PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

「電気的宇宙論」


以前何度か「電気的宇宙論」を紹介しましたが、
ふと思い立って昨夜から「電気的宇宙論」の
ビデオを見ていますがやっぱり面白い。
ビデオを見るのは初めて。
シンプルだからわかりやすい。
ハマってしまいますね。

馴染みのない方はエハン さんのビデオから入るといいです。
二つアップしておきましょう。
ウォレス・ ソーンヒル博士もスカイプで参加しています。

電気的宇宙論:今の先端はどうなった? 2015/3/21 10:00-11:20
https://www.youtube.com/watch?v=xDEm4t9e0jQ
彗星:電気的宇宙論の先端 2016/12/10 11:40-13:00
https://www.youtube.com/watch?v=z03EY_iDE2Q

彗星に衝撃弾を撃ち込んだらどうなるか?

ウォレス・ ソーンヒル博士は
世界中の科学者の中で唯一、答えを当てた人。

彗星は氷とかガスとかじゃじゃなく
電荷を帯びた岩石だから、彗星に探査機が近づくと
互いに荷電された間に閃光が起きると予測した。
結果はその通りのことが起きた

2度閃光を発すると予測した
電気的宇宙論の予測通りになった。

『ディープ・インパクト』で想定外の観測結果(wired.jp)
「米航空宇宙局(NASA)の探査機『ディープ・インパクト』から彗星に衝撃弾を撃ち込んだ先月のミッションで、NASAにとっては想定外の観測結果が得られた。重力よりも電気の力のほうが宇宙において重要な役割を果たすと考える反主流派の理論、『エレクトリック・ユニバース』モデルの予測が正しかったようなのだ。・・・エレクトリック・ユニバース・モデルの支持者たちは先月のミッションに先立ち、ディープ・インパクトからテンペル第1(周期)彗星に約370キログラムの銅製衝撃弾が撃ち込まれたときに起こると予測される一連の出来事を詳細にわたって発表した。この予測では、衝突による閃光は2度見られるとされていた。1度目は衝撃弾が彗星の電荷を帯びた大気に突入する際の小さな閃光で、2度目は衝突時の「予想以上にエネルギーに満ちた」大きな閃光だ。そして先月4日の衝突では、まさにこのとおりのことが起こったように見えた。NASAの研究者たちにとっては意外な結果だった。ディープ・インパクト・ミッションの研究員を務めるブラウン大学のピーター・シュルツ教授は「まさに驚くべきことが観測された」と述べている。「最初に小さな閃光があり、しばらくしてから大きな閃光が起きて、全体に広がった」サンダーボルツのエレクトリック・ユニバース支持者たちは、この他にも、X線放射量の急増、地表下の水の欠如、爆発時の超高温といった予測を行なっている。しかし、NASAは詳細なデータをいまだ公表しておらず、予測の正否はデータが出るまでわからない。サンダーボルツに集結する混成反乱軍チームは、ライターや研究者、電気技師、比較神話学者から成り、オーストラリアの物理学者ウォレス・ソーンヒル氏がチームを率いている。・・・」

NASAはその後データを公表したのかしら。

wiredニュースで紹介されてから、電気意的宇宙論のサイトは
パンク状態になったとエハンさんが言ってましたね。



関連記事

| 電気的宇宙論・電気的身体 | 15:31 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT