PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

蘇利古(そりこ)


この面、面白い。
四天王寺だから由来は半島でしょうね。

幣束 @goshuinchou

四天王寺聖霊会の蘇利古さま
この異形の面の舞をようやく拝観できたので最高だった

aaD41Vy8UU8AAZSVq.jpg

ご存知の方も多いと思いますが千と千尋の神隠しで湯屋に逗留する神様達の「カスガさま」のモデルです。なんでカスガさまかというと春日大社に顔に貼る古い「雑面」が残っているからだと思います。なお蘇利古とはこの舞楽の舞の名であって俺が舞人を勝手に蘇利古さまと呼んでるだけなのであしからず。


調べてみたらやはりそうでした。

蘇利古「日本の雅楽の曲名。高麗壱越 (こまいちこつ) 調,小曲に属する。4人舞 (四天王寺では5人舞) 。前奏として意調子が奏される。舞人は雑面 (ぞうめん) をつけ,白楚 (ずわえ) と呼ばれる短い棒を持つ。古来,竈 (かまど) 祭の舞ともいわれ,応神天皇の時代に百済人の須々許理 (すすこり) がもたらしたものともいう。 」


関連記事

| 歴史/古代史 | 13:10 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT