PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

サービスの基本を忘れている


IMG_2843.jpg

///////

力づくで飛行機から降ろされたアジア人の男性は中国人医師とのこと。
引きずりおろされるときに子供も泣いていたそうです。

『男性の前にいた乗客はCNNの番組で「男性は医者で、翌朝に患者を
診る必要があると話していた。恐ろしかった」と語った。(琉球新報)』

自分たちが過剰予約しておきながら
座席についた人を強制排除するのはどう考えてもおかしい。
誰だって怒るでしょう。
サービスというものがまったくわかっていない。

え?定員超過してなかったんですか?

弁護士 野田隼人‏

ユナイテッドの件,一番やばいのは定員超過していないのに定員超過していると勘違いして手順が進行した点。2番目は$1350まで提示できるのにせずに実力排除にでた点。「定員超過を理由に降機を求める」「拒否者を排除する」はプロトコル的にはやむを得ない。ただ,その適用過程に問題がある。


日本の官僚と似ている。

Kazuto Suzuki‏

ユナイテッド航空のCEOの声明。力づくで引き摺り下ろした乗客は10分後に席に戻ったのだが、それをre-accommodate(席替え)と表現し、また大炎上。最初にユナイテッドが社として出した声明も直接乗客に謝りもせず、オーバーブックしたことだけを謝罪していた。https://twitter.com/BraddJaffy/status/851472158815645696



////////

米ユナイテッド便で過剰予約、乗客を引きずり出す強制措置に非難殺到
http://www.cnn.co.jp/business/35099564.html?ref=rss
>しかし自発的に降りてくれる乗客がいなかったことから対応を余儀なくされ、乗り換え便への接続など複数の要因を判定するシステムを使って、降りてもらう乗客を決定した。自分は医師だと名乗って、中国人だからこんな対応をされるのかと抗議していたという。機内は騒然となり、泣き出す子どももいた。一部始終を目撃した乗客のタイラー・ブリッジェズさんは、「既に座席に就いた乗客を排除するようなことがあってはならないはず。オーバーブッキングがあったのなら、搭乗できる人のみを機内に案内すべきだった」と話している。

自分たちが過剰予約しておきながら
座席についた人を強制排除するのはどう考えてもおかしい。

「乗客はけんか腰」が反発招き、再度の謝罪
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-04-11/OO9NYT6KLVRE01

米ユナイテッド、乗客強制排除で改めて謝罪 男性は入院
http://www.cnn.co.jp/business/35099633.html?ref=rss



関連記事

| ニュース | 14:20 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT