PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

宇宙の支配力は重力ではない。ブラックホールはない。(電気的宇宙論)


全部じゃないけど、動画から書き写しました。
画像がないと理解できなさそうな箇所は書き写ししていません。

Wal Thornhill: Black Hole or Plasmoid? | Space News
https://www.youtube.com/watch?time_continue=51&v=J4NffTr_GMk&feature=emb_title


ウォレス・ソーンヒル(ウォル・ソーンヒル)博士「・・・プラズモイドは電磁エネルギーの集中です。渦巻き状の腕に沿って銀河の中心に流れる電流によって引き起こされます。そしてこれは実験室で見られます。プラズマ研究所でプラズマフォーカスとして知られているものの局面で、あなたが中心導体を持っている所です。そしてそれらの間に大きな電圧差を持つ周囲とのシリンダーとの間で:そしてあなたはその電圧差を作りだします。部屋一杯のコンデンサーを持つことによって電荷を蓄えます。それをあなたは突然放電します。その後、あなたがしていることは放電を作成しています。シリンダーを走り下る。シリンダーと中央電極の間に、そして最後の末端にくるとき、それは末端を超えて移動し、それ自体に戻ってカールし、小さなプラズモイドとして形成することです。・・・

・・・宇宙の支配力は重力ではなく電気力学として知られているものです。重力ではありません。そして特に渦巻き銀河とその形態と移動方法は電気力学の観点から簡単に説明できます。重力ではありません。・・・

・・・ブラックホールはない。ただのプラズモイドです。そして、それはプラズモイドが崩壊し始めるときだけです。ここでは電気と電磁力がドーナツ、この中心にある最大のものです。これは崩壊が発生し、これらのジュエットが形成され得るところです。ブラックホールからのジェットは、あなたがそれについて考えるとき、信じられないほどのナンセンスです。なぜならブラックホールは全てを吸うことになっているのです。そしてここに彼らが居て回転軸に沿ってジェットを強制的に排出します。・・・

・・・だから銀河全体の環境や振る舞い、外見を電磁気的に説明できます。そして数十年前にプラズマ宇宙科学者達によってそのように行われています。しかしもちろん天体物理学者と近年の科学のこの過剰専門化は同じ分野であっても人々の間に壁を作成します。それはアイデアを広報し、合理的に議論することをしばしば難しくします。合理的な意思決定は合理的な議論に基づいて行われます。個々の部門内であっても、大学の部門を超えて。だからいくつかの方法で私たちの制度化教育と研究システムは私たちを失敗させ、がっかりさせます。だからこそ我々は物事を莫大な出費を伴って逃がします。重力波探知器のように、重力が何であるかを実際に知っている人がいないときは、そしてイベント地平線望遠鏡です。ブラックホールのためのイベントの地平線の概念さえ非常にナンセンスであるというのに。答えは全て嘘に成ります。科学の現実の歴史についてのグリップを得る中で、何故なら我々は実際に19世紀の終わりに20世紀のはじめにプロットを失っているので。それはあたかも人間の種族がむしろ凶暴になったかのように、政治的、化学的にも同時に。そしてもちろん、学生に教えられる歴史は消毒され、あなたは、彼らがあなたに聞かせたいと思っている人々についてだけ聞く。そして他のアイデアを持っていた人はアイデアに対してでさえ比較されません。それはいわゆる、ご存知のように「受け入れられた科学」または「コンセンサス科学」です。コンセンサス科学の全体のアイデアは、とにかくナンセンスです。事実は、投票によって発見されるわけではないのです。」




関連記事

| 電気的宇宙論・電気的身体 | 23:15 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT