PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

皇統譜と王統譜を教えてください。


http://pds.exblog.jp/pds/1/201001/31/62/b0086362_153132.jpg',320,240,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>


面白いことが閃きました。
それを書くにあたって質問があります。

「世界を支配する王」 (女系天皇)へ
サムライさんからいただいたコメントの最後にこうあります。

サムライ「・・・皇統譜と王統譜ですが、今日において皇統譜であるのは日本の皇室だけであり、英国やオランダなどの王室はすべて王統譜です。そして皇統譜=男系、王統譜=女系なので、そのあたりを色々と調べてみるといいかもしれません。」


サムライさんのこの皇統譜と王統譜がよくわかりません。
皇統譜とは「皇」の文字が入っている天皇、皇帝のことでしょうか。
中国でも天皇の言葉がありますよね。確か半島でも。
それとも単純に男系のことでしょうか。


サムライさんへ
こちらにも返事を書いておきます。
いまメール二通を拝見しました。
ブログをアップする前にメールを開けばよかったですね。
先にメールが来てるとは思っていませんでした。
ありがとうございます。

http://pds.exblog.jp/pds/1/201001/31/62/b0086362_153352.jpg',320,240,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>


サムライさんから送られてきた資料を以下に公開しますので皆さんの意見も聞かせてください。
サムライさん自身も皇統譜と王統譜の違いを明確に理解したとは云えないと言われていて、
この機会に色々な人たちの意見を知りたいとおっしゃってます。

以下転載。

1月16日の歌会始では、今回は初めて今上天皇自ら昭和天皇御製を選録(六首)しています。そして皇族の各お歌は、すべて今上天皇の御製に連れており(関連しており)、この今上天皇が六首中の一首と照合するように詠まれています。たとえば、皇后陛下の歌は今上天皇との連歌となりながら、右二番目の御製に応じているという具合です。

次に、昭和天皇の最初の御製「西ひがし むつみかはして 栄ゆかむ 世をこそ祈れ としのはじめに」の冒頭、「西ひがし」について、皇室関係者のXさんから以下のような解説がありました。

「西ひがし」は、西洋文明で云うところの東西を意味しているが(ユダヤ人の不幸は、南北を知らなかった事)、皇統譜と王統譜の違いをも示している。すなわち、皇統譜戸は東西南北の真ん中に天が在る。しかし、王統譜には天は無く、かつ最初は東西だけで南北は無く、後に南北が出来ている。・・・・・・・・ エジプト王国は典型的な王統譜であった。
また、皇統譜は男系因襲であり、王統譜は女系因襲である。つまり、皇統譜の男系因襲は、天皇という種を蒔く畑(女性)は誰でも良い、すなわち天皇の種を育てる畑であれば誰でも良いという考えである。これは女性を尊重していることを意味する。逆に、王統譜の女系因襲の種は何処の男でも良く、それをプリンセスと云う畑に蒔くという考えであるため、連続性が無く女性を見下している形である。
古事記の観点から見れば、蛭子(中世以降は恵比須として尊崇された。すなわち、商業の神、市場主義の神)は王統譜を現しており、皇統譜を現しているのが天照大神である。そして、蛭子を産んだのがオリエントであると、古事記は明白に述べている。
また、王統譜は三角形に喩えられる。すなわち、ピタゴラスのサイン・コサイン・タンジェントである。一方、皇統譜は五角形(ペンタゴン)に喩えられ、円を入れると三角形と比較して余白が少ない。
意の世界と知・情の世界の違いであるが、文字の世界は知の世界であるのに対して、音の世界は意の世界である。人間の五感(視覚・聴覚・味覚・嗅覚・触覚)だけの世界が王統譜の世界を現し、一方で五感に閃きるあるいはインスピレーション(意)を加えたものが、皇統譜を現している。この閃きで今日まで来たのが皇統譜である。この第六感である閃きこそ、シャーマンのシャーマンたる所以がある。


以上、転載終わり。


>天皇という種を蒔く畑(女性)は誰でも良い、すなわち天皇の種を育てる畑であれば誰でも良いという考えである。これは女性を尊重していることを意味する。逆に、王統譜の女系因襲の種は何処の男でも良く、それをプリンセスと云う畑に蒔くという考えであるため、連続性が無く女性を見下している形である。

誰でもいい?
女性を尊重し、かたや女性を見下している?
ここにひっかかりますね。
そうだろうか?
方便に感じますね。


次のページに続きます。


関連記事

| 未分類 | 12:14 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

血統は3次元ボディを継承させるためのもので、核DNAのY染色体に含まれるYAP遺伝子が3次元物質界における天皇制維持のためには不可欠の仕組みでしょう。

皇統譜は世界を守る王のための仕組みです。

一方、霊統は魂あるいは高次元ボディを継承するミトコンドリアDNAでこちらは女系です。王統譜は女系でもかまわないと思います。YAPがないわけですから男系の意味はないともいえます。

YAPマイナス遺伝子をもった正統ヘブライ人が男系を継続しながら大陸から日本へ、霊統を守る女神の国日本がそれを受け入れるという筋書きでしょうか。

| 白山風露 | 2010/01/31 14:24 | URL | ≫ EDIT

やはり、まゆみさんも同じ個所でひっかかりましたか。実は、小生もです。

たまたま、現在は黒須紀一郎の現した『婆娑羅 太平記』に目を通している最中ですが、以下の記述が目に止まりました。立川流や文観については、電脳ウィキペディアでご確認ください。

****************************
 立川流を極めれば極めるほど、後醍醐の中で、絶対権力と衆生平等の矛盾が膨れあがるとこになる。
 この矛盾こそ、文観が朝家に向けて放った欲箭(よくせん)、つまり立川流という愛欲の矢である。そして、それはまた、叡尊、道順とつづいて培ってきた衆生平等の思想でもある。
 後醍醐は、自らの中に自爆装置を内蔵しながら、立川流に向かって進むことになる
『婆娑羅 太平記』第2巻 p.303
****************************

小生は後醍醐よりも文観の立場の人間であるだけに、X氏の男系因襲と女系因襲の解釈については、疑問符が付きました。

| サムライ | 2010/01/31 16:51 | URL | ≫ EDIT

マヨさんへの返事で、「キツネの嫁入り」じゃないか?と書きましたが
キツネの嫁入りとは、天気が良いのに雨が降ることを言ってる訳ですが
これは、例えば世界の王、又、日本の天皇となるべきお方の許へ嫁いで
王を生む結びである以上、僅かな穢れがあっても許されないので、
天気が良いという既に清まっていると思っても、念には念を入れて禊いで嫁入りすることを言ったものだそうです。

>天皇という種を蒔く畑(女性)は誰でも良い・・・・
といのは、皇后としての血統は関係がないとゆうことでしょうか?

| 姫 | 2010/01/31 16:53 | URL | ≫ EDIT

皇統:種を蒔く畑(女性)は誰でも良い・男系→女性尊重…連続性・5角形・大6感的シャーマン
王統:種は何処の男でも良い・女系→女性蔑視…非連続・3角形・5感的

はじめて出会う概念で新鮮ですが、女性の扱いに関してはごく素朴に考えると逆のような気が?種保存のために嫁入りさせられるんじゃあねとか、女系縄文世界は女性が偉かったんじゃないのとか。

それはともかく、まゆみさんのいう「世界を支配する王」とここで言われる王統の王とは別なのかな?
また皇統も王統も血流を重視することに変わりは無く、霊統とはそれに付随しつつも超隔世遺伝的に飛躍するものかと。
また天皇家では霊統継続のための特別な儀式があるそうです。これこそが天皇家・皇統の特殊性かと。それに触れず種と畑の話にするのは…?

| すず | 2010/01/31 18:22 | URL | ≫ EDIT

こんばんわ。
むずかしい事は、さっぱりですが(^^;)
寓話としたら持統天皇じゃないですかね?
名前も野讚良(うののさらら、またはうののささら)とか
大倭根子天之廣野日女尊(おほやまとねこあめのひろの
ひめのみこと)と音が重なっていたり、根子(ねこ)だったり
しますし。(^^;)
「春過ぎて夏来るらし白栲の衣乾したり天の香具山」の
しろたえのころもは「天の羽衣」の事で豊受の神の
伝説(丹後の八乙女伝説に通ず?)にむすび付けて
いる方もいるみたいです。

持統天皇が持っていた統の意味までは分りませんじゃ。

| ume | 2010/01/31 18:46 | URL | ≫ EDIT

私のお種理論では男女同権です。つまり、日本の皇后候補も重大な関心がありますし、産まれた子供の嫁ぎ先も大変に問題になります。私は日本には皇統、王統、両方保存されているという気がします。女系でないと保存できない遺伝子もあるのです。
問題はどうやって保存するのかな?、だよね・・・・。

| mayo | 2010/01/31 19:52 | URL | ≫ EDIT

女性天皇は「つなぎ」の緊急避難的なものでしかないのでは?
数が少ないですし、続いていないですし。
表向きは王統でしかないですよね。

私もシンプルに考えて王統「種を蒔く畑(女性)は誰でも良い・男系」というのが女性尊重だとは思えません。
変に持ち上げられているのは逆に隠そうというか、ごまかそうとしていて気持ち悪い感じ。
論旨もねじれている気がします。

でも、あえて隠されている女系があるなら、「守られている」ともいえるかも。
表に出ない方が大事にされている、ともいえるかもしれません。

なんだかダライ・ラマについて書いてくださっていた記事ににているきがします。

| けいこ | 2010/01/31 23:22 | URL | ≫ EDIT

こんばんは。
>天皇という種を蒔く畑(女性)は誰でも良い、~~~。これは女性を尊重していることを意味する。
>逆に、王統譜の女系因襲の種は何処の男でも良く、~~~女性を見下している形である。

私もここを読んだ時「逆じゃ無いの?」って思いました。

女性天皇肯定論になったとき、それにストップを掛けるような感じで秋篠宮家に男児が生まれました。
天皇家のお考えは本当のところどうなのでしょう・・・?

「DNA」VS「霊統」?
「精子」VS「卵子」?

お種=精子 卵子=畑って思ってしまいますけど
卵子=おタネ、とはならないのでしょうか?

私は母系(女系)社会の方が世の中が平和でいられるように思います。

| 石玉 | 2010/02/01 00:14 | URL | ≫ EDIT

男系 女系を整理してくださるとうれしいのですが。わたしが明治神宮ゆかりの方から聞いたおはなしでは 女系では万世一系? ではなくなるからいけないというのです。

といっても明治天皇のとき入れ替わられたのが濃厚だし.....その前にもそんな話はありました。伯家神道が途絶えてから ほんとうの大嘗祭はおこなわれていない.........と聞きますし いったい皇室がどうなっているのか心配です。

秋篠宮ご夫妻は御懐妊を祈るため沖縄までいかれたとも聞きました。男系か女系かにはさまざまな思惑もからんでいるように感じます。


| luca | 2010/02/01 03:06 | URL | ≫ EDIT

皆様、ご意見有り難うございました。

特に小生の知りたかったのは、まさに「王統譜の女系因襲の種は何処の男でも良く、それをプリンセスと云う畑に蒔くという考えであるため、連続性が無く女性を見下している形である」のくだりであり、何故にX氏は「女系因襲よりも男系因襲の方が優れている」、「連続性が無く女性を見下している形である」と考えているのか…、今のところ、皆様の投稿の中から愚生が納得できる回答は出ていませんが、引き続き皆様のご意見をお待ちします。また、小生も今後X氏と接していく中で多様な角度から探り出していきたいと思います。

よろしくお願いいたします。

| サムライ | 2010/02/01 05:08 | URL | ≫ EDIT

男系については白山風露さんがいわれるようにYAP遺伝子が鍵のようです。
少し調べてみました。

性染色体は女性がXX男性がXY、このY染色体にYAPという特殊な因子が挿入される。
縄文人はYAP(+)、弥生人は YAP(-)、前者はチベットと南米アンデスの原住民、後者は中近東と東アジアでは日本人のみに見つかる。つまり弥生人は中国朝鮮からきたはずなのにもうYAP(-)はそこには残っていない。
このことを中堀豊教授は「太古にYAP(+)の縄文人がユーラシアから落ちこぼれてやってきた、後からYAP(-)の弥生人が落ちこぼれて来た、つまり日本人は二つの落ちこぼれが肩寄せあう窓際族」と表現している。

要するに男系とは男親から息子にのみ継がれる因子を保持して万世一系を守るしくみですね。
女性天皇はやはり緊急避難策ということでしょうか?
「女性は誰でもよい」の意味は、藤原氏でも蘇我氏でもよかったというくらいの意味でしょうか?

まだよく読んでないけど↓が参考になりそう。
h ttp://mblog.excite.co.jp/user/suttonde/entry/detail/?id=9202187

| すず | 2010/02/01 08:52 | URL | ≫ EDIT

可能性で考えれば皇統が男子で受け継がれるのものであれば敬宮さまとご一緒になる方が実質の皇統を受け継いでいる方であれば形式はどうであれOKなんじゃないでしょうか?

| 774 | 2010/02/01 09:18 | URL | ≫ EDIT

神武天皇の話には、玉依姫とか、依玉姫のように巫女かシャーマン系の女性が后になっていますね。
「天皇という種を蒔く畑(女性)は誰でも良い」なら、現在皇室でのお后問題のような話は出てこないのではないかと思い、一体いつからこのような条件になっていたのかを疑問に思います。
ある意味、女性は誰でもイイというのは、女性が誰でもその条件を持っているからで、王統の、「種は何処の男でも良く」というのも、これも女性が条件を持っているから?とも考えられませんか・・・
また、100%母性遺伝するという、”ミトコンドリアDNA”はどうなんでしょうね?・・・・

実は、私もumeさんの「持統天皇」で、空海とされる「かごめ歌」との関係とかが、一番怪しいとにらんでますが、女系と関係があるのかどうかは
まだハッキリしませんので控えさせていただきますね・・・

| 姫 | 2010/02/01 11:30 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cocorofeel.blog119.fc2.com/tb.php/4352-4ce7c86b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT