PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

マスクは健康に深刻なリスクをもたらす。ウイルスが脳内に移動する可能性もある


マスク、特にフィットしたマスクをつけると、
吐き出されたウイルスは外に逃げられなくなり、
鼻腔に集中し、そこから嗅神経に入り、脳内に移動する。


マスクをつけると低酸素症になり、
二酸化炭素を十分に体外に放出できなくなり、
高炭酸ガス血症になる。

体の弱い高齢者やCOPD(慢性閉塞性肺疾患)、
肺気腫、肺線維症などの肺疾患のあるひとは
どんな種類のマスクを着用しても危険性があるそうです。

癌を患っている人は要注意です。
酸素の少ない環境で癌が最もよく成長する、
低酸素は癌の成長、浸潤、転移を促進するそうです。

Face Masks Pose Serious Risks to the Healthy By Dr. Russell Blaylock
https://www.globalresearch.ca/face-masks-pose-serious-risks-healthy/5712649

マスクSmsAT-G4

"マスクを着用すると、吐き出されたウイルスは逃げられなくなり、鼻腔に集中し、嗅神経に入り、脳内に移動します。"—ラッセル・ブレイロック(MD)

研究者たちは、労働者の約3分の1がマスクを使用して頭痛を発症し、ほとんどが既存の頭痛をマスク着用によって悪化させ、60%が鎮痛剤を必要としたことを発見した。

頭痛の原因に関しては、マスクの紐と圧力が原因である可能性があるが、証拠の大部分は低酸素症や高炭酸ガス血症を原因としている。 つまり、血中酸素化低下(低酸素症)、または血中CO2の上昇(高炭酸ガス血症)である。

高炭酸ガス血症とは、体の組織でできた二酸化炭素を十分に体外に放出できない状態のことである。 高炭酸ガス血症は、肺胞低換気で生じる。 肺胞低換気を来す疾患は、呼吸器疾患だけでなく、中枢神経系疾患や代謝性疾患など多彩である。)

N95マスクを数時間着用すると、血中酸素濃度が20%も低下することが知られている。マスクをして一人で運転すると意識を失う可能性があります。

21歳から35歳の医療従事者159人を対象にした最近の研究によると、81%がマスクを着用で頭痛を発症。マスクによる頭痛をすでに抱えていた人もいた。

残念なことに、虚弱な高齢者やCOPD、肺気腫、肺線維症などの肺疾患を持つ人々には、どのような種類のマスクを着用してもこうした危険性があることを伝える人は誰もいません。これは肺機能の深刻な悪化を引き起こす可能性があります。 これには肺がん患者や肺の手術を受けた人、特に部分切除や肺全摘さえも含まれます。

これらの発見の重要性は、酸素濃度(低酸素症)の低下が免疫力の低下と関連していることです。 低酸素症はウイルス感染と闘うための主要な免疫細胞を抑制する。 これにより、COVID-19を含むあらゆる感染症に罹り、その感染の影響がより深刻なものになる。

癌を患っている人は、特に癌が広がっている場合、酸素の少ない微小環境で癌が最もよく成長するため、長期にわたる低酸素症のリスクがさらに高まります。低酸素はまた、癌の成長、浸潤、転移を促進する。低酸素症の繰り返されるエピソードは、アテローム性動脈硬化症の重要な要素として提案されており、それゆえにすべての心血管(心臓発作)および脳血管(脳卒中)疾患を増加させる。

これらのマスクを日常的に、特に数時間着用した場合には、別の危険があります。呼吸器ウイルスに感染すると、呼吸のたびにウイルスの一部が排出されます。

マスク、特にN95マスクまたはフィットするマスクを着用している場合、彼らは常にウイルスを再呼吸し、肺や鼻腔のウイルスの濃度を高めます。そしてこれは致命的なサイトカインストームをもたらす。

それはいっそう恐ろしくなる。より新しい証拠は、ウイルスが脳内に侵入する可能性があることを示唆している。

ほとんどの場合、嗅神経(におい神経)を介して脳に入る。嗅神経は、最近の記憶力や記憶力低下を扱う脳の部位と直接つながっている。 マスクを着用すると、息を吐いたウイルスは逃げられなくなり、鼻腔に集中して嗅神経に入り、脳内を移動します"




関連記事

| ニュース  | 23:51 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT