PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

閉じ込められた神が動きだした? その58 追記


http://pds.exblog.jp/pds/1/201001/27/62/b0086362_19404462.jpg',400,300,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>


閉じ込められた神が動きだした? その58 (蘇は人類の祖先?)
へいただいたコメント紹介です。

.....................................................................................................................................

Commented by hiromi at 2010-01-26 21:38 x
なんか、わくわくしっぱなしです。忍者さんからの蘇民将来のサイトで、護符をドロヤナギで作る、と書いてあってドロヤナギ? って、と思い検索。
http://www.iemoku.com/article/13357725.html

分布:ドノロキは北海道ではドロヤナギと呼んでいる。日本での分布は、兵庫県及び静岡県以北の本州と北海道。北方系の樹木なので朝鮮半島からウスリー、アムール方面に広く生育している。・・・後略・・・

「北方系の樹木なので朝鮮半島からウスリー、アムール方面に広く生育」です!!!ここから想像するに。。。シュメールの民が何らかの理由でメソポタミアを離れることになり、陸路と海路に分かれて、東の島を目指して旅立った。世代を経て、蘇民将来の兄弟は海路で日本にやってきて(ニギハヤヒ系?)、日本に定住、そして武塔神(神武系?)は陸路でアムール川沿いに南下し、半島経由で少し遅れてやってきた。。。

りんごのことわざのサイト、りんご関連で調べたんですね。すっかり忘れてました。あの時も確かいろいろ騒動がありましたね。。。ということは、かなり核心に迫ってきてるってことかも。。。

Commented by okahi at 2010-01-26 21:49 x
こんばんは。なんとなく。ハ行には勢いというかパワーがありそうな気がしています。
ハ 波 歯 覇・・・・
ヒ 火 日 灯・・・・
フ 父 風 富・・・・
へ 辺 経・・・
ホ 火 保・・・

Commented by 中嶋森 at 2010-01-26 21:54 x
蘇をさらに発酵させたものが醍醐でしたっけ。南北朝の後醍醐天皇とか蘇我氏と関係するのかなって、昔頭をよぎったことがあります。なーんにも調べてないので、無駄な横やりに過ぎないですけど。口を挟んでみました。奈良の大塔村に古い知人がおりまして、後醍醐天皇の皇子、大塔宮護良親王をこの土地の豪族がかくまったことにより、この村名は来ているようでして、なんとなくいつも大塔村と後醍醐天皇をセットで思い出してしまうのです。

Commented by 姫 at 2010-01-26 23:09 x
シュメールについては、すでに日本との関係を書かれたものが多くありますね。問題は、本当に「蘇」にいうシュメールが人類の祖といえるのか?ということです。今、その起源についてはマヨさん家でも皇統や、失われた大陸からではないのか?とかの議論をしているところなのですが、まだ判ってません。慌てずに、それらも含めて皆さんとで考えていけたらいいと思いますね。

Commented by ume at 2010-01-27 12:21 x
フェニキアというと、どうも「彼ら」とか「やつら」とか「アチラさん」とかと呼ばれている方も、思い出しますが。(^^;
http://www.asyura2.com/0306/idletalk2/msg/1062.html
http://www.asyura.com/2003/dispute8/msg/205.html

(参考に)
ホキ内伝金烏玉兎集より
牛頭天王による、巨旦将来バラバラ殺人(神?)事件。
http://www.ginzado.ne.jp/~ryusei/kamohouwa/back/jm0801.html

最後の方の節句は巨旦(コタン)調伏の呪い(変な言い方になってすみません。)のあたりが、大本教で金神の龍体をバラバラにして埋めたになるのかな?(このあたりが曖昧で^^;)それで、出口王仁三郎さんは上田喜三郎さんだったと。

上の話からすると、お餅を食べないっていうのは、巨旦(金神?)派って事になるんでしょうかね~?オシリスは14個にバラバラにされて、ですよね?ちょっとバラバラにこだわっています。(^^;

ずるずるになってしまってすみません。(汗)既出な事を駄目押しで言っていると思いますが、ご容赦を。
よく言われている話では、この蘇民将来の話と、出エジプトからの過ぎ越しの祭り(種なしパンを食す)が似ているって事で、ホルス≒イエス・キリストとしてホルスはオシリスの息子とされていますが、14個にバラバラにされたオシリスを繋ぎ合わせて生き返らせた時に、大事な1個は見つからなくて、代用品をくっつけまして、生き返った後にホルスが生まれ、イエス・キリストの父も神という事で、両方とも種が無いって話になり、キリストの聖体はパンですので、種無しパンになり、獅子=ネコになって頭がグルグルなのでした。(^^;)

Commented by すず at 2010-01-27 21:01 x
中嶋森さんの
>蘇をさらに発酵させたものが醍醐
知りませんでした。

南朝の皇族をかくまった吉野の山奥にある十津川郷大塔村には神秘的なものを感じていました。姫さまとともにmayoさん家で話題にした資料では、「十津川の民はかつて神武を守った高倉下(タカクラジ)の子孫であり、南朝都落ちの間に皇室と血を交えて皇室崇拝精神をさらに強固にし、他民族の侵入しにくい地勢から血統の純潔が守られた。明治以降昭和初期までは十津川郷民に限り無試験で近衛兵や皇宮警察に採用された」とあります。
「醍醐」がスメラミコト~スメルの「蘇(ス)」をさらに強靭にしたもの、と考えるなら、後醍醐天皇の皇子大塔宮(護良親王)をかくまって大塔の名を土地に残したその精神が、なんとなく見えてくる気がします。

......................................................................................................................................



umeちゃんのぐるぐる、思わず笑ってしまった。
umeちゃんご紹介のサイト「乖急如律令と牛頭信仰」が面白かった。
正月の門松が墓標!?

オシリスや巨旦をばらばらにする話は
やっぱりアヌンナキの話(ばらばらにされたティアマト)と相似するよね。
そしてダライのタントラ儀式。



関連記事

| 未分類 | 19:44 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

僕の田舎は吉野なのですが、数年前に帰った時
親戚のおじさんに、陛下の近衛兵だったご先祖様の
写真を見せてもらった事が有ります。

| D | 2010/01/29 02:18 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cocorofeel.blog119.fc2.com/tb.php/4344-1bdcc213

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT