PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

9.11のレスポンダー(救助隊・救急隊・消防隊・警察など)の間で 広範囲に広がった放射線によるガン


2014年に”ロシアが911の真相に関する情報を大量放出。ツインタワーの基礎の下に「溶けた花崗岩」の巨大な洞窟が見つかった。それらは、WTCビル1と2の鉄骨補強、鋳造コンクリート、管状のコア構造を消滅させるために熱核爆発によって引き起こされたのですか?”

というニュースがありましたが、
その続報といえばいいでしょうか。

Cancer from Radiation Widespread Among 9/11 Responders
https://www.winterwatch.net/2020/05/cancer-widespread-among-911-responders/
aaWTC-hole-2008.jpg
images-8.jpg

「同時多発テロを間近で体験し、生き延びた人は、通常よりも著しく高い割合で癌と診断されています。 連邦政府の報告によると、9.11関連の癌は、ニューヨーク市消防局の1,100人、警察とその他のグラウンド·ゼロの対応者2,134人、ダウンタウンの労働者や住民などの生存者467人に影響を及ぼしています。 9月11日以降、NYCの消防士2,100人が肺疾患とがんのため退職しました。

ツインタワーはアスベストだらけでしたが、9.11関連の中皮腫は1例もありません。 グラウンドゼロの労働者の間で最も一般的な3つの癌は、甲状腺、前立腺、および骨髄腫、血液ガンです。 米国癌学会によると、皮膚がん、白血病および甲状腺がんは、粉塵粒子の曝露ではなく、放射線曝露に関連する最も一般的な病気です。・・・」

①この偽旗犯罪の証拠として放射線によるがん患者。
(小さなスーツケース核の使用)
②写真の地下岩。これが上に向けられたという説がある。
③WTCビルが粉々に砕かれている写真もミニ核爆発を示唆。
(EPAの放射線大気サンプリング報告書も決して公表されなかった)

///////

アメリカ同時多発テロから17年 
約1万人の人々が9.11関連の癌に 
今も9.11は終わっていない

https://news.yahoo.co.jp/byline/iizukamakiko/20180911-00096410/


関連記事

| ニュース  | 14:13 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

事実関係を、いつ、誰が公開するかだけでしょう。

(トランプと謂えども、国家の存亡?に関わる事だから な
国家の中枢に奴等が潜入している。
だからと云って国家に責任がないと言えるのか。
今回のコロナ騒動も一緒だ。

奴等が企画したからと云っても、実際に実行してしまった。

責任はどこにあるのかという問題。
これも計算済みなんでしょう。

トランプはどうタタカウのか。
難儀な事だ。
(トランプは今、国家とは関係が薄そうな事から着手している。
コレラ逮捕関係者は、奴等の一味だからな。

問題の核心部分で国家存亡危機に直面する。CCP解体危機と一緒だ。

日本の中枢にも奴等は潜入している。奴等の奴隷がいる。)

今悔のコロナ騒動で、烏賊に奴等とタタカウのかという命題が急浮上してきた
(タタカイは始まってしまったのだから、決着は附けないといけない)

| あかとんぼ | 2020/05/22 15:43 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT