PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

生物兵器、細菌兵器を開発していたロシアの施設で爆発事故


9月16日、ロシアの都市ノボシビルスク近くにある
国立ウイルス学・生物工学研究センターで
ガスボンベ爆発事故があり建物のガラス全てが割れたとの報道。
天然痘ウィルス、炭疽菌、エボラウィルス等が保管されているという。

同研究センターでは1970年から1980年代にかけて、
生物兵器や細菌兵器、それに対応する保護手段を開発していた。

この研究所は天然痘ウイルスが保管されている2つの機関の一つで、
もう一つはアトランタの米国疾病管理予防センター。

aaD8860061-3A62-4C82-A3EA-2A8F43C8F0BD_w1023_r1_s.jpg
Russian Virology Research Center Hit By Blast
https://www.rferl.org/a/russian-virology-research-center-hit-by-blast-fire/30167495.html


関連記事

| ニュース  | 20:14 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT