PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

お休みとアンジェローバオイルのお知らせ


15日(月)より18日(木)まで沖縄を留守にしますので
moon cafeとe-waterの業務はお休みします。

(その間、ブログもお休みです)

発送は土曜日の15時まで可能なので
注文はできれば金曜日までにお願いします。

それから

アンジェローバオイル(15ml)が手元に1本だけありますので
欲しい方はメールをください。

価格は3千円です。
送料は定型外郵便で140円。

コパイバ同様、売上金の一部(半分以上)は
アマゾンの熱帯雨林の人たちが森の中で暮らせるように
森林伐採防止のために使われます。

HPでは紹介しませんが
1本が終了しても必要な方があれば取り寄せできるので連絡ください。

メールの送り先はmoon cafeへでも
info★mamutan.comでもどちらでも良いです。

アンジェローバオイルの簡単な説明です。


アンジェローバ油(Carapa Guianebisis)

センダン科 葉精油
原産国  ブラジル

「アンジェローバ」は天使の樹と呼ばれます。

南米アマゾンには優れた薬効成分をもつ神秘的でエキゾチックな天然植物のオイルがたくさんありますが、その中でもアンジェローバは有名です。

アマゾンのある一帯にだけ自生するアンジェローバの実から採れるオイルは、古代よりインディオたちの間で、戦士の筋肉の痛みや炎症、神経をやわらげるために使われてきました。

打撲、捻挫、骨折による腫れ、筋肉痛、腰痛、肩こりなどに、全身用のマッサージオイルとしても使われています。アマゾンの森で働く労働者たちの疲労解消オイルとして現在も使われ続けています。

ヨーロッパやブラジルでは、足裏マッサージや髪の手入れとしても使われています。髪に直接塗ったり、シャンプーやリンスに少量まぜても良いです。

天然の虫よけ効果があるので、インディオたちは身体に塗ってマラリアから命を守ってきました。水虫 ダニの害駆除、内服による駆虫などにも使われています。

日焼け防止オイルとしても使われています。

//////

以前お伝えしたように、
帯状疱疹の場合はコパイバとアンジェローバを混ぜて使います。


関連記事

| moon cafe/e-water | 13:56 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT