PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

柏崎刈羽原発の防潮堤に欠陥


柏崎刈羽原発の防潮堤(海抜約15m)が、
大地震が起きたときに地盤の液状化などで津波を防げなくなる
おそれがあることがわかった。

■柏崎刈羽原発 防潮堤「欠陥」の波紋/上 液状化「大丈夫と言えない」 
https://mainichi.jp/articles/20161109/ddl/k15/040/244000c

桑ちゃん

再度、世界基準を掲載します。
原発などの放射能のクリアランスレベルは年間10μSvである事を承知下さい。自然放射能でも影響はある。医療被曝も影響がある。飛行機に乗っても通常より被ばくする。持ち物検査でもX線透過は被ばくする。それに余計な普段では受けない原発事故被ばくリスクが加えられる。

DVvf8weVAAEkHjO.jpg

福島第一原発パネルを外した影響は大きいでしょうね。 核種はCs134+Cs137のみしか測定していないが!!! 福島県双葉郡降下物単位(Bq/km2)

平成27年1~12月 165億3700万
平成28年1~12月 92億0800万
平成29年1~12月 177億3800万

年度でも大幅に増えている。
パネル解体平成28年10頃から

福島県の農家の方可哀想という方いるが、福島県は自分達で首を閉める行為をしたんですよ。その首を絞める事したのが「はい・・2万Bq/kg食べても大丈夫~」講演を福島教育委員会、JA、赤い羽根募金協賛で開催した。放射線障害防止法Cs134+Cs137≧1万Bq/kgは一般では扱えない基準。信用なくすよね





関連記事

| 核・原発 | 15:53 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT