PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

太陽系で起きている異変


この情報は2002年のものです。

太陽系で起こっている異変に関しての情報はこちらからの引用です。

ロシアの科学者アレクセィ・デミトロフ博士の報告書
PLANETOPHYSICAL STATE OFTHE EARTH AND LIFE
http://www.tmgnow.com/repository/global/planetophysical.html


冥王星(最近は惑星から外されたけど)
太陽の光が届かないのに温暖化現象がある。
太陽系から遠ざかりつつある。
これまでの14年間で冥王星の大気圧が3倍に上昇。

海王星
明るさが増していて磁場が大きな変化。
衛星トライトンの温度が5パーセント上昇。

天王星
明るさが増している。

土星
明るさと温度が高くなっている。
土星の衛星タイタンは大気の層が1980年より10~15パーセント厚くなっている。

木星
磁場強度が1960年に比べて2倍に増加している。
これまでになかった氷冠が見られる。
磁場から発生したプラズマは衛星であるイオとの間でつながり始めている。
地球に接近している。
赤斑が小さくなりつつあると同時に新しい赤斑ができた。

火星
大気が増え続けていて1992年と比べて濃度は2倍に。
極の氷冠が溶けはじめ50%が消滅。
硫化ガス現象が見られる。
磁場が強くなり大気が戻りつつある。

金星
磁場が変化している。
明るさと温度が高くなっている。


1988年以降今までに観測されなかったナトリウムとカリウムのイオンガス発生がある。

太陽
太陽磁場は20世紀中に2.3倍増加。
東西の磁場が消滅。
太陽黒点はおよそ11年の周期で極大期と極小期を繰り返しているが、
近年は黒点活動が一向に衰えずさらに活発化し天文学者を驚かせている。
ドイツとオランダの天文学者は2008年までに太陽が爆発すると警告をだすほど。

地球
磁場が弱くなっている。
2000年前には40ガウスあった磁場が現在は約0.4ガウスまでに減少し
その磁気減少はいまも年々続いている。
地球の自転速度が速くなっている。
北半球の地磁気極が過去150年でカナダからシベリア方向に1100Kmも動いている。
ヴァンアレン帯でこれまでなかったガスのベルト帯が発見された。

1975年以来、火山活動は約5倍に増加。
1975年から1998年かけて地震が4倍に増加。
1963年から1993年にかけて自然災害が4.3倍も増加。

アメリカの地質研究調査によるデータ
地球全体の地震エネルギーの総量

1970年-1974年  748407000000
1975年-1979年  1368250000000
1980年-1984年  622022000000
1985年-1989年  882135000000
1990年-1994年  1077680000000
1995年-2001年  2017820000000

追記
インドの科学者たちが2012年頃に地球の磁場逆転が起きると予想している。

ロシアの天体観測研究所のアブサマトフ研究員が、
「今後太陽の活動停滞が起こり世界中の気温が次第に低下をはじめ、
今後地球はミニ氷河期に突入する可能性が高い」
とロシア通信社記者のインタビューに答えた。
関連記事

| 未分類 | 19:14 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは。
今日も竜巻の被害が出たようです。低気圧は、まだ北海道を通過中です。
スマトラの地震の後、地球の自転が早くなったとニュースにありましたよね。
惑星の異変は、全て太陽の影響なのでしょうか?
地球温暖化の後は、氷河期ですか・・・あとどれくらいで、転換期になるのだろう。。。

| なっちゃんママ | 2006/11/09 23:26 | URL | ≫ EDIT

また竜巻がありましたね。海外でもあちこちで起きています。

地球の自転が早くなったのはスマトラ以前からです。
太陽系の異変は太陽ではないでしょうね。もっと大きな未知のエネルギーの影響だと思ってます。
その未知のエネルギーの影響で太陽も活発になってると考えたほうが理解しやすいように思いますが。
ブログに書いてあるように太陽光が届かない冥王星で温暖化なんですよ。

| mayufuru | 2006/11/09 23:55 | URL | ≫ EDIT

>近年は黒点活動が一向に衰えずさらに活発化し天文学者を驚かせている。

太陽黒点の出現数は、2000年にピークを迎えた後、年々減少の一途を辿っていますよ。
ネット上には、真っ赤な嘘情報が蔓延していますから、注意しましょうね。

参照:http://www2.nict.go.jp/y/y223/sept/ste/cycle23spot.PNG

http://swc.nict.go.jp/sunspot/

| スパイラルドラゴン | 2008/02/19 15:21 | URL | ≫ EDIT

スパイラルドラゴンさん、はじめまして。管理人のまゆみと申します。
この記事は2002年の情報です。誤解がないように追記で時期を明記しておきます。

太陽系で起こっている異変に関しての情報は以下のサイトからです。

ロシアの科学者アレクセィ・デミトロフ博士の報告書
PLANETOPHYSICAL STATE OFTHE EARTH AND LIFE
http://www.tmgnow.com/repository/global/planetophysical.html

『「地球温暖化狂想曲」に、ロシアが終止符を打った!』は下のサイトで読みました。

「地球温暖化の時代は終わった」と叫び始めたロシアの真意は?
「気候変動問題」という巨大なビジネス・モデル
http://money.mag2.com/invest/kokusai/2008/02/post_50.html

| mayufuru | 2008/02/19 15:46 | URL | ≫ EDIT

だいぶ前に、検索をやりまくっている最中にお気に入りにしていたものの、そのままほったらかしにしてしまっていたURLを、今、こうして、見ているところです。
ノストラダムスは、どうも、ある種の話題作りの為に、1999年などというショッキングな記述をわざとしたのだろうと、1980年代から、ずっと思ってきました。最近は、ノストラダムスは、未来を掴んでいたといっても、深い濃霧の中でおぼろげに見ることができていたにすぎないのではないか、と感じてきています。
こんな私ですが、これからも、度々、寄らせていただきます。よろしくお願いします。

| その他 | 2008/05/03 08:14 | URL | ≫ EDIT

その他さん、おはようございます。

ノストラダムスの予言の解釈が間違ってるんじゃないかと思います。本人が解読したらまた全然ちがうものになるかも知れないですね。

| mayufuru | 2008/05/03 11:34 | URL | ≫ EDIT

惑星によってフォトンベルトに突入してしまっている惑星と突入していない惑星と有るのだと思います。太陽は突入している。

| 堀進 | 2008/07/07 15:13 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cocorofeel.blog119.fc2.com/tb.php/256-8f6f45c4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT