PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

移民が作った国「日本」


DSC07757.jpg


この日本という国は移民が作った国。文化も技術もみな移民が持ち込んだもの。和種の動物(牛、馬、犬など)も海の向こうから人と一緒にやってきたもの。長期にわたっての移民は多くの恩恵をもたらす。今は減りつつあるけれど、日本人の美質といわれるものも色んな民族との接触から生まれた。同じ場所で色んな民族が暮らすにはどうしたらいいか、考えも衣食住も違う他者との付き合いを上手くやっていくにはどうしたらいいか、それを上手くやってきたのが日本でしょ?それを誇ればいいのに、なのに何を今更「移民いないふり」するの?和は和合の和、そして輪なのに何故それを誇らないの?

「移民いないふり」の限界 外国人労働者100万人 「受け入れは不可避」(朝日)
http://www.asahi.com/articles/DA3S12997011.html


関連記事

| 歴史・古代史 | 15:49 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

まったくもってそのとおり。

まったくもってそのとおり。
もう、全文リツイートだよこれ
(笑)!

多くは経済構造に与える影響から訴える移民廃絶の声。
積極的に(ムキになって)かき集めるのは問題外として、
自然流入(やむにやまれぬ理由を含む)であるなら
現存の構造(公理系。日常会話では「ルール」)を徐々にでも
フィットさせてき、「いい感じ」を目指すのが
本来の日本的なことだと思う。

| うー | 2017/07/02 04:40 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT