PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

「日本の政府は、あらゆる方法をもって琉球政府を利用するが、琉球の人々のために犠牲をはらうことを好まないのである」


IMG_2081.jpg

今日の琉球新報の紙面の多くは大田さんのことでした。
朝日はネットでしか確認できないけれど大田さんの記事がびっしり。
全部は取り上げられないので一部だけ紹介します。

大田さんは92歳の誕生日に「ハッピーバースデー」を聞き
教え子や家族に見守られながら息を引き取られた。

誕生日の歌聞き、逝く 教え子みとり、感謝伝え 大田昌秀さん死去(琉球新報)
10日には大好きなワインを口に含み「誕生日もワインを」と笑顔を見せていたという。誕生日の12日、病室で教え子らが「ハッピーバースデー」を歌うと、大田さんは目を輝かしていたという。歌い終わった途端、眠るように息を引き取った。

大田元知事死去:92歳の誕生日に息引き取る 家族や教え子らに囲まれ(沖縄タイムス)
一時的に意識がなくなった時は、「早く洞穴を探しなさい」「弾や鉄砲を兵隊に持って行きなさい」とうわごとを言ったという。

QmPqhm2Z【アーカイブ】(人生の贈りもの)
【アーカイブ】(人生の贈りもの)元沖縄県知事・大田昌秀:9 代替基地の問題点、7回渡米し訴え(朝日)
http://www.asahi.com/articles/ASK5Z5KKLK5ZUEHF00X.html

アーカイブは10まであるんですが
大田さんの渡米が印象に残っているのでこれを採用することに。

筑紫哲也さんのインタビューの場面もよく覚えていますよ。
筑紫さんが大田さんを尊敬しているように見えたし、
沖縄をとても大事に思ってくれていたのも
画面からよく伝わってきました。

大田昌秀氏死去 元知事、全国に基地問う(琉球新報)
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-513648.html

<社説>大田昌秀氏死去 平和・自立・共生の志継ぐ(琉球新報)
http://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-513637.html

人生かけ、ヤマトへ問い続けた沖縄 大田昌秀さん死去(朝日)
http://www.asahi.com/articles/ASK6D5637K6DTIPE027.html

沖縄戦体験、反戦貫く 常に犠牲者へ思い 大田昌秀さん死去(朝日)
http://www.asahi.com/articles/DA3S12984443.html

朝日新聞大田昌秀さんの特集ページ

///////

<金口木舌>学徒隊員の瞳(琉球新報)
http://ryukyushimpo.jp/column/entry-513639.html

72年前の1945年6月、大田昌秀さんは糸満市摩文仁の戦場をさまよっていた。鉄血勤皇隊の仲間の悲惨な最期を見た。県民と敵対する皇軍の実像を見た。迫り来る死を見詰めた

▼敗戦から8年後、師範学校の同期、外間守善さんと「沖縄健児隊」という戦記を編む。大田さんは「血であがなったもの」という一文を寄せた。沖縄戦を語る時、幾度も口にした言葉であり、それは晩年まで続いた

▼92歳の誕生日だった昨日、生前最後の著書となった鉄血勤皇隊の記録集が出た。ここでも「私の生は、文字どおりあえなく死去した多くの学友たちの血で以(もっ)て購(あがな)われたものに他ならない」と記した

▼沖縄の民衆意識を問い、アイデンティティーの確立を論じた。沖縄の苦悩を軽んじる日本本土の政治や国民意識を「醜い日本人」と厳しく断じた。基本姿勢は県政を担った2期8年も同じだった

▼訃報に接し、改めて思う。自らの命は「血であがなったもの」という思いが大田さんを突き動かしてきたはずだ。日米の国策に翻弄(ほんろう)される沖縄の現実を語る口調はひときわ厳しかった。憂いに満ちた瞳は、摩文仁の地をさまよった学徒隊のそれではなかったか

▼大田県政が描いた「平和・自立・共生」という理想像に向けた歩みは困難を極めている。しかし、諦めてはならぬ。そう決意し、学友の元へ大田さんの魂を送りたい。



///////

谷津憲郎

戦争体験者、学者、知事。さまざまな顔を持っていた。インタビューに行き、その記憶力に圧倒された経験を持つマスコミは少なくないはず。

DCGb6NIVYAEcITdさまざまな顔を持っていた

大田さんが著作で繰り返し指摘したことの一つに、歴史学者H・カーの見解がある。「日本の政府は、あらゆる方法をもって琉球政府を利用するが、琉球の人々のために犠牲をはらうことを好まないのである」

DCGeyztUMAAMbOM大田さんが著作で

同時に、大田さんは沖縄が克服しなければならない課題として「自立心の弱さ」「事大主義」にも厳しい目を向けていた。

DCGysN4VoAA8Mhb同時に、大田さんは

沖縄はずっと同じ問題を抱えていたはず。しかし本土がそれを認識するのは、95年の事件以降、つまり大田県政になってからであった。2013年2月号の雑誌「ジャーナリズム」より。朝日新聞の記事で「沖縄」と見出しにつくものの推移グラフ。

DCG5p-NV0AAm0e2沖縄はずっと

きのう亡くなった大田昌秀さん。意識がなくなった時、病床で「早く洞穴を探しなさい」「弾や鉄砲を兵隊に持って行きなさい」とうわごとを言った、と。あの大田さんが。壮絶な体験をやはり心の底にしまっていた。
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/101937


高文研‏

大田昌秀氏逝去の一報がはいりました。

今日6月12日が92歳の誕生日でした。
また、沖縄では本日荷着の『沖縄鉄血勤皇隊』が遺作となりました。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

http://bit.ly/2qlaIGZ

DCGa1iwVYAA39s-高文研



///////

鉄血勤皇隊の大田さん。

谷津憲郎

【沖縄戦】3月31日@首里 上陸前日。沖縄師範学校の生徒は鉄血勤皇隊となり、半袖半袴の防衛隊服を支給された。14、5歳から20歳前後の青年たち。「戦闘帽をちょこんと頭に乗せてみた。なんだかそぐわない。照れくさい気持ちがして、手にとってためつすがめつ眺めた」と大田昌秀氏は書く。

【沖縄戦】4月21日@首里 砲弾の下、鉄血勤皇隊の大田昌秀氏が壕内でうつらうつらしていると「誰かやられたぞ」と叫び声があがった。運ばれてきたのは、同じ勤皇隊の久場良雄さん。「右足は大腿部のつけ根から叩き切られ(略)ねじれてぴくぴく動いている」。勤皇師範隊の最初の犠牲者だった。

【沖縄戦】5月27日@首里 司令部が撤退。地下足袋の牛島司令官は「ご苦労、ご苦労」と会釈しながら壕外に出た。護衛につく濱川昌也氏が後を追う。その従兄弟である大田昌秀氏は、摩文仁へ下ると聞いて気抜けした。「噂を耳にはさんだことはあったが、それが実行されるとは考えてもみなかった」

【沖縄戦】5月30日@摩文仁 首里から撤退した鉄血勤皇隊の大田昌秀氏らが目的地に着いた。家屋の周りに石垣が積まれ、ガジュマルが青々と枝を伸ばす。晴れ上がった空、見渡す限りの緑。「すべてのものが生き生きと生命に溢れていた(略)地上にこんなところがまだあったのか」。畑に寝そべった。

【沖縄戦】6月19日@摩文仁 伝令で軍司令部壕についた鉄血勤皇隊の大田昌秀さんはあぜんとした。参謀たちは、民間人に紛れるために地元の黒い着物に着替えていた。「透きとおるばかりの白い手や毛脛が着物から不格好にはみ出し(略)その変装は余りにも哀れであった」。壕からの脱出だった。



///////

rOBbpkUdダンプなど110台がシュワブ内に
辺野古新基地:ダンプなど110台がシュワブ内に 沿岸部は工事続く
https://goo.gl/JnxSFp

110台!

///////

朝日新聞那覇総局‏

【沖縄戦】6月13日@小禄 斬り込み隊の東江芳隆氏が海軍司令部壕に戻った。重なりあう負傷者、親の名を呼んで死ぬ人。「機関参謀が『総員脱出せよ、壕は爆破させる』と大声で言って、終わるか終わらぬかのうちに何発かピストルの音がした。『そらあの音は司令官の最期だ』」。大田実少将が自決。



///////

img_5fcc28746df2312d6abb131a429b5ff548665.jpg
「沖縄のデモ規制、最小限に」デービッド・ケイ氏が国連報告(沖縄タイムス)
国連の表現の自由に関する特別報告者、デービッド・ケイ氏が12日午後(日本時間同日深夜)、スイス・ジュネーブで開催中の国連人権理事会に対日調査報告書を提出した。約16分の演説の中で沖縄にも触れ、「特に(基地問題の)大きな議論がある沖縄のような場所では、デモは最小限で釣り合いの取れた規制にとどめるべきだ」と、当局に慎重な対応を求めた。・・・ことし5月に公表された報告書は、「沖縄の抗議行動に加えられている圧力を特に懸念している」と指摘。「不均衡な重い罰を科すなど、抗議参加者を公に悪者扱いすることは、日本人全てが享受する異議申し立ての基本的な自由をむしばむ」と表明した。特に沖縄平和運動センターの山城博治議長の長期勾留について「抗議行動を萎縮させる懸念がある」と言及していた。・・・』

///////

オスプレイ墜落から半年 調査報告書いまだ未公表(琉球新報)
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-513651.html

嘉手納基地であす降下訓練 町は即時中止要請(琉球新報)
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-513650.html

稲田防衛相、米軍に中止申し入れ 嘉手納基地のパラシュート降下訓練(沖縄タイムス)
https://goo.gl/CJLG3s

また嘘を云う。

///////

img_ba9aa6c575bb99f9cc8276e38ef5a4cb283673.jpg
「このままで沖縄観光のイメージダウンに…」 那覇港に第2クルーズバース要請(沖縄タイムス)
『・・・意見書では、那覇港に寄港するクルーズ船が飛躍的に増加している現状を指摘。外国人観光客の貨物専用バースでの受け入れは満足度が低下し「沖縄観光のイメージダウンにつながりかねない」として、22万トン級まで対応可能な第2クルーズバースの早期整備を求めている。

///////

26430a46125430「放課後教室」に歓声
「放課後教室」に歓声 繁多川公民館と沖大が連携(琉球新報)
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-513638.html

楽しそう。

「大吾先輩は誇り」 母校・宮古工高に凱旋(琉球新報)
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-513647.html

個人ブログで移住を促進! 動き出した「久米島ブロガーズ」 13人が島の魅力発信(沖縄タイムス)
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/101880


関連記事

| 沖縄 | 23:30 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017/06/15 17:58 | |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT