PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

琉球新報「北の地とつなぐ」その1 (分断策、沖縄と同じ)

自治決定権の架け橋 遺骨問題

2月17日からはじまった琉球新報の「北の地とつなぐ」その1

「分断策、沖縄と同じ」 自治決定権の架け橋 遺骨問題 闘い続け返還実現
IMG_5452.jpg

写真は北海道浦河町で遺骨を再埋葬する「カムイノミ」に参列した人々(2016年)
IMG_5454.jpg
琉球新報1面より一部書き写しました。
『・・・アイヌ民族が暮らしたアイヌモシリ(アイヌの静かな大地)は1869年、明治政府によって北海道と改称し、内国化された。政府はアイヌに和人化を強制する同化策をとった。1930年代から70年にかけて、北海道帝国大学(現在の北海道大)の教授らは道内外50カ所以上のアイヌ墓地を掘り返し、人骨や副葬品を収集。骨の形状から民族的な差異を考察する論文などを発表したが、その後も遺骨のほとんどを返さなかった。・・・清水祐二さんは「遺骨は全てコタン(地域)に返すべきだ。集約すれば再び研究に利用される。アイヌは賛否に分断されている。政府は今も明治期同様にアイヌを植民地政策、分断策の渦中に陥れている。新基地建設に揺れる沖縄と同じ構図だ」と指摘する。・・・』


夢日記の再掲です。

アイヌの人たちの大変さ
http://cocorofeel.exblog.jp/9006551/

1995年1月11日(水)

100年くらい前を
通り過ぎようとしていると

アイヌの人達が縛られて立っている
想像していたよりは はるかに
ひどい弾圧、差別
その人達を解放すると
政府側の人間が大勢仕返しに
やって来るので
祝詞で追い払う


こんな夢でした。

私は夢の中ではかなりのチャレンジャーです。
夢といっても、私には現実よりリアリティの世界。
そして祝詞もよく使います。
祝詞は時によって武器になります。
ある意味「透明な武器」といえるかも知れない。





関連記事

| 沖縄 | 23:26 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT