PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

「もっともグロテスクなとき」


久しぶりの辺見庸さんのブログ転載です。

戯けの儀
http://yo-hemmi.net/article/471030267.html

◎へっ、即位礼正殿の儀だとさ

みなのもの、安心しろよ。もう難波太助はいやしねえ。
そのことが却って危険なのだ。天ちゃん、わかりる?

先日、ひさかたぶりに新聞を見た。だめだ、活字が
寝ている。一個も立っていない。読む気がしない。
さりとてあの紙じゃケツも拭けないし。


もっともグロテスクなとき
http://yo-hemmi.net/article/471527891.html

○日本の醜怪ここに極まれり!

「大嘗祭」の中心的儀式「大嘗宮の儀」の〝秘儀〟なるものは、
もっとも反人民的であり、卑猥、不潔、陋劣、暗愚、差別、隠蔽、
国家暴力・・・の気味のわるい、そしてなんらの慎みもない、いわば
極東のドジン文化のあられもないデモンストレーションであった。
あの馬鹿げた式次第に従った当事者、関係者は、言葉の正しい意味
で真性の〝狂人〟であるにちがいない。

赤坂憲雄はかつて書いた。「新しい天皇の即位と大嘗祭にいたる、
天皇制の基層の風景が隠されつつ/顕わされる、ある意味
では特権的な時間・・・」(『天皇制の基層』のあとがき。下線は辺
見)。そうである。このクニでは重大事が「隠されつつ/顕される」
のである。きたるべき大量死刑の執行も。天皇制の基層には、合理を
せせら笑う本源的暴力の暗がりがある。

報道メディアは死んでいる。とうの昔から。





関連記事

| ニュース  | 14:21 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT