PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

パソコンデータ自動消去システム説は嘘だった




日本会議のメンバーで財務省の佐川理財局長「パソコン上のデータもですね、短期間で自動的に消去されて復元できないようなシステムになってございますので、そういう意味では、パソコン上にも残っていないということでございます

3日の衆院決算行政監視委員会で野党議員から
行政文書の電子データは残ってるはずだと指摘されたときの答弁。

メールじゃないんだから
意図的に消さない限り必ず残っている。
こんなの私でもわかる。

1週間後の10日、朝日のスクープでは
「パソコンデータ自動消去システム説」は嘘だったことが判明。
財務省「手作業でデータを消している」
一転してデータ復元が可能と朝日の取材に対して答えた。

同省が2013年1月に導入した現在のシステムには、自動的にデータを消去する仕組みはなく、職員はコンピューター端末で手作業でデータを消している。データは職員が消してもシステム上には残り、2週間たつと順次、新たなデータに上書きされていく仕組みだという。

私はデータ復元も嘘と考えます。
以前も書いたように大切なものは必ず残しているからです。

そうはいっても現政権は何をしでかすかわからないので
手作業で消した可能性はありそう。


関連記事

| ニュース | 20:51 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT