宿題『見るものが、知るものと』


わたしと読者への宿題です。

IMG_4485.jpg


去年12月14日の梶川さんのメッセージです。

犬のしっぽブログ  Yasushi Kajikawa
http://www.two-pictures.net/tail/

那覇 NAGA

海が連続している限り、
沖縄(=那覇 NAGA)なくして、武器とその中継基地、そして遠隔手段は形成されない。
権力と知の相互作用から、人々は従属させられる。
知るものは、見られるものとして。

しかし、しばしば人間が見るものは、
それまで人間に知られるものではないのである。

やがて、世界を構成するものは、入れ替わる。
見るものが、知るものと。



「知る」についての梶川さんの2012年のメッセージ。

ビッグデータ

ほとんどの知識は雲(=クラウド)にある時代になった。
異なる履歴から興味のある情報を即座に取り出すことができる。

外部のクラウドは
ビッグデータでより満たされていくが
満たされることは「知る」ことではない。

「知る」とは
興味のあることを
内部に取り入れるのではなく
生まれつき(ingenious)の才能によって
新しい何かを生じさせる行為である。


以前も書いたように
「科学」という語の本来の意味は「知る」ということだとボームは言ってます。

そして「科学、数学、芸術は本来同じもので元々は分割されていなかった。

松本丈二先生も、科学とアートは同じものだと言ってます。
そしてホメオパシーに関しては
患者と薬のそれぞれの全体像を適合させることこそ、ホメオパシーの目標だといえる。
と言っています。

2012.06.01 「知る」
http://cocorofeel.blog119.fc2.com/blog-entry-8887.html


関連記事

| 日記 | 13:03 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT