PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

通販生活「沖縄に申し訳立ちません」


0a4e71c9b41885507基地なき平和な沖縄を
c549a0d035432c4b0ad7ab854efaaaab基地なき平和な沖縄を基地なき平和な沖縄を 平和行進参加者が集結 宜野湾市で「平和とくらしを守る県民大会」
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-717933.html

『沖縄が米統治下から日本へ復帰してから46年を迎える中、基地なき平和な沖縄の実現を訴える「平和とくらしを守る県民大会」(5・15平和行進実行委員会、沖縄平和運動センター主催)が13日午後、宜野湾市の宜野湾海浜公園屋外劇場で始まった。13日午後2時現在で3500人(主催者発表)が参加している。・・・』

沖縄 辺野古工事中止を訴え 「平和行進」始まる
https://mainichi.jp/articles/20180511/k00/00e/040/230000c

やんばるぐらし@辺野古新基地反対☆高江をまもれ

5.15平和行進 平和とくらしを守る県民大会

全国からこんなにたくさんの人たちが集まって…感無量!

DdEqHgLUwAAk9ru.jpg



///////

嬉しいです。通販生活、2016年の「沖縄差別、まっぴら御免」 に続き「沖縄に申し訳立ちません」。15ページもの大特集。今日も同じこと言いましょう。メディアは爪の垢を煎じて飲むといい。 

815162b77b9e34e2b1a28ac6acb221a0「沖縄に申し訳立ちません」「沖縄に申し訳立ちません」 「通販生活」が特集 基地の引き取り問う
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-716310.html

『沖縄の米軍基地問題などを随時特集している「通販生活」(カタログハウス)は最新号の2018夏号で、改めて基地の本土への引き取りなどを問う沖縄特集を掲載している。作家の落合恵子さんと稲嶺進前名護市長との対談や、「沖縄県民に申し訳が立ちません」との見出しを掲げた、東京の基地引き取り運動の代表らのインタビューと合わせて15ページにわたる。・・・特集を担当した通販生活読み物編集長の平野裕二さんは「特集を読んで引き取り運動を初めて知った、無関心ではいけないという読者もいて、このままでは駄目だと思う人が増えている。ただその一方で、無関心層が多いのも事実」と読者の反応を説明した。』

2016.10.27 通販生活「沖縄差別、まっぴら御免」 の痛快さ
http://cocorofeel.blog119.fc2.com/blog-entry-16376.html

///////

沖縄の自己決定権議論 中国・北京国際シンポ 植民地主義を考察
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-717862.html

普天間、ヘイトを議論 那覇で憲法フォーラム
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-717863.html

普天間飛行場デマ:米海兵隊司令官の無理解に怒り 宜野湾郷友会長「諦めず発信する」
https://goo.gl/kL4njq

///////

防衛官僚、基地環境浄化に横やり  米の前向き姿勢阻む 09年協議で 
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-717736.html

『2009年に開かれた日米両政府の局長級会合の場で、在日米軍基地の環境保全に関する新たな取り決めについて米側が「柔軟な姿勢を示せる」と前向きな提起をしたにもかかわらず、日本側の官僚が米政府に慎重姿勢を取るよう促していたことが12日までに分かった。内部告発サイト「ウィキリークス」が公開した米機密公電によると、当時防衛省防衛政策局長だった高見沢将林氏(現日本政府軍縮大使)がキャンベル米国務次官補(当時)に「米政府が柔軟な態度を示せば、地元がより基地への立ち入りを求め、環境汚染を浄化するコストを背負いかねない」などと述べていた。琉球新報は高見沢氏に発言の有無や意図を質問したが、回答は得られなかった。・・・』

///////

沖縄戦犠牲の新聞人慰霊、那覇 
反戦平和誓い黙とう
https://this.kiji.is/367976956081226849

///////

ca9fa48fa7ee144これまでは廃棄これまでは廃棄、キビ先端部から製品化へ 沖縄県農研センター開発 ミネラル豊富な黒糖に
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-717766.html

『沖縄県農業研究センターの前田剛希上席主任研究員らは、これまで廃棄されていたサトウキビの梢頭(しょうとう)部(先端部分)を搾った汁を使い、抗酸化成分のポリフェノールを多く含む黒糖の製造に成功した。梢頭部汁には、従来の茎だけの汁と比べカリウムは約4倍、カルシウムは約5倍、ポリフェノールは1・6倍ほど多く含まれていた。梢頭部汁を混ぜた有用成分を多く含む黒糖の新たな商品開発につながると期待される。・・・』

///////

388237482791e6ニゲラ被災地の種 花開く 新垣さん、ニゲラ育てる 気仙沼との絆、大切に
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-717864.html


関連記事

| 沖縄 | 23:55 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT