PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

再び大きな太陽フレア発生


X8.2のフレアが発生しました。
6日に発生した11年ぶりの巨大フレアX9.3に近い大きさ。

私もすでに体調に変化が出ています。
敏感な方は注意してください。

太陽フレアが起き出してからの私の体調の変化。
体が熱くなる。
胃の不快感。
眠れなくなる。

昨日は帰宅し後から頭痛がはじまり
異様な眠気に襲われたので
普段は昼寝なんてしないのに少し夕寝をした。

夜は相変わらず眠れない。
熱も少しある。

20004年の大規模爆発のときと体調が似ています。

めまい、インフルエンザのような症状、背中の痛み、関節の痛み、
疲労、不安定感などの症状が出ている人はいませんか?

免疫力が落ちるのでインフルエンザが大流行します。

太陽に興味を持ってフレアのことを書き始めたのが2003年。

太陽って不思議な生命体で
これはやばいだろうという巨大フレアが発生したとき
地球のほうを向いていないんです。
それでいつも助かっている。

片岡龍峰‏

見たことない異常事態が発生中です。静止軌道では磁場の日変化が殆どなくなり、放射線帯の電子フラックスの日変化も消えて、まる一日中高いレベルで推移しています。原因はX9のCMEのウェイクの影響。これも速く論文書きたい…

DJWgaLKVAAApP7Z見たことない
DJWgdJAUQAAbeB6見たことない

X8フレアが発生。この位置はまずい…

DJYq5dHUIAAFqj1X8フレアが発生。

いま航空機に乗って緯度の高い地域を飛んでいる方々は、X8に伴うハードな太陽プロトンの影響で、通常よりも被ばくしています。GeVプロトンも発生しており、空気シャワーで出来た中性子が地上でも確認できるGLEが起こってしまいました。

DJYsuzaV4AEh9vSいま航空機に乗って

沈みかけのフレアは怖くて、いわゆるパーカースパイラルで太陽プロトンがガイドされて地球に直達する感じになるので、磁気嵐とかの心配はありませんが、航空機高度での被ばくなどが問題になります。というか今まさに、11年ぶりに、そういう状況です。

DJY1BzYU8AAovGl.jpg

コロナ質量放出の本体ほぼ真横に飛んで3000 km/s超え…先日のよりも、こっちが地球にヒットしていたら、これは災害だったかもしれない。

放射線が大量に来て雪景色のようになっています!

DJZWS54VwAAsbkA放射線が大量に来て
DJZWUEvVoAEXKe8放射線が大量に来て

太陽活動の極小期にかなり近づいていても、こういう本当にやばいイベントが無いわけではない、ということをはっきりと実感。たまたま地球と違う方向にコロナ質量放出が行ってくれて幸運でした。





関連記事

| 地震・火山・体感メモ | 11:57 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

太陽フレアで体調が変わると知りませんでしたが、普段 頭痛にならない私がここの所頭痛に。起きているのに瞼が重く、身体も重くきちんと目覚められてない感じがします。影響なのかもしれません。

| 赤木 | 2017/09/11 19:50 | URL |

Re: タイトルなし

赤木さん、フレアの影響だと思います。

| まゆみ | 2017/09/11 19:54 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT