PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

5月11日 夢日記(夢の中の夢)


なんども同じことを書きますが、
この世とは思えない美しい風景を見たときは、
海外で1週間以内ににマグニチュード7以上の地震が
必ず起きました。
(美しさの度合いに比例して地震の規模が大きくなる)

少し前から夢見が変わってきて、
過去の統計が当てはまらなくなっているので、
そのつもりで読んでください。

今朝の夢の重要な部分を簡単に書きます。

///////

さっきまで一緒だったラジオ局の人に電話をかける。

私「あれからどこへ行ったと思いますか?諏訪です。
なんと歩いて行ったんですよ。
それはもうこの世では見れない美しい風景で・・・」

とこの辺りまで言いかけて、
「あ、これは夢だった」

夢の中の夢。

急坂を登り詰めると眼下に諏訪の町が見える。
(実際の諏訪とは違う)

海の色があまりに美しくてこの世とは思えない。
(実際の諏訪には海はない、あるのは諏訪湖。)

夢の中では自由にズームできるから
遠く離れているののでも小さいものでもよく見える。

なにやらお祭りのようなことをしている一団がいる。
町の感じはやはり実際の諏訪とは違う。

実際に町を歩くと
やはり実際の諏訪とは違う。

半透明のような不思議な青色の海。
海が立っている。
(海に壁のような高さがある)


・・・・・

ざっとこんな夢でした。

昔の夢は夢の中の場所がわからなかったけれど、
最近は地名が出てくるようになりました。
そういうことで、国内の発振にしばらく注意してください。

祝詞は欠かさず続けます。


関連記事

| 地震・火山・体感メモ | 23:39 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT