PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

閉じ込められた神が動きだした? その27 (古代イスラエル 5)


http://pds.exblog.jp/pds/1/200909/02/62/b0086362_23421682.jpg',400,300,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>



こんなことを何度も書きました。(一部再掲)

閉じ込められた神が動きだした? その17 (十二部族)

「箭挿(やさし)神社」(箭挿八幡宮)
『頼朝は6町を1里として次々に矢を立て、丁度49本目が箭挿神社になったのでここに小宮を建て10本の矢を奉納したと言われている。

・・・・・

また頼朝だ。
矢だ、まゆみだ、檀君王の檀だ。
49か。
あと一つで50だね。
7×7=49=13

49で10本の奉納?
なあに、これ。

あっ、もしかして・・・・

・・・・・

十二所神社の中には祭神を「天神七代・地神五代」としている所もあるが、

・・・・・

あっ、イスラエルの十二部族?

「箭挿神社」で頼朝が奉納した10本の矢は失われた十部族?

じゃ、足りない一本は、「ヤハウェ」?

じゃ、源氏はイスラエル?
矢の象徴はイスラエル?
日本武尊もイスラエル?
熊野三山もイスラエル?



閉じ込められた神が動きだした? その18 (七里ガ浜)

頼朝の九十九里浜の九、四十九本目の九。
なんで九が好きなの?
臨界が好きなの?



閉じ込められた神が動きだした? その23 (古代イスラエル 2)

九十九里浜の九、四十九本の矢の九、九鬼の九、
やっぱり、残りの一は「ヤハウェ」じゃない?



以上。


さっき、カマエルさんから今年は「ヨベルの年」だと聞きました。
私は「ヨベルの年」なんて知らないので早速検索、ビックリ!


まずそれを読んでください。
◆キリスト教マメ知識
http://www.pauline.or.jp/chripedia/mame_%20yoberu.php
『「ヨベル」とは、安息日の始まりと終わりの合図として、会堂の屋上からラビが吹き鳴らす「雄羊の角笛」のことです。イスラエルにおいて、7年目の年を「安息の年」と呼んでいましたが、その安息年が7回めぐってきた翌年、つまり50年目を「ヨベルの年」と言い、この年は自由解放の喜びの年とされていました。ヨベルの年は、すべての耕作地を休ませ、何も植えることができませんでした。また、イスラエル人の奴隷はすべて解放され、家族のもとに帰ることができました。さらに、買った土地も、元の持ち主に返すこと、借金のある人は、その借金が帳消しになりました。・・・・・』



ビックリでしょ!


7年目の安息の年が7回めぐってきた翌年の50年目が「ヨベルの年」。
49本であと一本で50とか、
49本の矢を、7×7=49とかに
私が勝手にしたんだけど、思考法は当たっている。


やっぱりイスラエルだよ!


カマエルさん、ありがとう!
皆さん、ありがとう!



追伸
Wikiには
『ヨベルの年 (The Jubilee year, ヘブライ語: Yovel, ) とは、ユダヤ教とカトリックの聖日で、旧約聖書レビ記第25章に基づき、ユダヤ教では50年に1度の大恩赦の年(ヨベルの年)を迎えるようになっていて、カトリック教会では、25年に1度「聖年」として記念してきた、すべてのものが元に戻る年』、とある。


このカトリック教会の25年に1度の「聖年」ですぐ浮かんだのが
「天神七代・地神五代」の五。
記事を書くにつれ七と五がたくさん出てきて
七と五は一体何?って書いてきたけれど
もしかして、5×5=25?
これが当たってるなら
ユダヤの50(7×7=49+1=50)と
カトリックの25と数え方は少し違うでしょ。
ここに何かあるんじゃない?
カトリックは50年で二回、聖年を迎えることになるね。
この不思議な組み合わせは面白いな。


このユダヤの7とカトリックの5は
「天神七代・地神五代」=十二所神社=熊野三山の12柱の神になる。
12はイスラエルなんだから、
ユダヤとカトリックをあわせたものが、本当の古代イスラエル族?


とりあえず、これにしておきましょう。



関連記事

| 未分類 | 23:59 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

今晩は。
ブログ、拝見するのは重くないですよ。

ヨベルの年…
知らなかったので勉強になりました!

めまいは大丈夫ですか?
無理されないようにしてくださいね('-^*)

| あっちゃん | 2009/09/03 00:57 | URL | ≫ EDIT

>記事を書くにつれ七と五の神社がたくさん出てきて
七五三といえば千歳飴
七神社×五神社=千歳飴
           ↑
          =を三に当てはめ産む
産まれたのは千年紀

なんてね。

| カマエル | 2009/09/03 00:58 | URL | ≫ EDIT

あっちゃんさん、記事を更新するのがなかなかできません、みるのはようやく普通に出来るようになりましたがさっきまでまだ変でした。じゃ、地震かも知れないですね。

お気遣いありがとうございます。めまい感があるだけなので大丈夫ですが、無理しないように気をつけます。

| mayufuru | 2009/09/03 01:05 | URL | ≫ EDIT

カマエルさん、ごめんなさい。

>記事を書くにつれ七と五の神社がたくさん出てきて

記事を書くにつれ七と五のがたくさん出てきて

に変更しました。
でも数字は同じだからいいですね。

パソコンを閉じるので、千年紀は明日考えます。

| mayufuru | 2009/09/03 01:07 | URL | ≫ EDIT

千歳飴作った人浅草の飴売り・七兵衛さん

七五三縄=しめなわと読むそうです。

| カマエル | 2009/09/03 01:09 | URL | ≫ EDIT

雑賀孫一のことに興味があって、家紋がヤタガラスという足が三本ある鳥なんですが、それはまた不思議だと思って、あらためて検索してみると、高句麗の壁画とか、太陽信仰の話とかでてくるので、なぬ!!と思った次第です。こちらは2+1ということでのレスポンスです。

また、3と言えば、先週末に旅行したとき、左三つ巴の家紋の神社があり、これは私の実家の家紋と同じなのですが、その由来を神社の方に聞きましたところ、伊勢の流れを組むが故に左三つ巴なのだという説明がありました。

家紋って由来を示すものだと思うんですよね。沢山ある家紋の形のうち、なぜ自分の家は左三つ巴にして、そもそも左三つ巴の家紋はどこから来たのか、伊勢の流れを組むということであれば、なぜ伊勢は左三つ巴を選択したのか、ということを考えております。

| AK | 2009/09/03 04:40 | URL | ≫ EDIT

諏訪大社で行われている「恩頭祭」では昔鹿を75頭捧げていたそうです。これと同じ様な祭りをイスラエルの地でも今も同時期に行われているそうです。但し、鹿ではなく羊で、現在は45頭になってますが・・・古代日本じゃ羊は手に入らないので鹿を使ったのではと思われます。
この75という数字はなんだかわからないのですが、やはり暗示しているような気がします。諏訪をイスラエルと思ったのはこの祭りを知ったからなのでした。

| HAL | 2009/09/03 12:18 | URL | ≫ EDIT

カマエルさん

>七五三といえば千歳飴
>七神社×五神社=千歳飴
           ↑
          =を三に当てはめ産む
>産まれたのは千年紀


単純に面白いです。
三をもっと考えないといけないかな。

七兵衛さんなんて、一体なんでしょう、このつながりは。

>七五三縄=しめなわと読むそうです。

そうでしたね。
あとで三を思いつくままかいてみます。

| mayufuru | 2009/09/03 13:24 | URL | ≫ EDIT

AK さん家も深そうですね。こういった人たちが集まってこられるのかもしれません、

左巴も右巴も手裏剣にみえます。二つで一つなんでしょうか。
これもまた考えて記事にしてみます。

| mayufuru | 2009/09/03 13:44 | URL | ≫ EDIT

HALさん

偶然とはいえ、75ですね。でも意味ありげです。
「鹿占い」がありますね。

45頭でも足せば9。減らしてもやはり数字にこだわっているのでしょう。

| mayufuru | 2009/09/03 13:48 | URL | ≫ EDIT

すんません、75つながりなんですが、、、、、
なんとも不思議な護符、有名らしいのですが私は初めて見ました。「午玉宝印(ごおうほういん)」という、熊野那智大社のお守りで、71羽(通説では75羽)のヤタガラスでデザインされていて、なにかの文字を表しているようです。

ご参考
ttp://homepage3.nifty.com/shibalabo/crow/minzoku/kumano/kumano.htm

ヤタガラスに関しては、今日は調べ切れませんでした。奥がとても深そうです。熊野への旅行に興味が出てきました。

| AK | 2009/09/03 23:10 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cocorofeel.blog119.fc2.com/tb.php/2591-15d8ebf7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT