PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

沖縄ヘイト番組への論説副主幹出演で東京新聞が「深く反省」と謝罪


海面水温も熱かった 1月沖縄周辺(琉球新報)
http://j.mp/2k01rQq

C3oczKpVMAAfXou海上フェンスを補修
海上フェンスを補修 辺野古新基地建設 ゲート前で100人座り込み(琉球新報)
http://j.mp/2k1m7HB

/////////

翁長知事、米議員に環境保全など訴え(沖縄タイムス)
https://goo.gl/YbGJue

知事、権限行使を強調 辺野古阻止へ米要請開始(琉球新報)
http://j.mp/2kXnAwc
米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設に関して、政府が3月末に期限を迎える岩礁破砕許可の更新を県に申請せず、そのまま工事を続けることを検討している件で、沖縄県は許可なく工事をするのは違法だとして、国を相手取った提訴を検討していることが分かった。県関係者が明らかにした。申請回避で知事権限の無効化を狙う政府に対抗する目的。県は岩礁破砕許可手続きを定めた漁業調整規則は違反事例に対する刑事罰も定めていることから、政府側の責任者を刑事告発することや、事業者の沖縄防衛局を行政指導するなどの選択肢も併せて検討している。・・・』

/////////

岩礁破砕巡り提訴も 県、国が申請拒否の場合(琉球新報)
http://j.mp/2kX1EkL
米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設に関して、政府が3月末に期限を迎える岩礁破砕許可の更新を県に申請せず、そのまま工事を続けることを検討している件で、沖縄県は許可なく工事をするのは違法だとして、国を相手取った提訴を検討していることが分かった。・・・』

再申請しない意向 辺野古新基地建設で政府(琉球新報)
http://j.mp/2k161xM
政府は2日までに、米軍普天間飛行場の辺野古移設計画に向けた岩礁破砕許可の再申請について、県から許可を得られない見通しになった場合、再申請しない意向を固めた。菅義偉官房長官は2日午前の記者会見で、岩礁破砕許可の再申請の必要性を問われ「防衛省において工事の手法については検討している」と述べ、再申請をしない可能性を示唆した。・・・』

名護漁協が全漁業権を放棄 辺野古新基地の制限区域内(沖縄タイムス)
https://goo.gl/H1hDJE

////////

アップが遅れましたが、1月27日のツイートです。

鈴木 耕

本日(27日)の東京新聞「本音のコラム」で佐藤優氏が東京MXテレビ「ニュース女子」の司会を東京新聞論説副主幹の長谷川幸洋氏が務めていることに対し「本紙(東京新聞)は社論を明らかにすべきだ」と迫っていた。そのまま掲載した編集部もさすがだが東京新聞社内で長谷川批判が強いことを示す。


東京新聞からようやくコメントが出ました。

「責任と反省深く感じる」 東京新聞、沖縄ヘイト番組への論説副主幹出演で見解(琉球新報)
http://j.mp/2kXX7Pg
東京新聞は2日付朝刊の1面で、米軍北部訓練場のヘリパッド建設に反対する市民をテロリストに例えるなどの内容を放送した東京ローカルテレビ局・東京MXの番組「ニュース女子」に同紙の長谷川幸洋論説副主幹が番組の司会を務めていたことについて「他メディアで起きたことであっても責任と反省を深く感じている。とりわけ副主幹が出演していたことについては重く受け止め、対処する」などとする論説主幹・深田実氏の見解を掲載した。読者へのおわびの姿勢も示した。「ニュース女子」の内容について「本紙のこれまでの報道姿勢および社説の主張と異なる」とし「事実に基づかない論評が含まれており到底同意できるものではない」と指摘した。その上で「残念なのは、そのこと(番組内容)が偏見を助長して沖縄の人々の心情、立場をより深く傷つけ、また基地問題が歪(ゆが)められて伝えられ皆で真摯(しんし)に議論する機会が失われかねない」との見解も示した。2日付朝刊の「読者部だより」では、東京新聞読者部に厳しい批判や見解を問う電話、FAX、メールや手紙などが250件超寄せられていることも明らかにした。読者部だよりで榎本哲也読者部長は「沖縄で今、何が起きているのか。本当のことをお伝えする努力をこれからも続けていく」とする見解を出した。東京新聞は同日付から「『沖縄ヘイト』言説を問う」と題する問題の本質を問う識者のインタビュー連載も開始した。

東京新聞「深く反省」と謝罪 「ニュース女子」司会に論説副主幹(沖縄タイムス)
https://goo.gl/R9ZwGk

Osamu Tomori

今日の東京新聞の記事について、論説副主幹の責任をどうするかというほうに注目がまぎれているが、実は「読者部だより」掲載の次の情報がとても大きい「編集局では現在、沖縄の米軍基地問題を取材するために、社会部や政治部の記者を沖縄に派遣し…近く、紙面でご報告いたします。」

もとはと言えば、のりこえネットが費用を援助して市民記者を募ったのも、日本のマスメディアがきちんとした取材報道をしてくれない状態を見てのこと。そして、十分に報道されていない事態が、ヘイトのエア取材にも付け込まれた。それを正す最大の方策は取材と報道。でないと謝罪だけでは意味がない。



////////

こちらも1月27日のツイート。

松本創

日曜深夜に放送のMBSドキュメンタリー。「基地反対運動は県外活動家の動員」との風説、大阪府警機動隊員の「土人」発言、それに、あのデマ番組にも触れるようです。「デマは大げさなほど拡散する」と。『沖縄 さまよう木霊~基地反対運動の素顔』http://www.mbs.jp/eizou/


しまだまなぶ

"「土人発言」後、基地反対の住民が救急車を襲撃したという動画が拡散した。動画の大破した救急車は沖縄県内ではなく、広島県内の救急車だった。「デマ」はソーシャルメディアで拡散し、ある人たちにとっては「ニュース」になる構図がある。
http://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/1770832.html"



//////////

Anti-US base activists push for Okinawa protester's release
https://www.rt.com/news/374459-japan-protests-okinawa-us-military/

ロシア・トゥデーも山城議長の不当勾留を報道しています。
山城氏と彼の支持者は、政治的な理由で拘束されていると主張、
日本政府は彼を沈黙させようとしていると主張している。

「県経済に大きな影響」 OCVBが空自に事故再発防止を要請(琉球新報)
http://j.mp/2kYj9l1

自衛隊はほんと迷惑。

沖縄県、防災ヘリ検討 17年度に調査費 未導入は沖縄、佐賀のみ(琉球新報)
http://j.mp/2k0yFyV

C3n1raQUkAAxhKs「生活者の思い伝えたい」
「生活者の思い伝えたい」 三上監督映画『標的の島 風かたか』完成(琉球新報)
http://j.mp/2k0Hysj
『・・・米軍基地建設が強行された高江、辺野古だけでなく、自衛隊配備の是非で揺れる宮古島や石垣島の住民の姿にも焦点を当てた。アンガマーやパーントゥなど先島の民俗文化を受け継ぐ生活者の深い思いを基に、基地の問題を捉え返している。タイトルにある「風かたか」は、沖縄の言葉で「風よけ」「防波堤」を意味する。・・・』

伊禮君(南風原小1年)に全国優良賞 読書感想文コンクール(琉球新報)
http://j.mp/2kY4lm8

おめでとう!

C3mvRXWUoAENftd.jpg
子ども食堂 ライブ支援 ロックバンドのアフタービーツ 料金は「余ったお歳暮」(琉球新報)
http://j.mp/2jZ1b3Q


関連記事

| 沖縄 | 20:56 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT