PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

新型コロナウイルスの発生源は米国フォートデトリックの米軍生物兵器研究所の可能性大


読んですごく納得できます。

私は最初から米国犯人説だけど、
4日にもこう書きました。

「すごくシンプルに考えて、
仮に中国の研究所から出たものなら
新型コロナについての研究、都合の悪い発表はしないと思うんです。
外から入って来たものだと目星がついているんじゃないかな。」と。

そして翌日5日に
感染者を世界各地に放てばどうなるだろうかと考えたりします。
とも書きました。

6日の記事でこうも書きました。
「米国で感染者第一号になった
男性の感染経歴は全くの謎だそうですね。
こういうニュースをもっと大きく取り上げればいいのに。
私なら発生源は地元米国と考えます。
新型コロナウイルスの発生時期が昨年の9~12月なら、
死者16000人以上を出している
米国のインフルエンザ流行と同じ頃じゃないの。」

2月22日の記事にはこう書きました。
「米国のインフルエンザの死亡者はさらに増えて14000人。
コロナで亡くなった人も混じっているんじゃないだろうか。

もしそうなら新型コロナウイルスの発生地は
アメリカになるんじゃないの?」

2月24日
「新型コロナウイルスは色んな顔を持っているに違いない。
七変化するんですよ。」
と書いたけれど、5株あるのか。

一晩経って、米国に怒りが込み上げてくる。

まゆみ写真IMG_6335

機械翻訳です。
おかしな箇所をざっと修正しました。

COVID-19: Further Evidence that the Virus Originated in the US
https://www.globalresearch.ca/covid-19-further-evidence-virus-originated-us/5706078/amp?__twitter_impression=true

COVID-19: ウイルスが米国で発生したさらなる証拠

ラリー・ロマノフ著 2020年3月04日

***

先ほどの記事(上記)から読者が思い出すように、日本と台湾の疫学者や薬理学者は、この新しいコロナウイルスは米国から発生したもので、その国だけが5種類すべてを持つことが分かっているので、ほぼ確実に米国から発生したと判断した。他の全てのコロナウイルスは、その国からのものであるに違いない。 中国の武漢はそれらのタイプの一つしか持っておらず、単独では存在できないが"木"から成長したはずの"枝"の一種として類推される。

台湾の医師は、2019年8月に米国で肺性肺炎(肺気腫?)や同様の症状が相次いでいることを指摘し、米国民はこれを電子たばこが"蒸発"させたと非難したが、科学者によると、この症状や状態は電子タバコでは説明できないという。 彼は米国当局者に、コロナウイルスによる死亡の可能性が疑われることを手紙で伝えました。 彼は自分の警告を無視したと主張しています。

その直前に、CDCは病原体の漏出に対する保護手段がなかったため、メリーランド州フォートデトリックにある米軍の主要なバイオラボを完全に閉鎖し、軍に完全な"排除措置"命令を出した。 このイベントの直後に"電子タバコ"の流行が起きた。

NYタイムス

The New York Times 2019年8月8日のスクリーンショット

2019年9月にハワイで 日本人も感染しました。中国には行ったことがなかった人たちです。武漢で勃発するずっと前から アメリカの土地で感染していましたが、フォートデトリックが閉鎖されてから間もない頃でした。

その後、中国のソーシャルメディアでは、上記のことは承知しているが、さらに詳しい記事が掲載された。 World Military Games(2019年10月18日~27日)のために武漢を訪れた5人の"外国人"アスリートや他の人員が、未確定の感染症のため武漢で入院したと一部で述べている。

この記事では、武漢版のウイルスは、いわゆる"ブランチ"であり、"種"がないために、最初に作成することはできなかったため、米国からしか来なかったと、より明確に説明している。 それは元の"トランク"から分離された新しい品種でなければならず、そのトランクはアメリカにしか存在しない。(1)

コロナウイルスが意図的に中国に伝播されたという観測が広まっているが、中国の記事によると、より害の少ない代替案も考えられるという。

世界軍事大会(10月18日~27日)の米国代表団の一部が、フォート·デトリックでの偶発的な発生でウイルスに感染していたら、初期潜伏期間が長かったため、症状が軽微だった可能性があり、滞在中に武漢市内を簡単に"回遊"し、さまざまな場所にいる数千人の地元住民に感染し、その多くは後に野生火のようにウイルスが広がる海産物市場へと移動することになる。

それはまた、伝説的な"患者ゼロ"を見つけ出すという実際的な不可能さをも意味しています。このケースでは、多くの患者が存在していたとしても、発見されることはありませんでした。


次に、ワシントンのジョージタウン大学の感染症専門家、ダニエル·ルーシー氏は、サイエンス誌の記事で、最初のヒト感染が2019年11月に発生したことが確認されたと述べ、このウイルスは別の場所で発生し、その後、海鮮市場に広まったことを示唆した。 "早ければ2019年9月18日にも発生源を公表したグループがある"(2)(3)

武漢海鮮市場は、世界的に広がる新しいウイルスの源ではないかもしれない。

初期症例の記述は、別の場所で発生したことを示唆している。


記事には次のように記述されています。

"世界中で新たなウイルスが心配な勢いで急増していることが確認され、誰もがこれまで、発生源として中国の武漢の魚介類市場に注目してきました。 しかし、金曜日のランセット誌に掲載された最初の臨床症例に関する記述は、その仮説に異議を唱えます。" (4) (5)

同論文は、複数の機関の中国人研究者グループが執筆したもので、2019年の小説コロナウイルス(2019-nCoV)で感染を確認した最初の入院患者41人の詳細を掲載している。

著者によると、この患者は2019年12月1日に病気になり、海鮮市場との関連性は報告されていない。 "最初の患者と後の患者との間には疫学的関連は見つかりませんでした"と、彼らは述べています。 41件中13件が市場とリンクしていなかったことも、彼らのデータで明らかになっている。 "それは13、リンクのない大きな数字です"とダニエル·ルーシーは言う。. . . (6)

中国保健当局と世界保健機関からの以前の報告では、最初の患者は2019年12月8日に症状が現れたと報告しており、これらの報告では"ほとんどの"患者は1月1日に閉鎖された海鮮市場と関係がある、とだけ記されていた。 (7)

"新しいデータが正しければ、感染と症状が表面化するまでに潜伏時間があるため、最初のヒト感染は2019年11月に起きたに違いないと、ルーシー氏は言います。 もしそうなら、このウイルスは今や悪名高い湖南水産物卸売市場から一連の症例が発見される12月下旬までに、武漢の人と恐らく他の地域との間で黙々とウイルスが広まった可能性がある。 "ウイルスは、その市場から出る前に、その市場に流入しました"と、ルーシー氏は断言します。

ルーシー氏はサイエンス·インサイダーに、"中国は、この伝染病が武漢華南の海鮮市場から発生したものではないことを認識していたに違いない"と語った。(8)

クリスティアン·アンデルセン氏はスクリップス研究所の進化生物学者で、2019-nCoVの配列を分析し、その起源を明らかにしようとしています。 彼は、このシナリオは、感染者が外から魚介類市場にウイルスを運び込むという"完全にあり得る"ものだ、と述べた。 サイエンス誌の記事によると、

"アンデルセン氏は、1月25日にウイルス学の研究ウェブサイトに、2019-nCoVで使用可能な27のゲノムを分析した記事を掲載しました。 早ければ2019年10月1日にも"最近の共通の祖先"という共通の情報源があったことを示唆しています。(9)

興味深いことに、ルーシー氏は、MERSは当初2012年6月にサウジアラビアの患者から来たと考えられていたことを指摘したが、その後、より詳細な研究によって、その年の4月にヨルダンで原因不明の肺炎が早期に発生したことに遡る。 ルーシー氏によると、ヨルダンで亡くなった人々の保存サンプルから、医療当局は彼らがMERSウイルスに感染していることを確認した。(10)

これは、SARS、MERS、ZIKAのように、欧米のメディアが常に提供したがっている"公式標準ストーリー"を受け入れるに当たって、人々の注意を喚起する刺激となるだろう。これらの"公式ストーリー"は全て後に完全に間違っていることが証明された。

このケースでは、コウモリや野生動物を食べる人々によって引き起こされた武漢海鮮市場由来のCOVID-19ウイルスについて、欧米のメディアは数カ月にわたって彼らのページに殺到させた。 これらは全て間違っていることが証明されています。

このウイルスは海鮮市場から発生したものではなく、武漢から発生したものでもなく、中国から発生したものではなく、他国から中国に持ち込まれたことが現在証明されている。 この主張の証拠の一つは、イランとイタリアのウイルスのゲノム品種が解読され、中国を感染させた品種の一部ではなく、定義上、他の地域から感染したに違いないと宣言されたことだ。

あらゆる種類の"木の幹"を持つのはその国だけなので、アメリカだけが原産地になりそうです。 従って、COVID-19ウイルスの最初の発生源は、フォートデトリックにある米軍の生物兵器研究所であったことは事実かもしれません。 これは、CDCがフォートデトリックを完全に停止させたことを考えれば、驚くことではありません。また、以前の記事で触れたように、2005年から2012年にかけて、米国では1059件の事件が発生し、過去10年間にアメリカのバイオラボから病原体が盗まれたり、脱出したりしたからです。平均すると3日に1件です。


中国高官、コロナは「米軍が持ち込んだ」 批判に反発か
https://www.asahi.com/articles/ASN3F6FMTN3FUHBI017.html

以前も書いたように、中国は証拠を握っている。

「加熱式タバコ」に警鐘〜米国で多発する電子タバコによる健康被害
https://news.yahoo.co.jp/byline/ishidamasahiko/20190823-00139514/

「電子タバコ」パンデミック〜米国で何が起きているのか
https://news.yahoo.co.jp/byline/ishidamasahiko/20191005-00145393/



関連記事

| ニュース  | 02:07 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT