PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

『祝詞』


白川静

祝詞を示す言が廟門におかれていて、暗い闇のときに神意がはたらいて自鳴する。それが【音なひ】であり、神の【訪れ】であった。その神意をはかり解することを【憶測】という。過去の経験を通して、そこから未来を解釈しようとする。ゆえに【憶】には【記憶】と、また【憶測】の意とがある。



関連記事

| 歴史/古代史 | 19:19 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT