PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

浪江町の山火事、放射性物質の値が上昇


ヘリから水を撒き、表層の火を消しても、
落ち葉や腐葉土の中で火がくすぶり続け、
一晩たつと再び表層が燃え始めるというパターンで
なかなか鎮火しなかったようですが、
今度こそ鎮火でしょうか。

発生から12日目の本日15時過ぎに鎮火したという情報。

釜石の山火事も火が弱まってきたそうです。

放射性物質の値が上昇するのが常識でしょう。

浪江・十万山の山林火災 放射性セシウム、3~9倍に上昇 /福島(毎日)

東京電力福島第1原発事故に伴う帰還困難区域に指定されている浪江町井手の十万山で起きた山林火災で、県は9日、周辺3カ所で8日測定した大気中を浮遊するちりの放射性セシウム137の濃度が前日の約3~9倍に上がったと発表した。県放射線監視室によると、浪江町井手のやすらぎ荘が1立方メートルあたり3・59ミリベクレルで3・23倍▽双葉町石熊の石熊公民館が同7・63ミリベクレルで8・98倍▽大熊町野上の野上一区地区集会所が同1・35ミリベクレルで3・86倍--。同室は「健康には問題ない数値。強風により、測定地点の周辺の土ぼこりや焼却灰の舞い上がりの影響も否定できない。詳しい原因を調べる」と説明している。


浪江町山火事 放射性物質の値が上昇(福島テレビ)

発生から10日で12日目となった福島・浪江町の山林火災で、大気中を舞う放射性セシウムの値が上昇した。浪江町の帰還困難区域で発生した山林火災は、12日目となり、10日も消防が山へと入って、火が出ていないか見て回るなど、現場での活動が続いている。周辺の3カ所には、大気中のちりなどを測定する機械が設置されているが、8日の測定で、放射性セシウムの値が、前の日の3倍から9倍に上昇したという。県では「健康上、問題のない値」としていて、周辺の空間線量にも変化はないという。県では、強風で土ぼこりや焼却灰が舞い上がった可能性があるとみていて、県や林野庁が、今後調査する予定。


関連記事

| 核・原発 | 19:49 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT