PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

沖縄の人の使う日本語は日本政府からの強制


マウス画

///////

Yuuji Koutaro‏ @ygktr_yahyou

言語と文化は密接に絡み合ってて、文化ってのは民族アイデンティティの中心部分だから、琉球から日本になったのにともなって言語が奪われた、つまりアイデンティティが奪われた。日本人というアイデンティティは、おれらにとっては押し付けられた物でしかない。

歴史を知って、先祖がどんな想いで琉球が滅びるのをみていたか、おじーおばーや両親世代がどんな想いで日本人になりたかったのか、なんてこと想像すると日本人の誇りとか口にするのはもはや先祖に対する侮辱とすら感じるようになった。だから苗字も日本語風読みから琉球の発音に戻した。



日本語は強制です。
国を乗っ取る場合はまず言葉から。


琉球の言葉について二人のやりとりですが、
「sun‏ @sun41380885」というアカウントは
何も知らないのに知ったかぶり。
沖縄を見下しているし、嘘つき。

¿cómoestá?mmt‏ @tamamotokoji

「言葉は変わる」←一般論としては間違いではないのだけど、琉球諸語の場合は、自然な変化ではなく、人為的に衰退させられたのであり、「言葉の変化」とは意味合いが全く異なる。引用は新垣友子(2013)「琉球における言語研究と課題」より https://twitter.com/sun41380885/status/1128224700709031936

sun‏ @sun41380885

返信先: @tamamotokojiさん
資料ありがとうございます。でも昔から日本語は使われてましたよ。

¿cómoestá?mmt‏ @tamamotokoji

返信先: @sun41380885さん
沖縄人の第一言語(幼児が最初に覚える言語)は昭和戦前期まで沖縄語であり、日本語は学校で覚えるものでした。「第二言語として日本語も使う」ことと、「第一言語が日本語にシフトする」ことの間には大きな隔たりがあります。それは自然な「変化」ではなく、政治権力によってもたらされたものです。

sun‏ @sun41380885

沖縄語の文法は日本語ですよね?方言札とかはやり過ぎだとは思いますが、スパイ防止とか、沖縄と本土の距離を言葉で近くしたり経済良くしたりする為に必要だったんじゃないんですか?文化までは奪ってないですよね?私が知らないだけかもしれませんが。中国のようなエスニック

¿cómoestá?mmt‏ @tamamotokoji

沖縄語(琉球諸語)は現代日本語と同じ祖語から分かれた言語なので文法はある程度似ていますが、「同じ」ではありません。慣例的に「沖縄方言」とも呼ばれますが、研究者の間では「日本語の変種(方言)ではなく別の体系をもった言語として扱うのが適当」という共通認識が形成されています。少なくとも

「日本語とは別の言語ではなく方言である」と頑なに主張する言語学者は皆無です。 日本の支配層の間に「ウチナーグチは方言ではなく言語」という認識が最初からあったなら、第二言語として日本語を学ばせるという選択肢もあったはずです。しかし実際には、日本政府(と沖縄の知識階級)は沖縄語を

「日本語の方言」という地位に貶め、ほとんど駆逐してしまいました(沖縄語を第一言語として習得する新しい世代はゼロ)。言語はそれ自体が基本的かつ重要な「文化」の一つなので、政策としてなされた言語シフトは「文化を奪った」と同義です。

sun‏ @sun41380885

言葉は文化ですが奪われたというほどですか? 暴力的に?盗まれた?言葉が乱暴な気がします。 伝統文化歴史は残っています。 それをしないのが民族浄化。

¿cómoestá?mmt‏ @tamamotokoji

沖縄語を流暢に使いこなせる若者は非常に少ないし、第一言語として習得する子どもはゼロです。沖縄語(琉球諸語)は消滅危機言語としてユネスコに認められてもいます。文化の根幹である言語を「奪われた」といって差し支えないでしょう。「民族浄化」でなければ何でも許されるわけではありませんよ。

sun‏ @sun41380885

喋っている言葉は沖縄語ですよね。日本語が使えるように日本語勉強するのは当たり前じゃないですか?沖縄が発展する為に必要だったツールです。今英語を勉強しているのもツールです。それを日本語が奪われたとはいいません。個人的には授業での英語は必要ないと思いますが

¿cómoestá?mmt‏ @tamamotokoji

Yuujiさんも同様のことを書かれていたと思いますが、沖縄語を普通に話せる世代は沖縄語と日本語のバイリンガルなので、個人としては「奪われた」という感覚はないでしょうね。「奪われた」というのはもっとマクロな、社会全体の現象を指しています。

沖縄語は「方言」とされたがために「非規範的」の烙印を押され、学ぶ・習得する機会が奪われてきました。「奪われた」という受身形は、奪った主体を特定しない書き方ですから、ただちに対立を煽るものとはいえないと思います。

戦前の沖縄において、日本語はただ単に「教えられた」のではありません。沖縄人の第一言語であった沖縄語を「方言」=標準語に対して劣った言葉と規定した上で教えられたのです。沖縄語を第一言語として保持した上で、たとえば英語を習うように日本語が教えられていたらどんなによかったかと思います。



///////

¿cómoestá?mmt‏ @tamamotokoji

返信先: @sun41380885さん
沖縄人の第一言語(幼児が最初に覚える言語)は昭和戦前期まで沖縄語であり、日本語は学校で覚えるものでした。「第二言語として日本語も使う」ことと、「第一言語が日本語にシフトする」ことの間には大きな隔たりがあります。それは自然な「変化」ではなく、政治権力によってもたらされたものです。


Yuzo Takayama‏ @ryukyurockstyle

うちなーんちゅのアイデンティティに関わる大変重要なご指摘。 我々の先祖が数百年間使用してきた言葉が、この数十年で自然に変化した結果、日本語が使われるようになったわけではない。 政治的圧力によって人為的に衰退させられたのが大きな原因。 うちなーぐちを取り戻したい。




関連記事

| 沖縄 | 22:21 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT