PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

「荒らす憎むべき者」


米、エルサレムをイスラエルの首都と承認へ 各国で初めて(BBC
_99067635_454bb322-ca80-4ca8-9f3c-d72408950bcc.jpg

トランプ大統領、エルサレムは「イスラエルの首都」

エルサレムをイスラエルの首都にするための布石だったのでしょうか。
トランプ大統領は5月22日、東エルサレムにあるユダヤ教の
聖地「嘆きの壁」を現職の米国大統領として初めて訪問した。

同行したのは娘婿の正統派ユダヤ教徒のジャレッド・クシュナー上席顧問。

トランプ氏はユダヤ教徒の男性を表すキッパを被り、
同行したユダヤ教のラビともに嘆きの壁に頭をつけて、
ユダヤ教のしきたりに従って祈った。

(写真:c UPIamanaimages)
912cce81-s写真:c UPIamanaimages

女性礼拝ゾーンでは長女のイヴァンカ補佐官が礼拝。
イヴァンカはすでにユダヤ教に改宗。

(写真:c UPIamanaimages)
34c1c886-s写真:c UPIamanaimages

今回のこのニュースを聞いて
真っ先に頭に浮かんだのが「荒らす憎むべき者」です。

黙示録では、半キリストである一者が42月の間、
聖なる都(新しいエルサレム)を踏みにじると預言されています。

一昨日、久しぶりに「七支刀」を書きましたが、
そこで紹介したメノラ―。
イスラエル国の国章はメノラ―。
「七支刀」の元。
イスラエル国の国章

ここにもメノラ―が。

エルサレム第二神殿のウィキより
(ローマにあるティトゥスの凱旋門の内壁に書かれた、神殿からの戦利品を運ぶローマ軍の凱旋式)
ローマにあるティトゥスの凱旋門の内壁に書かれた、神殿からの戦利品を運ぶローマ軍の凱旋式

マタイによる福音書第 24章
全文はリンク先でどうぞ。

マタイによる福音書第 24 章
https://www.wordproject.org/bibles/jp/40/24.htm

15 預言者ダニエルによって言われた荒らす憎むべき者が、聖なる場所に立つのを見たならば(読者よ、悟れ)、
16 そのとき、ユダヤにいる人々は山へ逃げよ。
17 屋上にいる者は、家からものを取り出そうとして下におりるな。
18 畑にいる者は、上着を取りにあとへもどるな。
19 その日には、身重の女と乳飲み子をもつ女とは、不幸である。
20 あなたがたの逃げるのが、冬または安息日にならないように祈れ。
21 その時には、世の初めから現在に至るまで、かつてなく今後もないような大きな患難が起るからである。
22 もしその期間が縮められないなら、救われる者はひとりもないであろう。しかし、選民のためには、その期間が縮められるであろう。
23 そのとき、だれかがあなたがたに『見よ、ここにキリストがいる』、また、『あそこにいる』と言っても、それを信じるな。
24 にせキリストたちや、にせ預言者たちが起って、大いなるしるしと奇跡とを行い、できれば、選民をも惑わそうとするであろう。
25 見よ、あなたがたに前もって言っておく。
26 だから、人々が『見よ、彼は荒野にいる』と言っても、出て行くな。また『見よ、へやの中にいる』と言っても、信じるな。


>「そのとき、ユダヤにいる人々は山へ逃げよ。」「屋上にいる者は、家からものを取り出そうとして下におりるな。」「畑にいる者は、上着を取りにあとへもどるな。」「その日には、身重の女と乳飲み子をもつ女とは、不幸である。」「あなたがたの逃げるのが、冬または安息日にならないように祈れ。」

まるで巨大津波が襲ってくるかのようです。
津波の可能性大かも知れません。

以前ちらっと書きましたが
イスラエルで何かがあると大阪で巨大地震が起きると予想しています。
大阪の巨大地震は夢からです。

終末の教会を滅ぼす「火」というのは
カリフォルニアなど世界各地で起きている山火事を想起させます。

2. ハヌカの祭りの歴史的背景(1) ダニエルの預言(11章) (牧師の書斎)

このようにダニエル書は、ギリシア帝国から分かれ出た四つの国の一つから「ひとりの卑劣な者」が起ること、また、二度目のエジプト侵攻の時にローマ艦隊によって撤退を余儀なくされたことでいきり立ち、「ひとりの卑劣な者」である彼はエルサレムの神殿を汚し、いけにえをささげることを禁止して、荒らす忌むべき偶像を神殿に据えることが預言されていました。そしてこれらすべてアンティオコス4世エピファネスの出来事として成就したのです。「エピファネス」とは「現人神」を意味します。それのみならず、アンティオコス4世エピファネスに関する預言が単に紀元前2世紀をもって成就したのではなく、それは最初の段階の成就であり、やがて「終わりの時」にはアンティオコス4世エピファネスの再来である反キリストにおいて最終段階の成就があることを、ダニエルは36~45節で預言しているのです。


「荒らす憎むべき者」が、例の人類の先頭を歩く子猫(獅子)の可能性もあり。



関連記事

| 歴史/古代史 | 19:14 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT