PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

新型コロナウイルス肺炎の続報(上海からお便り)


上海のAiさんからです。

件名: 上海から
日付: 2020年2月12日


まゆみさん

こんにちは、上海からです。
私は上海市内の日系企業に勤めていて、2月10日の業務再開に合わせて日本から戻ったものの、市外に滞在した人は隔離が必要とのことで、しばらく自宅待機となりました。

公共交通は利用者はごく少ないですが、ほぼ稼働。
スーパーに行くと人はまあまあ多い。
食材は少し高いですが特に問題なく買えます。
ビルの入口で非接触の検温。
エレベーター内は消毒されていて、ボタンを素手で押さないように壁にティッシュ箱が備付けてあります。
出歩く人は完全にマスク着用です。
個人的には中国人にこのまま衛生観念が備われば最強だと思っています…(継続性があるのかどうかという感じですが)

日本にいると未だに中国を後進国だと思いたい人が多いのを実感しますが、ひと声で休日を10日も延長し、大都市を封鎖し、なおかつ生活物資の供給は滞らせない。
この状況でこれほど混乱なく過ごせる国が他にあるだろうかと。

あの2011年、震災の東京を思い出すと、
結局のところ1日も公休にならず、休業は企業判断。
間引き運転を見越して早朝6時に駅に並び、満員電車に乗り、黙って毎日出勤して。あれは果たして先進国だったのか?とふとよぎりました。

私はかつてこの国がこんなに静かで衛生的だったのを見たことがなく(笑)今むしろものすごく安全な場所なのでは、という錯覚に陥りそうです…(地方都市はわかりませんが)

しばらくは静かに暮らして状況を見ます。




関連記事

| ニュース  | 14:14 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT