PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

1998年の夢の「世界を支配する王」はアッシリア?


http://pds.exblog.jp/pds/1/201001/29/62/b0086362_12243944.jpg',250,174,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>


昨日のマヨさんの別ブログの記事『ブッシュは知らない』

凄~く面白い!
911の犯人をブッシュは知らない?!
なんという面白さ。
こういうの大好きです。

真っ先に浮かんだのが
飛行機がツインタワーに突入したとの速報を
小学校で受け取ったときのあのブッシュくんの顔。
言葉を発せずに長い時間あっけにとられていたあの顔。
彼は芝居は出来ないと思うから、あの顔はやっぱり素顔だったのかも。
あの顔が今でも眼に焼きついている。


犯人がアッシリアなら、
私のこの夢と関係があるんじゃない?
最後の場所がトルコだから、出発した地点はその周辺になるでしょ。
夢をみたのは1998年1月24日です。
わっ、凄い!
今日が20日だからほとんどぴったし、12年前。

....................................................................................................................................


メッセージ No,4                      1998年8月24日

今回は、急ぎのメッセージです。
1月24日(土)朝の夢日記より
子猫を連れて世界を旅する。
猫の頭上には、飾り物のようなものが、あるいは、王冠のようなものが載っている。
まるで王様か凱旋将軍のように、人類の行列の先頭を歩いている。
私は猫に食べ物を与えるのを忘れていて、気がつくと猫はフラフラになっている。
今にも死にそうになっている。
食べ物(日本食)を与えてみるが、全く食べようとしない。
水だけをおいしそうに飲んでいる。
もう死んでしまうのではと思われたが、翌朝になると驚くほど元気になっている。
最後に旅した場所は
"トルコ"

この日の夢の内容は、今年以降、世界にとって大きな出来事になる事を意味します。



.....................................................................................................................................


夢から7ヵ月後に書いた
「世界を支配する子猫」についての考察はこちら
ビン・ラディンの名前も出てきます。

2008年5月の時点でこの「子猫」をダライだと思い
世界を支配する王と題して批判記事(翻訳)を連載し続けてきた。
2008年5月当時はダライだと確信したけれど、
最近のダライは元気がなさそう。
世界を支配する王にはなれそうにもない。


「世界を支配する王」はアッシリア?
アッシリアは閉じ込められた神?



マヨさん家では天皇家はアッシリアからきたとの話もでている。
この子猫は”日本食を食べなかったので、日本人以外の人間”だと
そしてイスラエル人でもないと言ってきたけれど、
きょう初めてその”日本食”を公開します。


お餅です。


お餅は”種無しのパン”ということでイスラエルと日本を外したのです。
あっ!マヨ理論の”お種”がこんなことろに。。。


もしかしてこの”種無しのパン”の意味って深いかも。暗号かも。


なんか凄いことがおきそうな予感。


関連記事

| 夢/夢日記 | 14:16 | comments:39 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

9.11の話がそんなにおもしろいですか?
多くの犠牲者が出ています。
不謹慎と思います。

| 匿名で | 2010/01/20 14:59 | URL | ≫ EDIT

911のことが面白いと私は書いていますか?

| mayufuru | 2010/01/20 15:04 | URL | ≫ EDIT

米政府は、犯人をアルカイダだと決めつけてます。現在も翻してはイマセン。
わたしには捜査権がアリマセンので、何とも言えませんが、コレが現在も公式見解デス。
違う犯人説もアルヨウデスが、これが公認される為には、現状勢力転覆シカナイの頭。

鳩山・小沢問題にしても、左右・裏表・中間、
だれが、うしろのしょう面なのか、
せんそう中なのでしょう。
やつらが自ら答えを出そうとしてイルのでしょう。

| あかとんぼ | 2010/01/20 18:22 | URL | ≫ EDIT

h ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%81%E5%AE%B6

セブン・シスターズと紋章に隠されたダビデの星

h ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Coat_of_Arms_of_Birobidzhan.png

| (■_■)V | 2010/01/20 18:27 | URL | ≫ EDIT

やつら>ヤツ等>やつ等

ヤツ等の捉え方が最近変わってキテ、以前は外宇宙人を指してイタが、旧地球人(地球内にも、太陽系内にも散在シテイル? 元々は外太陽系から漂着シタモノ?)も含める方が現実的だと考えるようになった。

やつ等とは、ヤツ等の手下。

やつらは、ヤツ等とやつ等の総合称。

ヤツ等やつ等それぞれ一枚イワでなく、勢力分布がアリ、
ドウ勢力統一を図るのか、センソウ中という事。

| あかとんぼ | 2010/01/20 18:48 | URL | ≫ EDIT

『大きなちから』
とは、
コウイウ構図を
見守っている存在のヨウナきがする。

| あかとんぼ | 2010/01/20 19:11 | URL | ≫ EDIT

>”種無しのパン”ということでイスラエルと日本を外したのです。
私もぶっ飛びで行きますと、、、
もう”種”は必要なくなったのです。
何故なら、イエスが現れて、血にはよらない、「こころ内に神がいる」
といったからではないですか?・・・

| 姫 | 2010/01/20 19:52 | URL | ≫ EDIT

こんばんは。
本日、車を運転中に右から羽を広げたトンビが降りてきました。
急ブレーキでした。人生で2回目です。
昨日からのブログの話の流れで古代エジプト神話のオシリスと
関係があるのかな?なんて考えてます。

| okahi | 2010/01/20 20:10 | URL | ≫ EDIT

まゆみさん、みなさん、こんにちわ。
今度はアッシリアですか?いずれにしてもメソポタミア辺りってことですよね。フェニキア人がスペイン沿岸まで進出していたので、それなりに大規模に船の移動が出来ていたと考えられます。フェニキアはアッシリアに滅ぼされていて、フェニキアの海洋術がアッシリアに伝わっていたら、もしかしたら、インド・東南アジア・中国を転々と移動し、最終的には日本にやって来たのかも・・・なんて想像してしまいました。

姫さん、マヨさんのところでもいつもコメント拝見してます。
いろいろご存知なのですごいなーとただただ拝見しているだけですけれど。。。
>もう”種”は必要なくなったのです。
何故なら、イエスが現れて、血にはよらない、「こころ内に神がいる」
なんだか、あっ、ほんとだ、これだ!と思ってしまいました。

ここに書いていいのかどうか・・・平成になってからの天皇家の動きもこれと関連しているのかも。。。そして、次代はもうなしにしてもよいと考えているのかも。。。なんて、さらにぶっ飛び思考してしまいました。。。(さすがにこの発言はまずいでしょうか・・・)

| hiromi | 2010/01/20 20:20 | URL | ≫ EDIT

こんばんわ。
okahiさん、
ホルス(オシリスの息子・隼)→金のトビとかでしょうか?
ttp://www.kardia.biz/~j_history/y002.jpg
関係は分りませんが昨日ちょうどエジプトのネコの記事を
読んでいましたので。↓(^^;
ttp://plasmark.blog61.fc2.com/category5-2.html

| ume | 2010/01/20 21:29 | URL | ≫ EDIT

umeさんこんばんは。
イシスがオシリスの子を身篭るときにトンビに姿を変えたみたいです。
ちなみにその子ホルスは
ttp://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/3/34/Egypte_louvre_031.jpg/160px-Egypte_louvre_031.jpg  ホルス神像(ルーブル美術館)ウィキより
です。そんなに派手やかなイメージはないですが・・・。
猫は、1年ぐらい前に白い子猫がトンビにさらわれていくところに
偶然居合せてしまったことがあります。

| okahi | 2010/01/20 21:57 | URL | ≫ EDIT

まゆみさんはじめましてマヨさんのブログを見てここに来ました。意味深な夢は僕もよく見ます。見知らぬ学校で伊呂波48文字の書かれたノートを見たり、最近では小雪のちらつく真っ白な城の中でこれまた真っ白な鎧武者の石像があり、傍に一休五侍と書かれた看板を見つけ振り返ると殿様が来て皆がその場に直ってるので自分も片膝ついたら、殿様がなんかボケをかましてその場に直ってた全員がバカ殿のコントみたいにずっこける愉快な夢が印象深いです。まゆみさんのスピリチュアルなのに現実を見据えてるスタイルは小気味良いのでこれからも応援したいと思います。では。

| アイパッチ | 2010/01/20 22:01 | URL | ≫ EDIT

まゆみさん、記事とは関係ないコメントですがm(_ _)m
このわけの分からない生物の絵・・・
めっちゃカワイイ!!
最初は「何じゃこれ?変なの」と思ったのに、見る度にだんだん可愛くなってきたよ~

| 石玉 | 2010/01/20 23:28 | URL | ≫ EDIT

いつもぶっ飛び、拝見しております。

あらたなカード、『種なしパン』、、かぁ、、。

深いです。。。

ふくらんでいない(ふくらしこのない)パンのことですよね。
粉飾していない素朴なパンのことですね。( ̄□ ̄;)!!
このテーマ、自分なりに、考察してみます。

それから、石玉さんのコメントに、同感です。
とっても、かわいいイラストですね!

| まゆファン | 2010/01/21 00:04 | URL | ≫ EDIT

イラストに癒されましたw

| 緋雲 | 2010/01/21 07:02 | URL | ≫ EDIT

パンは、紀元前3000年頃にはエジプトで食べられていたといいます。
どんなパンかはわかりませんが。

| 緋雲 | 2010/01/21 07:06 | URL | ≫ EDIT

いや、すみません、パンの起源は2万3千年前でした。

「小麦をすりつぶして水を混ぜ、焼き上げる――というパン作りの最古の証拠を、米スミソニアン協会自然史博物館のドロレス・ピペルノ博士らがイスラエルで発見した。
放射性炭素を使った年代測定で約2万3000年前の遺跡であることがわかった。

研究チームは、イスラエル北東部のガリラヤ湖西岸で小麦をすりつぶした石器や生地を焼いた炉などを発掘。
顕微鏡を使い、野生の大麦や小麦のでんぷんの粒が石器に付着していたことを突き止めた。
農耕が始まる1万年以上前から、野生の麦を加工して効率よく栄養を得ていたようだ。」
(転載おわり)

(Fumさんの、大学への基礎数学-雑記帳 記事より)
ttp://kisosuu.cocolog-nifty.com/zakki/2004/08/post_8.html

| 緋雲 | 2010/01/21 07:10 | URL | ≫ EDIT

(以下転載)
パン作りがきちんと確認されるのは6000年ほど前のメソポタミアです。
当時のパンは今のような発酵させたものでなく、チャパティーのようなものだったといわれています。

その後エジプトに伝わり偶然のたまものか発酵パンが作られるようになりました。
エジプトからギリシャに伝わってからは本格的なパンが量産されていきます。
紀元前2000年にはれっきとしたパン屋も登場しています。

日本に伝わったのも案外古く、戦国時代に鉄砲などともに伝わったとされています。ザビエルなども自分で焼いていたのだとか。
日本人の手でパンが作られたのはアヘン戦争当時、いざというときのために兵糧として作ったのが最初です。
作ったのは韮山代官で反射炉で有名な江川太郎左衛門。
今では全国パン協会から名誉ある「パン祖」の称号を贈られています。
(Fumさんの記事より転載)
ttp://kisosuu.cocolog-nifty.com/zakki/2004/08/post_8.html

パンの歴史は相当古いようですね。
調べていくと、深そうです。

| 緋雲 | 2010/01/21 07:13 | URL | ≫ EDIT

餅の起源を調べたら、餅はもともと中国と東南アジアで食されていたとの事で、日本へはそちら経由で伝わったようです。

さらに当初の餅は米ではなく小麦が原料だったそうで、つまりパンのようなものだったと。

つまりパンと餅の小麦食はアッシリア・メソポタミアから中国・東南アジアを通り日本へやってきたのではないでしょうか。

メス猫といい、まゆみさんの夢とつながっている気がします。

| 緋雲 | 2010/01/21 09:59 | URL | ≫ EDIT

やっぱり、猫ですか。
ちょっと前から、わたくしのコンピューター(マッキントッシュです) にウィルスが入ったのか、メールに小さな猫の写真がついてきて、おかしいな~と思っておりました。
マッキントッシュは、ウィルスかかりにくいと聞いていたのに、とうとうやってきたのかと思いながらも、いまのところ支障がないので、そのまま使用しております。

大元(世界を牛耳ってる?) は7人らしいですが。

アッシリア・・・わたくしも強く反応いたしました。
アッシリア付近の地図を眺めていたら「死海」「バクダッド」「バビロン」が目につきました。

それから、アイパッチョさんのコメント。
昨日対馬出身の方とお話する機会があり。
ん?? 対馬? と気になり調べてみると、対馬には、対馬伊呂波(呉音?) という独自のよみがある?

こちらもちょっと調べてみようかと思っております。


| 李虎 | 2010/01/21 11:00 | URL | ≫ EDIT

追伸
世界の地震速報をみていて今気づいたのですが。

キプロス周辺、バグダッド周辺にも地震起きていますね。
アメリカもです。
ということは、アメリカも踊らされてる(利用されている)だけのようですね。
大元の7名は、安全な地域(全く地震のない地域) にいらっしゃるということなのでしょう。

| 李虎 | 2010/01/21 11:02 | URL | ≫ EDIT

たくさんのコメントありがとうございます。

★■_■)Vさん、ありがとう。

そのあたりのことは達人さんとこで見ましたが私には難しくてわかりません。

★あかとんぼさんにはなんて返事すればいいのやら。

★姫さんのぶっ飛び、面白いです。私も考えてみます。

★okahiさん 沖縄ではトンビはみないですね。トンビは好きですよ。

★hiromiさんのぶっ飛びも面白いです。なしにね。

★umeちゃん インパクトのある絵ですね、トビつながり?ホルスってトンビ?私の中では獅子なんですけどね。獅子=猫

★okahiさん どうしてトンビに姿を変えなくていけないのか、これがわかりませんね。

| mayufuru | 2010/01/21 12:43 | URL | ≫ EDIT


★アイパッチさん
はじめまして。
ぶっ飛びブログですがよろしくお願いします。殿様の夢で笑ってしまいました。私は色んな夢をみますが、時代劇はまずみないですね。人の夢の話を聞くのは好きなのでまた話してくださいね。

★石玉さん
じゃ今度はもっと不気味な動物を載せますね。私の絵は手が勝手に描くのでへんてこなものばかりです。

★まゆファンさん 
発酵させるもの、酵母がないということでしょうね。調子にのってまた動物のイラスト載せます。でもひかれちゃうかも。

★緋雲さん
イラストが受けたんですね。しかしへんてこなイラストですよね。

色々調べていただいてありがとうございます。パンの起源はそんなに古いのですか。驚きです。約2万3000年とか聞くとまたアヌンナキを思い出します。稲作より古いんですね。餅はもともと小麦なんですね。イスラエルと日本が元々のパンを食べていることにないrますよね。

★李虎さん 
最近マックも危ないと聞きました。小猫の写真?

「バクダッド」、「バビロン」もハ行ですね。

対馬伊呂波(呉音?) ってあるんですね。

| mayufuru | 2010/01/21 13:24 | URL | ≫ EDIT

>猫の頭上には、飾り物のようなものが、あるいは、王冠のようなものが>載っている。
>まるで王様か凱旋将軍のように、人類の行列の先頭を歩いている。
猫とは根っこであり「十二支」から締め出された
13番目の動物であり、ネズミ(子)に騙された「親」にあたる。
天の川銀河における大元は白猫(白の女神)。
「12+1」の1は天の時計の中心。

バビロンの大女神がまもなく完全復活を遂げる。
(バビロンの大女神は獅子を聖獣とする白の女神の戦闘形態)
エジプトにおいては以下の「セクメト」
www.europe-z2.com/kodai/bc1567eg_n.html

セクメトとバステトは同じ神の別の現れ

>最後に旅した場所は"トルコ" 
日本の国旗とトルコの国旗が合わさると「日月星」が出そろう。
なおイスラエルの国旗と日本の国旗が合わさると「ソロモンの封印」が
完全に解かれる(3から4への移行)。
ソロモンの封印は日本においては神武天皇の岩戸閉めにあたり
ソロモンと神武の「背後存在」は同じ。

シュメール以前についてはシュメール以降に世界中に施された
数々の封印が解かれないと明らかにはなりません。

| procyon | 2010/01/21 19:49 | URL | ≫ EDIT


procyonさんの投稿はいつも独特で難しいけれど、この独特さがいいなと思います。

猫って苗の字があるからほんと根っこかも知れないですね。
ねずみってずるいですよね。丑の上に乗っかって一番になったんですよね。

私が思うには、エジプトでも多く発掘されている動物と人間のハーフのようなものは、頭にかぶっているのだと思います。魚人間は魚スーツを着たり、猫なら猫、ライオンならライオン、牛なら牛の被り物をかぶっているんじゃないかと思ってます。昔一時期、遺伝子操作でできたのかと思いましたが、今は被り物。

国旗の話は面白いですね。

| mayufuru | 2010/01/21 20:41 | URL | ≫ EDIT

>イシスがオシリスの子を身篭るときにトンビに姿を変えたみたいです

>トビつながり?ホルスってトンビ?私の中では獅子なんです
けどね。獅 子=猫


どうもすみません。(汗)自分で書き込んでいて何か変だな??
と思っていました。(汗)イシスが鳶なのですね。
ホルス≒イエス・キリストとするとイエスは獅子と呼ばれて
居ますので獅子になるんでしょうか?
シリウス暦だと2000年前のへりアカルライジングの日は
(日の出前にシリウスが東から上がる暦の起点になる日)
太陽は獅子座から上ったみたいですので、それも関係ある
のでしょうか?

procyonさん、ハトホル≒セクメト≒イシスって考えるのは
大雑把すぎますかね~(^^;
ttp://park17.wakwak.com/~tatihana/onmyou/yougo_folder/hatohol.html

| ume | 2010/01/22 12:08 | URL | ≫ EDIT

ここにも猫がいますね  h ttp://eao.ru/

| (■_■)V | 2010/01/22 13:29 | URL | ≫ EDIT

| 月のひつじ | 2010/01/22 15:20 | URL | ≫ EDIT

umeさん、さりげなーくリンクされてた金の鳶の絵↓
>ホルス(オシリスの息子・隼)→金のトビとかでしょうか?
>ttp://www.kardia.biz/~j_history/y002.jpg

これ、神武天皇がナガスネヒコと戦っている時に、金の鳶が飛んで来てナガスネヒコらの戦意を萎えさせた~って奴ですか? うっかり素通りする所でした、私も何かあったなーと思ってたんでどうもです!^^;

| 月のひつじ | 2010/01/22 15:35 | URL | ≫ EDIT

そうなんです。
ふてぶてしいみけ猫の1.5センチ四方の顔写真がいちいち出るようになってしまったのです。
なんなんでしょう。
さて、procyonさんのバビロンの大女神の復活に異常に反応し、検索し、ぞわぞわしております。セクメトの写真にも反応していました。
バビロンにまつられている女神イシュタルは、金星の女神であり、性愛・娼婦・性同一障害の神でもあるらしく。
また、大淫夫バビロンのwiki のページに、7つの頭をもつ獣にのった女性の記述。
大元の7人をあやつっている「女神」が存在している?

仮説として。

白雪姫と魔法使い説。
もともと、美しい心の姫と、それに嫉妬した魔女が、世界をふたつにわけていき、今の世界を形成している?
白雪姫は、7人のこびとをしもべに美しい愛にあふれた世界を築き、魔女は、7人のしもべをつかい嫉妬と欲望にまみれた世界を築く。
そしていよいよ、それらがあかるみにでようとしている?

| 李虎 | 2010/01/22 15:44 | URL | ≫ EDIT

月のひつじさん、こんにちわ。
てへ!(^^;)自分で書いていて、何か・・・ハヤブサとトビは
ちょっとちがうかな?って部分があったので絵でゴマカシて
しまったのでしただ。(汗)
はい、一羽の金の鳶が神武天皇の弓の先に止まる
下りでございます。↓
ttp://www.pandaemonium.net/menu/devil/zinmu.html

| ume | 2010/01/22 16:28 | URL | ≫ EDIT

こんばんは。
白猫話の第2話です。昨年車で出雲に向かっていた夜に、
市内に入る手前の橋で不思議な体験をしています。
暗がりの中から黒い服を着た人が急に車に向かって白い子猫を放りました。
びっくりして急ブレーキをかけたのですが間に合わなくて轢いた気がしました。後で確認したら気配もなく、実際には轢いていませんでした。
宿についてふと目の前を見たら、「○ロネコ○マト様」の看板がありました。・・・・・ええええ?黒?白?
それ以来ネコとはあまり縁がありません。
お化けを見たことも一度もなかった人なのですが。


| okahi | 2010/01/22 23:39 | URL | ≫ EDIT

>ホルス≒イエス・キリストとするとイエスは獅子と呼ばれて
>居ますので獅子になるんでしょうか?
33(魚座の双魚)→8(獅子)   8=4+4=44=獅子
33→44 (3から4への移行)
イエスのシンボルは魚   イエスが「キリスト意識」を体現すると獅子
イエス・キリスト=獅子 

イエスとホルスが体現するものは同じ(8=縦の無限大)で
シリウスのヘリアカルライジングと「明けの明星」が象徴するものも
同じ(新たな(時代の)幕開け)です。

>ハトホル≒セクメト≒イシスって考えるのは
>大雑把すぎますかね~
大まかには三者は同じではあるが別の現れということでいいと思います(媒体はそれぞれ異なりますが)。あえて言うと元は同じでもセクメトとイシス、ハトホルでは現れとしてのエネルギーの性質が異なりイシスとハトホルは性質は似ているがイシスのほうがより大元の天体に近い現れということになります。

白猫
popup777.net/?p=1210

日・月・星⇔日・月・地   地=地球   日(火)月(水)=金

日・月・地=火・水・土 
→日・地・月=火・土・水=ひ・と・み=ホルスの眼=オッドアイ

| procyon | 2010/01/23 05:34 | URL | ≫ EDIT


コメントありがとうございます。まとめて返事書かせていただきます。

★umeちゃん

>獅 子=猫

単純発想で私もそう思ってます。

>ホルス≒イエス・キリストとするとイエスは獅子と呼ばれて居ますので獅子になるんでしょうか?シリウス暦だと2000年前のへりアカルライジングの日は(日の出前にシリウスが東から上がる暦の起点になる日)太陽は獅子座から上ったみたいですので、それも関係あるのでしょうか?

この辺りは下で月のひつじさんが紹介してくれるように、過去に本からの情報で書いたことがあります。

獅子に関することを調べてみました。獅子=イエス?
2001年11月19日  ふるいちまゆみ
http://www.mamutan.com/message/letter/2001_11_19.html

イエスは神によって死に至らせられた?
2001年12月18日(火)ふるいちまゆみ
http://www.mamutan.com/message/letter/2001_12_18.html

★(■_■)Vさん、ありがとう。

★月のひつじさん、紹介してくれてありがとう。

| mayufuru | 2010/01/23 12:18 | URL | ≫ EDIT


★李虎さん

>ふてぶてしいみけ猫の1.5センチ四方の顔写真がいちいち出るようになってしまったのです。

すっかりウケてしまって、何度か思い出し笑いしてしました。李虎さんには困ったことなのにごめんなさい。何かのメッセージならいいですけどね。夢だと同じ夢を何度もみるのはその人がそれを乗り越えていないからだといいますが、この三毛猫はなんでしょうね。この返事を書きながらまた笑ってしまいます。

★okahiさん、私も幽霊とか一度もみたことがないです。幻聴も幻覚もないですね。夢だけですね。


★procyonさん

>イエス・キリスト=獅子 
>シリウスのヘリアカルライジングと「明けの明星」が象徴するものも

この辺りは月のひつじさんが紹介してくれるように、過去に本からの情報で書いたことがあります。

| mayufuru | 2010/01/23 12:25 | URL | ≫ EDIT

こんにちは。
白猫話の第2話のつづきで、なぜ?あの時、「○ロネコ○マト様」の看板
が目の前に出てきて驚いたか・・・・ずっと気になっていたんです。
いろいろ調べて考えたら、もしや?と思いました。

黒猫は≒黒獅子で黒獅子は≒黒龍
黒龍といえば・・・・・黒龍江→アムールかと思いました。

| okahi | 2010/01/23 13:17 | URL | ≫ EDIT

黒龍会はここから来ているみたいですね。

| mayufuru | 2010/01/23 13:24 | URL | ≫ EDIT

たびたびです。
特定の団体は関係なく、中東-バイカル湖-アムール川のルートで
やってきた人の流れがあったのかなと思いました。
それが、割合早い時期かなと。うーん?

| okahi | 2010/01/23 13:42 | URL | ≫ EDIT

なんかわかんないけど、ウケてもらえて、なぜか光栄なわたくしです。って、ウケ狙いな訳ではないのですが。(笑)
越えなくてはいけない「猫」問題。ん~。個人的に犬好きなわたくしとしては、猫にまつわる逸話はないけど、猫好きな誰かの思いなのかしらん?

| 李虎 | 2010/01/23 16:08 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cocorofeel.blog119.fc2.com/tb.php/4322-6dad40f7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT