PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

「役行者は五と三をつなぐ役割?」の追記


http://pds.exblog.jp/pds/1/200907/30/62/b0086362_12381472.jpg',200,133,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>

robertさんのコメントで、箕面の滝の上流に勝尾寺があることがわかった。

robertさんによると
役の行者は最期は箕面の滝で即身成仏、
消えてしまったという伝説があるそうです。
箕面の裏は亀岡の出口王仁三郎が修行をした辺りだそう。

勝尾寺
緯度 34度51分57.01秒(34.865837)
経度 135度29分28.01秒(135.491113)

検索すると西国二十三番札所とある。
昔、両親と西国三十三番所巡りをしたことがあって、
一部行ってない所があるけれどここも行ったかな?

高野山真言宗とあるからやはり高野山ラインだね。
勝尾寺の前身は弥勒寺とある。

「勝尾寺」の祈願力には時の朝廷の権力も及ばず
王に勝つ寺「勝王寺」と清和帝が号した。
源氏・足利氏等各時代の覇者達が当山に勝ち運を祈り
勝ち運信仰の歴史をたどっている、とある。

王に勝つ寺の意味とは当時の力の強さを物語っている。
近くに開成皇子の墓がある。
地図でみると箕面山瀧安寺の北東にあり更に亀岡に近い。
こっちのお寺のほうが有名なのかも。

関連記事

| 未分類 | 12:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cocorofeel.blog119.fc2.com/tb.php/2491-1b1f0974

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT