PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

身体もプラズマ


私も最近知ったのですが、
血液の55%をしめる血漿(けっしょう)を
英語で「Blood plasma」と言います。
プラズマです。

血漿(けっしょう)

「血漿はアルブミンとグロブリンからなるタンパクを約7.0%程度含んでおり、その他K、Na、Caなどの電解質やビタミンなどを含んでいる。・・・ 血液細胞・養分・脂質・ホルモン・老廃物の運搬、体内恒常性の維持(緩衝作用)、血液凝固、免疫機能を持つ(抗原抗体反応の場)。急激な温度変化の抑制。血管外に組織液としてしみだす事ができ、これにより細胞に栄養分を供給できる。一部は毛細血管を経由して血管に戻るが、多くは毛細リンパ管に入り、リンパ漿となる。 」

電気コードのような「アルブミン
アルブミンALB_structure

グロブリン

「アルブミンと比べて水に溶けにくく、血清の電気泳動においても、等電点がアルブミンよりも高いため移動しにくい。 」

電気泳動

「電気泳動(でんきえいどう、英: electrophoresis)は、荷電粒子あるいは分子が電場(電界)中を移動する現象。」

α1グロブリン
α2グロブリン
βグロブリン
γグロブリン - γグロブリンの1グループは免疫グロブリンであり、抗体として作用する。



電気で考えると、
大宇宙=小宇宙がよくわかる。


タンパク質でモリンガとつながるかも知れない。
調べてみます。

関連記事

| 電気的宇宙論・電気的身体 | 13:47 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT