PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

日本にとって吉と出るか凶と出るか


三十三間堂が好きなこともあるけれど
とても気になるニュースです。

三十三間堂の神像と仏像の配置を入れ替える。
配置順も変わり、改名までされる。

今後の日本の行く末が決まるかもしれません。

問題はこれを誰が指示したのか、
84年前と全く同じなのか、少し違うのか、
創建された当時の姿をそっくり再現するのか、ですね。

三十三間堂7tjMTKVM
三十三間堂 国宝の風神・雷神像を配置換え 84年ぶり
https://mainichi.jp/articles/20180731/k00/00e/040/235000c

「京都市東山区の三十三間堂で、国宝の風神・雷神像と観音二十八部衆像の配置が1934年以来84年ぶりに改められた。後白河上皇のため平安末期に創建された当時の姿を再現したという。風神と雷神は左右が入れ替わり、二十八部衆像も13体が改名され、配置順も変わる「平成の大再編」となった。 ・・・」

国宝 三十三間堂  二十八部衆
http://ur0.work/Lk48

84年前は1934年(昭和9年)

昭和9年(1934年)の出来事
http://kiuchi.jpn.org/nob2/s09.htm


関連記事

| 歴史/古代史 | 23:41 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT