PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

南アメリカが動いた?


先月のことですが
南米の大西洋側の海が突然、消えたかと思うと
反対側の太平洋側では巨大な波が押し寄せた』という記事を書きました。

私はMIMICを疑っていますが、
南米大陸が動いたからだという説があります。

「South American Roll」の記事は随分と前から知っているんですが
「Roll」をどう解釈していいのか今でもよくわかりません。

南米で発生する大きな地割れの記事を幾度となく書いてきましたが
その理由が南米ロールだという説がだいぶ前からあるんです。

だけどその仕組みがわからないので、
「南米ロール」を取り上げてきませんでした。

直訳すると
巻くとか転がすとか回転するとか、そしてうねるとか。

片側の海が消えて
もう片側は津波のような波が起きることで考えれば
大陸が横に動くというよりも巻き込んでいるほうが考えやすい。

ロールケーキで想像しました。

巻く、転がる、回転する、うねる。
これらを引き起こす原因は地軸のぶれかな。
特にうねりは地軸のぶれを想像しますね。

「南米ロール」の仕組みがわかる人はコメントください。

南米で起きていることが本当なら、
あのMIMICのへんてこなものの出現の意味が変わってきます。
南米大陸を守ろうとしているとも考えられる。


///////

yasuさんに訳してもらいました。ありがとう。

-----Original Message-----
Sent: Friday, September 01, 2017 5:37 PM


South America Itself Moved!!!… And It Isn’t Done Yet! Learn About The Upcoming South American Roll
http://beforeitsnews.com/alternative/2017/08/south-america-itself-moved-and-it-isnt-done-yet-learn-about-the-upcoming-south-american-roll-3544513.html

photo170ccc.jpg

南アメリカ自体が動いた!!!… そしてそれはまだ終わっていない!
やがてやってくる南アメリカのうねりについて学んでください。


ゼータによると… 南アメリカ自体が動いた…

南アメリカのうねり
一年前、2016年8月23日、ブラジル サントス
http://www.zetatalk.com/ning/10sp2016.htm
津波が記録された。これは地震や嵐によるものではなかったが、極度に南東にずれた方角からの日の出に関係があった。ブラジルサントスの津波は(地球の地軸の)ぐらぐらとした揺れ動きによるもので、南アメリカのうねりによるものではなかった。

10sp005.jpg

2016年8月23日にブラジルで謎の津波が起こった
2016年9月10日
https://earth-chronicles.com/natural-catastrophe/mystery-tsunami-in
2016年8月23日、ブラジル沿岸が強力な津波に襲われた。なんらかの未知の理由から、この出来事は世界中のメディアに無視された。まるで全世界が一瞬にしてのし掛かってきたかのように海水が斜面を駆け上がったかと思うと、その傾きは逆方向に変わり水は海に戻っていった。水は2つの街区で氾濫したが、それ以上は遠くに行かなかった。専門家によるとそれは風による大波ではないとのことだが、とすればそれは何だったのだろうか?

ZetaTalkの解釈3/10/2016:
http://www.zetatalk.com/ning/10sp2016.htm
これは確かに(地球の)ぐらぐらとした揺れ動きで、実際にはそのぐらつきが地球を通常の位置に戻していたときに起きている。カナダと英国では日の出(の方角)がかなり南側にずれていて、その間北極点は数時間にわたり太陽から押し離されることになり、これが南太平洋をサントスの海岸線から引き離し、海水を南極大陸の海岸線に集積する原因になった。それから地球は立ち直って再びまっすぐになり、サントスを海の下にすべり戻した。南極大陸に高く集積され、このようにして戻ってきた水にサントスはさらされたのだ。

さて2017年8月9日、南アメリカのうねりが以下のような出来事の原因になっている徴候がある。不思議なことにブラジルとウルグアイから海水がひいた。こういったことが地震に伴って起きるときには、地震が起きた後に津波が続くのだが、この場合には地震や津波は起きかった。その代わり南アメリカ反対側のチリの海岸に沿って高波が記録された。
https://www.facebook.com/Deolhoembc/videos/1302532913191373/
同じ期間に 、一方のチリでは高波があり、反対側のブラジルでは海水がひいていたのだ。

photo168aaa.jpg

対向する海洋:巨大な太平洋の波がチリへ打ち寄せる一方、歴史的な大西洋の後退がブラジルで報告されていた。
2017年8月15日
http://strangesounds.org/2017/08/oceans-in-opposition-giant-pacific
たいへん奇妙な何かが、現在南アメリカの2つの海岸で起きている。まるで海洋が対向しているかのようだ。巨大な太平洋の波がチリの沿岸へ打ち寄せ、一方では歴史的な大西洋の後退がブラジルのCaraguatatubaで報告された。2017年8月9日、大西洋(の海水)が劇的にひいていく一方で、巨大な波がチリの太平洋岸に沿って打ち寄せ始めた。これらふたつの奇妙な海洋現象は関係しているのだろうか?それは、ポールシフトの徴候なのだろうか?

photo169bbb.jpg

ウルグアイとブラジルのビーチで海が不可解な後退
2017年8月15日
http://www.disclose.tv/news/sea_recedes_mysteriously_from_beaches_i
奇妙なことはウルグアイのPunta del Esteに加え、ブラジルのTramandaiとPorte Alegreのビーチでも起こっていた。一般的に海水がビーチから退いていくのは、津波がその一帯を襲うというサインだが、これらの場合は、それが理由ではなかった。2017年8月11日に、ウルグアイのPunta del Esteのいくつかのビーチから海がほとんど消えた。通常だったら水で満たされているレベルは、異様にも乾いて空っぽになった。そのたった数時間後の2017年8月12日、ブラジルのTramandaiとPorto Alegreビーチでも同様のことが起きたのが見つかったと報告された。またもや通常なら海水がある場所から海が消え、そしてそれがなぜ起きたのか誰にもわからないようなのだ。

南アメリカのうねりとは何なのだろうか?10あるプレートの7つのプレート移動の一部のプロセス。
http://www.zetatalk.com/newsletr/issue207.htm
南アメリカのうねりはカリビアンプレートを押し下げ、南アメリカ大陸の上部を西へと動かす。
http://www.zetatalk.com/newsletr/issue548.htm
2017年4月2日、チリの西方のナスカプレートが沈み込みの圧力が原因で赤く熱くなった時、南アメリカのうねりのスピードが上がった。

issue207.jpg

ZetaTalk説明3/25/2017:
http://www.zetatalk.com/ning/25mr2017.htm
もちろんこれは普通のエルニーニョではなく、インドネシアの海底火山に起因する。ペルー沖のこの温水は、ナスカプレートの上で急に活気づくようだ。それを証明するには、ZetaTalkの説を認める以外には説明することばがなく、その説は一時的に驚かれうろたえられてしまう。その説は10のプレートのうち7つのプレートで確実に移動が起きていて、南アメリカのうねりがアンデス山脈の脊の下にナスカプレートを押し込み、熱くなっているということだ。ニビルが認められるまでは、それを証明するための説明になおつまづいたままだろう。

これが起きることで、太平洋という器に入っている水は圧縮され、アンデス山脈に沿って満潮を引き起こし、そして大西洋という容に沿って空隙が発達し、水がビーチから引く原因になる。もちろん水はその証拠を一掃しながら再び元のレベルに素早く戻るが、それでも数日の間、水はそこにあったのだ!これが南アメリカのゆらぎの証明だ。

http://poleshift.ning.com/profiles/blogs/zetatalk-newsletter-as-of-august-17-2017




関連記事

| ニュース | 15:07 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT