PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

2017/03/07 (火) 今朝の夢(わたしはヒーラーだから)



ベッドが二つ並んでいる。
手前が頭部。

向かって右側のベッドにタレントの杉本彩さん。

左側のベッドの右端(青色)がわたし。
真ん中の緑色は鍼灸師の友だち。
左端の茶色は翁長知事。

杉本さんが体を左下にして横たわる。

私は右下を下にして横たわり、
杉本さんと向かい合うような位置になった。

わたしと目があった瞬間、杉本さんは号泣する。
彼女のくしゃくしゃになった顔が大きくズームアップされる。

もう一人の私が私の目をみると…
わたしはぱっちりと目を大きく見開いている。
わたしはとても大きな目をしていた。

「わたしはヒーラーだから」と二回、背後の二人に言う。
「翁長さんもヒーラーとしての力がありますよ」というと
翁長さんは微笑みながら驚いていた。

杉本さんはうつぶせ寝が好きみたいでした。

こんな夢でした。

テレビもみないし、杉本さんの写真をネットでみかけたわけでもないのに
なぜ彼女が夢に出てきたのかを考えると
実際に夢で治療をしたのかも知れません。

翁長さんと私の間に鍼灸師の友だちが横たわっていたことで考えると
この夢の内容は霊的であり、沖縄との縁に関するメッセージだと受け取りました。
翁長さんとも縁があるのかも知れません。

控えめにいっても私はヒーラーとしての力はあると思っています。
そのこころの声(無意識の声)がはっきりと主張したのでしょう。

15年以上入退院を繰り返していた分裂症の男性も完治させたし
こころを病んで沖縄に戻ってきた女性の家族から依頼された
女性も完治させました。
二人とも問題なく社会生活を送っています。
見違えるような変化です。

書き出したらきりがありませんが
人助けが好きな私には向いていると思う。

ヒーラーの仕事を勧められることはあっても
調子悪い人の気を受けてしまうことと、
お金をとっていいものかを考えると
仕事として踏み出せないものがあり、
こうやって今に至っています。

だけど今朝の夢があまりにも鮮明だったので、
私への強いメッセージと考え、やってみようかと思います。

一日一組ならできるかなと
来年をめどにやろうとほぼ決心をしました。

今年は動けない年だし
準備期間を含めて来年がいいかなと。

<追伸>
夢の私はいつも強くて迫力ある。(笑



関連記事

| 夢・夢日記 | 13:39 | comments:9 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

ワイルドワンダフル

杉本彩さんの名が出ましたので、白状いたします。えと、1992年に幸福の科学に入会したのち。あれこれ疑問や悩みを抱きながらの正会員から維持会員ジャナイ、誌友会員(だったかな?)にランク下げする前に。

ダイナマイト思考という書籍発刊記念(?)として、講演会の衛星中継が大阪府・高槻市であったんですが。チケットを買ってしまったのに、行かなかったんですよ?

チケットの押し込み経緯にもムカついて。つまり、電話で「どうですか?」と誘ってきた地域担当者が自宅に持ってこずに格下の若者を寄こした。あまつさえ、当日に会場に向かおうとした時刻に。

杉本彩さんの東大寺ライブを観てしまったんですよ! 元々、彼女は好きでしたから。ちゅーか、そそられていたので。大変でしたでしょう、あまたの男たちからの粘着エネルギーを受けるわけですよ?

それを言えば、自殺された飯島愛さんも同様に。

目には見えなくっても、エネルギーは来るんですよ。そんな不確かなことは私の口から言うべきではないが。なにしろ、ろくでなしの自己破産経験者・生活保護受給者なので。

といいながらも、文章に記述している。いったい、コイツは何者なんだ? と辟易する皆様へ。端的に申せば、指の運動です。これまでは右手や左手の旦那様じゃない、自分の手で慰めてきました。

そうです、まゆみさんが昨日にお書きになられた「311のあとに変態が増えた」というのに反応したのですよ。グスン と申しましょうか。

あ、最後になりましたが。その会場に行けなかったわけは? そう、杉本彩さんのライブ映像を観ながら外出をすべしと用意していたら。やってしまいました、もうムラムラと来て。もともと、間に合う時間に出るのが難しかったし。だから、杉本彩さんには感謝するばかり?

当時の職場である、東芝大阪工場(冷蔵庫と自動販売機の製造)派遣労働の職場仲間との会話において。「ダイナマイト恥垢」とか発言してビックリされ赤面されました。そう、高槻市の同僚から「ポスター出てたよ」というリアクションがあったので。

てっきり、「そうこなくちゃ!」というエールが返ってくると思ったのに。わたいのほうが悪辣な人間だと気づきました。いや、騙されないという点において。なので、いまも同様の傾向あり。

ですがね、「人間の魂は、天使と悪魔が半分半分。そして、そのまま何もしなかったら魔物で終わってしまうよ」との啓発言葉にほだされたわけです。

長い人生も、もうすぐ終わりです。こんな世で終わらしては悔しいの限り。いや、全体世界に対して。わたい自身のことは毛頭ですが。

| いのころ | 2017/03/07 20:10 | URL | ≫ EDIT

Re: ワイルドワンダフル

いのころさん(変換で「居のころ」)

いのころさんのコメントは意味不明なことが多くなかなか返信をかけません。返信を期待(変換で着たい)しているわけではないんでしょうが、そういうときは質問してみることにします。

冒頭の宗教のコメントですが、記憶違いでなければ創価学会に入信されていたんじゃなかったですか?

変換ミスの言葉ってある意味、いのころさんの言葉に似てますね。

| まゆみ | 2017/03/11 11:39 | URL |

宗教遍歴から、宗教難民へ(独立国家樹立を果たす)

鳥取の生家が創価学会の「折伏大行進」に見舞われたようで、母が嫁いだときにはすでに学会家族。聖教新聞を捨てるさいにも、足で踏むな! と叱られたらしい。わたいがお菓子を取ろうとして仏壇に足を掛けて上がったら? やにわに目が見えなくなったらしい。元々、嘘つきだったので、信用に値しないエピソードだ。なにしろ、覚えていないのだから。父がオート三輪のバイク型自動車事故で死んだら。周りの学会員から非難轟轟。それ見たことか、なんたらかんたら、えるかんたーら。

創価学会に入っていたなんて、まるで知らなんだ。それは、どうでもイイのですが。二十歳前には、エホバの証人も学び。その後、高橋信次を学び。幸福の科学を学び。モルモン教を学び。ネット宗教に近いレムリア・ルネッサンスに加担した元・幸福の科学設立助力者である「関谷晧元さん」に学び。んでもって、放浪をストップせんとして宗教難民となりしや。放浪者と難民の違いは? そこの違いが分かっていない。なのに、精神学協会というところに難民として潜り込んだのだが。一時は、幸福の科学のスパイではないかとまで疑われた。そりゃそうでしょ、あんだけのことをやらかせば。

| いのころ(エル・アカンターレ) | 2017/03/11 22:35 | URL | ≫ EDIT

Re: 宗教遍歴から、宗教難民へ(独立国家樹立を果たす)

いのころさん

>周りの学会員から非難轟轟。それ見たことか、なんたらかんたら、えるかんたーら。

これって創価学会の特徴ですよね。

放浪と難民の違いですが、放浪は好き勝手な気ままさ、自由を感じるけれど、難民の言葉にはそれを感じません。

一旦送信。

また書きます。

| まゆみ | 2017/03/14 22:53 | URL |

Re: 宗教遍歴から、宗教難民へ(独立国家樹立を果たす)

いのころさんが入ったのは全部新興宗教ですね。いのころさんもご存知のように関谷晧元さんに関しては一度記事にしたことがあります。

89年だったかな、私が立ち上げ人でもある、とあるイベント会場で受け付けに立っていた時、幸福の科学の人が話しかけてきたので、教祖は動物霊が憑いていますよと言ったら、驚かれてもっと話を聞かせてください、興味がありますと言われましたが断りました。


友だちから預かったお店をやっていたとき、外で掃除をしていたら、髪がきれいだと褒められ、しばらく立ち話。その後、しばらくして店にやってきました。何かの宗教の信者さんみたいで、いきなり勧誘らしきことをされました。その男性は近くのお店のスタッフの男性でで内地の人。背が高くハンサムで真面目そうな人だったので見た目とのギャップがあり驚きました。

創価学会ですかと聞いたら違うと。宗教の名前は覚えていません。色々質問してくるんですが、それに対して私が答えるときの相手が印象的でした。自分が話すときは私の目を見るんですが、私が話すときは目を一切みないんです。目をみると洗脳されると思ったんでしょうね。

かなり経ってからまた来ました。道場破りのようなもんだと話していました。色んな人と話して論破するのが修行と言ってましたね。結局、論破できなくて自分の店へ戻って行きました。

宗教に関してはこちらに書いたのが一番の思い出です。

宗教について
http://cocorofeel.exblog.jp/7876381/

| まゆみ | 2017/03/16 18:19 | URL |

Re: 宗教遍歴から、宗教難民へ(独立国家樹立を果たす)

宗教に入る人の傾向を知りたいので、いのころさんの話を聞いてみたかったんですが、いのころさんは特別だから参考にはならないかも知れませんね。

人生が上手くいっている人よりいってない人のほうが宗教に入ると予想していますが、当たっていますか?

知り合いにモルモンに入っている人がいるんですが、彼は心身を壊したときに、本人がいう霊的な目覚めがあってそれでモルモンに入ったと言います。熱心な信者ではないけれど、その彼からも勧誘されましたが、逆に止めるようにアドバイスしました。

| まゆみ | 2017/03/16 18:24 | URL |

女性ホルモンは、宗教の逸脱を忌避すべし

人生に対する自己評価は、その人の満足感次第です。

物質的に満ち足りないもの、精神的に満ち足りないもの、あるいは存在性に対する基盤の脆弱さを感じる者だけが宗教(組織)に集うのでしょう。

または、更なる進化を目指したいなどという「神思考」を沈潜した人々も存在するようだ。

進化を目指さないものは、生きるに値しません、とか。または、文明の終わりに直面しているなどと。

きゅうくつになることへの不満表明ではない。何も考えようとはしない人間が増えてきたことの時代背景を探る意味合いでしかない。

| いのころ | 2017/03/18 10:59 | URL | ≫ EDIT

Re: 女性ホルモンは、宗教の逸脱を忌避すべし

創価学会は勧誘が凄いと聞きましたが、選挙のためもあるんじゃないですか?

信仰宗教ってどうして勧誘が好きなんでしょうね。強引に吸わせようとする仲間を増やしたがるマリファナ愛好家たちと似ている気がします。



| まゆみ | 2017/03/24 23:35 | URL |

安倍晋三は、光に対する推進力

そもそも、人間ってのは闇を吸いたがる性質を伴うようで。ま、それが大半だということで。半分コなのは、生まれた時点。成長するにしたがって、闇と光が分離したくて格闘する。たいがいは、闇が勝つ。光が勝つのは当たり前なので面白くない。それで、闇に優位を与えた。いわば、光に対する警告を。相反する闇のありがたさを尊重せよ。てな、問答があったやも知れぬが。ともあれ、光と闇の関係性が保たれている。どちらが優勢なのかをはぐらかし、人間に委ねる意味合いのポージング。光も闇もどちらも好きだ、という人向けのシナリオが展開されている。最後に、どちらを選ぶかという訴追が待ち受けているのも知らずして。

(この接続は安全ではありません。ここに入力したログイン情報は漏えいする可能性があります。)

全てに安全なものは、ないんだよ?

| いのころ | 2017/03/26 00:11 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT