PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

沖縄とアマテラス、そして「世界を支配する王」


マヨさん家で沖縄とアマテラスの記事をみたので、過去記事を載せておきます。


http://pds.exblog.jp/pds/1/201001/28/62/b0086362_14543313.jpg',240,320,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>


アマテラスとちょっとだけククリヒメ
ではアマテラスの大きな御札の夢日記を記事にした。

私の祝詞と沖縄の神さまは関係ありません。
では97年の沖縄の島の神社に関する夢日記を載せた。

夢日記より
1997年8月15日(金)

荒れた山肌に(沖縄諸島の小さな島)
植林された樹がたくさんみえる
山の中腹に道があって
観光客らしき人々が歩いている
海岸に近い場所に不思議な神社がある

この場所に
日本国中からの
神さまが集まってくるそう

(何故か懐かしさがあって涙が出てくる)

こんな夢でした。
沖縄に神社なんて考えられなくて不思議でした。
沖縄のこと何もしらないから、神社はどうなんだろう。。。



以上。

あとは沖縄に越してきてすぐくらいに
南部の海に遊びに行ったときに、
東の空に「テラス」と大きな文字が出たことです。


それからまたいつかしっかり書きますが、
「世界を支配する王」は天皇家じゃないかなって思っています。

ただわからないのが猫と餅を食べないこと。
これはルーツをたどれば解明されるかも知れません。
私が子猫を連れて旅していたということは私と何らかの縁があるはずです。

そして世界の真の支配者は
誰がみても善人でアッと驚く存在だと、何度も言ってきましたが、
これにぴたりと該当するのは、天皇家しかいないのではないでしょうか。

マヨ理論に触れるようになってそう思うようになりました。

楽観過ぎるかも知れないけれど
もしかして世界は平和になるんじゃないかな。。。

このへんも含めて、超陰謀論陰謀論を超えてと題して何か書こうと思ってます。





関連記事

| 夢/夢日記 | 15:15 | comments:15 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

まゆみさん、こんにちは。沖縄の神社を探したらとても便利なページがありました。h
ttp://5.real-sound.net/~tetsuyosie/okinawa/index.htmlです。
沖縄には「御嶽」というのがあるのですね。岐阜には「御嶽山」という霊峰があり、それとの関連はまったく不明ですが、沖縄の御嶽の写真を見ると、やや韓国風と言おうか、神社とはやや違います。不思議な景色にみえます。

| mayo | 2010/01/28 17:11 | URL | ≫ EDIT

まゆみさん、私も、ここでは神話的な話をモトに書かせて頂いてましたが、本当は、うしろの正面、救世主は天皇のことではないか?と考えていたので、少しビックリしました。
でも、うれしいです。

| 姫 | 2010/01/28 17:35 | URL | ≫ EDIT

関係があるかどうかわかりませんが、餅と白鳥伝説って
ありますよね?
秦氏(伏見稲荷)
ttp://kotobank.jp/word/%E7%A7%A6%E4%BC%8A%E4%BE%B6%E5%85%B7
長者伝説
ttp://blogs.yahoo.co.jp/kawakatu_1205/36472905.html
おまけ(日本むかしばなし・富山)
ttp://www.youtube.com/watch?v=6EoDPk3CZJA

| ume | 2010/01/28 17:52 | URL | ≫ EDIT

世界の太祖はアマテラスなのでしょうか。
世界中の宗教家が日本へ来て奥義を授かっていったという話も聞きます。
伊勢神宮の配置が太陽と月と地球を表しているとも。(まだ検証してませんが)
古代高度文明の叡智が日本で守られ続けているのでしょうか。
1万2千年前から存在していると言われている弊立神宮。そこに祭られている五色の面。
富士山にあると伝えられている人穴(横穴?)に幕府が探索隊を派遣した記録があるそうです。
そこには誰か人がいた、とあった気がします。
もしかしたらすでにご存知の方もおられるでしょう。
散文ですみません。

| 緋雲 | 2010/01/28 18:13 | URL | ≫ EDIT

誤字訂正
×弊立神宮
幣立神宮

です。失礼しました。

| 緋雲 | 2010/01/28 18:44 | URL | ≫ EDIT

こんばんは。
今ヒッタイトのことに興味があり、ネットを見ていたら・・・・
ttp://homepage1.nifty.com/endow/all_turkey/all_hittaito/all_hittaito_pictures/1st_temple_pix/hattusas_1st_254.JPG
がありました。なんとなく、見たことがあるような、ないような。
傾斜も、入り口のセンスも。

>餅を食べないこと。・・・
餅、または餅の形を高めているからではないでしょうか?

| okahi | 2010/01/28 19:30 | URL | ≫ EDIT

>これにぴたりと該当するのは、天皇家しかいないのではないでしょうか。

天皇の系統は、数回は入れ替わっていますが、天皇家の何がそんなに価値があるのでしょう?
お種ですか?

| 奇兵隊 | 2010/01/28 22:10 | URL | ≫ EDIT

まゆみさん、みなさん、こんばんは。
天皇家とお餅で、検索しましたら、このようなページがありました。
h ttp://cache.yahoofs.jp/search/cache?p=%E5%A4%A9%E7%9A%87%E3%80%80%E9%A3%9F%E4%BA%8B%E3%80%80%E9%A4%85&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=&oq=&u=www.fujitv.co.jp/takeshi/column/takedatsuneyasu/takedatsuneyasu46.html&w=%E5%A4%A9%E7%9A%87+%E9%A3%9F%E4%BA%8B+%E9%A4%85&d=Ci7Fgam4UL1m&icp=1&.intl=jp

川端道喜の献上した餅は「おあさ」と呼ばれるようになりました。「おあさ」は六つほどを素焼きの皿に盛り付けられ、白木の三方に載せて、毎日毎日天皇に献上されました。江戸期には朝廷の財政は安定し、天皇が食べるものに困るということはなくなりましたが、朝廷は困窮期の恩を忘れず、川端道喜を禁裏御用として用い続けました。
 江戸時代以降、天皇は「おあさ」を見るだけで昔のように食べることはなくなりましたが、毎朝朝食前に餅をご覧になる「朝餉の儀」(あさがれいのぎ)、つまり儀式として宮中に残り、明治期まで続けられたのです。


| 石玉 | 2010/01/28 23:13 | URL | ≫ EDIT

こんばんわ。
バステト(東方の貴婦人)って子猫を連れた形もありますだ。
ラーの化身?
ttp://ryotaroneko.ti-da.net/e2108570.html

| ume | 2010/01/28 23:18 | URL | ≫ EDIT

天皇家をあやつっている闇の組織でもあれば面白いですね。まったく表に出ないから無いも同然。aho理論でした。

| az | 2010/01/29 05:12 | URL | ≫ EDIT

先日沖縄へ初めて行き世界遺産の首里城を見学しましたが、中国からの使者である冊封使を迎えた守礼門の朱色のつくりは広島の厳島神社と同じものだと説明してました。
沖縄はツアーに参加して駆け抜けて見ただけですが、あちこちに世界遺産として登録されている歴史あるものが多いことに驚かされました。今まではマリンスポーツが盛んな土地というイメージを持っていたので。

今度機会があったら以前から見てみたかった広島の厳島神社の方へも行ってみたいです。

| ぽぷら | 2010/01/29 10:49 | URL | ≫ EDIT

こんにちは。突然ですが。
昨年からよくシンクロをするようになったのですけれど・・・・
何か?共通点を探っていくと「イクナートン」周辺にヒットする気がします。

古代エジプト第18王朝10代目の王・・・・岩戸じゃないでしょうか?1810
個人的には目なんです。左目。と、鳥。

勘違いしてなければ、つながる?気がします。

| okahi | 2010/01/29 11:42 | URL | ≫ EDIT

エジプトといえば沖縄でエジプトのピラミッドの研究をされていた考古学者の吉村作治教授が今沖縄に来て調査されているという話しでした。
きっと数年前に発見された海底遺跡関連ではないかと思いました。

| ぽぷら | 2010/01/29 14:11 | URL | ≫ EDIT

今、偶然、日本とエジプトをつなぐ記事を見つけました。
h ttp://www.geocities.jp/atelier_efraym/index.htm

| ぽぷら | 2010/01/29 15:33 | URL | ≫ EDIT

イクナートンが出ました。
エジプトにおいて特異な存在ですが、日本にとっても深いところでつながりがある存在と思っています。エジプトがヤオヨロズの偶像神・多神教化してほとんどオカルト蔓延状態になったとき、唯一太陽神信仰(アテン信仰)に戻そうとした人です。アクエンアテンとも表示されますが、日本の「おてんとう様」の語源になったという説もあります。海部氏や物部氏の系図に天道姫(アメノミチヒメ・アマジヒメ~ニギハヤヒの奥さんとされる)が出てきますが、もしかして関係あるかもと思っています。
ぽぷらさんご紹介のサイトは、さんざん読み込んだことがあります。かなりエキセントリックなところと何でもイスラエルなところと語呂合わせやりすぎのところを差し引けば、私にはすごく興味深いです。イスラエルがエジプト王朝の創始者だったという異端説は、本当かもと思っています。
そのサイトでも言及されている「王妃ネフェルト像」↓
http://www2u.biglobe.ne.jp/~masayama/egypt-art.htm
直毛と鉢巻が古代日本の巫女さんみたいじゃないですか?

| すず | 2010/01/29 18:22 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cocorofeel.blog119.fc2.com/tb.php/4348-1bbe7e00

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT