PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

籠池と鴻池。「かごめかごめ」で大鳥が出てくるか。


森友学園「報告書は捏造」 鴻池氏会見には「嫌悪感」
http://www.asahi.com/articles/ASK33621YK33PTIL02L.html

どっちもどっちの役者が揃って。

鴻池元防災担当相って日本会議の幹部(変換で二度も患部)なんですね。

籠池と鴻池。
一字違いで見た目も似ている。

籠はカゴ。
鴻は鳥。

かごととりといえば「かごめかごめ」ね。

かごめかごめ 籠の中の鳥は いついつ出やる 夜明けの晩に 鶴と亀が滑った 後ろの正面だあれ?

籠の中の鳥が出てきて、
しっちゃかめっちゃか状態というところでしょうか。

ついこの前、籠目の形、六芒星を考えていたところだったんですよ。
六芒星も面白いけれど、籠目というよりも囲むとか屈むとかって感じかな。
三つ巴もありかな。

1024px-Basket_to_carry_on_its_back,Shoi-kago,Katori-city,Japan

籠といえば山の民。
山の民といえば、サンカ。
サンカといえば、虐げられたエミシ。

////////

鴻とは水鳥の一つ。大形の水鳥。おおとり。

鴻 コウ

 [音]コウ(漢) [訓]ひしくい おおとり
1 鳥の名。オオハクチョウ。「鴻鵠(こうこく)・鴻毛」
2 鳥の名。ヒシクイ。ガンの一種。「鴻雁(こうがん)」
3 大きい。「鴻恩・鴻基・鴻業・鴻儒」


大鳥が出てくると面白い。




関連記事

| 日記 | 22:49 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT