PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

「世界を支配する王 その36」 の補足


宗教はややこしい。
やっぱりミトラが出てくる。

シャンバラって
地下にあるとかじゃなく、目にみえないあっちの世界のことじゃないかな。
あっちの世界に作り上げて、こっちの世界で実行するっていう感じ。

あちらの世界で自然に起きたのではなく、タントラでわざわざ作ったということ。
これを神界というのか、霊界というのか、精神界というのか、分からないけれど、
私的には幻覚とか、妄想とか、狂気の世界のほうがピッタリくる。

あるいは
自然に発生した世界なら、それをダライらが歪め、悪用している。


このほうが現実的に物事を考えられる。
砂漠の下にあるというのはロマンがあるけれど、考えにくい。

それで考えると

2327年に王座にのぼるRudra Chakrinは実際の人ではなく、
このRudra Chakrinにダライがなろうとしてるんだと思う。
時間タントラとか言葉があるくらいだし
そのまま2327年と考えなくてもいいんじゃないかな。

あと残りの10章をこれからアップします。

タントラって、やっぱりやっぱりアヌンナキっぽいな。
最初からずっと言ってるね。


関連記事

| 未分類 | 13:11 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

タントラに限らず、ほとんどの宗教同じ事を言ってるとおもいますけど。

| ねる | 2009/05/25 14:07 | URL | ≫ EDIT

この記事だけで考えないほうがいいですよ。

私は最初の元を探し、提示しようと試みているつもりですけれど。。。

| mayufuru | 2009/05/25 15:56 | URL | ≫ EDIT

分かってますよ。自分の見解と他の人の見解を比べて見たい。
ついつい、意見したくなりますね。
あっシャンバラのこと、昔読んだ本の事思い出しました。
同じこと書いてありました。カラーナ界だったかなぁ???
しばらく、だまってますね。

| ねる | 2009/05/25 17:14 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cocorofeel.blog119.fc2.com/tb.php/2273-ebd81ea2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT