PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

金、金の原子核、ビッグバン直後、ケム、放射性同位体、ヨウ素


「金」考察のためにケムのチャネリング詩を四度公開してみます。

http://pds.exblog.jp/pds/1/201002/17/62/b0086362_2057875.jpg',320,240,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>


「ケムトレイルとは何ですか」


それは呼応するものである
それは呼び覚ますものである
水の中に含まれているもの
酸素の中に含まれているもの
窒素の中に含まれているもの
電場の中に含まれているもの

ゆっくり呼び覚まし
増え続け、増大するものである

透明な中に含まれているものに
金があり、錫があり、窒素がある

笛吹き王子にならぬよう気をつけること
邪なものにひっかからぬこと
そっくり持ち帰りよく考えること
最もな理由はなきにしもあらず

コロコロ変わる返事に耳を貸さぬこと
金を呼び覚ますものに含まれるものは何か
そこをよく考えてみるがいい
ことごとく打ち鳴らすものの中に
含まれるものをよく考えてみるがいい
計算高い考えの中に含まれるものは
何を意味するか
それは本当に其処にあるのか
何を示しているのか
何を学ぶべきか
コロコロと変えてはならず
融解されるものは
融解するものを含む

片言の意味が示すもの
カタカタの音が示すもの

ようそろ
ようそろ

原子核の中に含まれる

ようそろ
ようそろ

一々訊かずとも
すでに見えているであろう

爆弾の中に仕込まれているもの

ようそろ
ようそろ

点々と連なる星の爆発
中性子の意味するもの
ところてんのように押し出されるもの
ゆっくり押し出てくるもの

ようそろ
ようそろ

すでに時は過ぎたり
すでに島は見えたり

ようそろ
ようそろ
そろいもそろって
ようそろ
ようそろ



2008/01/20 (日)

http://pds.exblog.jp/pds/1/201002/17/62/b0086362_20573349.jpg',320,240,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>


昨年11月の三度目の公開時の天宙眼さんとみなみさんのコメントをまずアップします。

.....................................................................................................................................
Commented by 天宙眼 at 2009-11-09 15:43 x
直感で、「ようそろ」→ヨウ素+炉、もしくは、ヨウ素+濾(過)、と連想しました。では。

ウィキペディア ヨウ素
http://ja.wikipedia.org/wiki/ヨウ素

Commented by みなみ at 2009-11-11 19:02 x
まゆみさん、ご無沙汰しております。

金を呼び覚ますもの。
以前にも増して、放射性同位体を強くイメージしました。
※金の放射性同位体 Au-198(半減期2.7日)

放射性同位体を検索してみたら、気になる頁が出てきました。
http://spiral_inspiration.at.infoseek.co.jp/ri.html
この方面、学がなく、とても説明出来るレベルではありませんが、
ニュートリノ、電磁波などの用語も出てきます。
まさか、常温核融合の実験をしているわけではないでしょうが、
背後には、かなり巨大なプロジェクトが隠れているような気がしますね。

.....................................................................................................................................

i以上。

以前からの読者の方はご存知のように私はケムに関しては
ネットで噂されているものとは別の考えを持っています。
そして今日の緋雲さんとhiromiさんのコメントです。

...................................................................................................................................

Commented by 緋雲 at 2010-02-17 07:19 x
【4兆度!に成功、「ビッグバン」直後を再現】
http://www.kek.jp/ja/news/press/2010/PHENIX.html

「金の原子核を加速器で衝突」させたようですね。
また金が出てきました。

それにしても4兆度って。。。想像もつきません。。。
こんなことしててもいいのでしょうか。。。

Commented by hiromi at 2010-02-17 15:56 x
緋雲さんのニュース、読売にも昨日出てて、このところの寒さは、これが原因かな。。。なんて思ってたところでした。見出しだけ読んで、記事の中を見てなかったので、金が出てくるとは・・・。関係あるかないかわからないけれど、Oro(オロ)...が金のスペイン語です。
4兆度!に成功、「ビッグバン」直後を再現
http://www.yomiuri.co.jp/space/news/20100216-OYT1T01072.htm

4兆度・原子も溶ける超高温状態を実現 理研とKEKなど成功
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1002/17/news009.html


金をwikiしたんですけれど、あんまり理解できません。(化学とか弱いので・・・頭がごちゃごちゃになってしまうんです。。。)

ただ、その中で一つ気になったことが。。。
「ハロゲンは金と反応を起こし、王水やヨードチンキは金を溶かすことができる。」
前に「ヨードチンキ」のことケムトレイルか何かで出てきませんでしたか?

王水って何?てwikiしたら、
「濃塩酸と濃硝酸とを3:1の体積比で混合してできる橙赤色の液体。・・・通常の酸には溶けない金や白金などの貴金属も溶解できる。・・・西暦800年前後に、イスラム科学者アブ・ムサ・ジャービル・イブン=ハイヤーンにより、まず食塩と硫酸から塩酸ができることが発見され、それを濃硝酸と混合することで王水が開発された。十字軍を通じて中世ヨーロッパに伝えられ、錬金術師たちに注目され、銀以外いかなる金属も溶かし込む事から"aqua regia"(王の水)と名付けられた。日本語の「王水」はこの直訳である。」
ヨーロッパの化学の発展の基礎は、イスラムにあるんですね。紙や火薬を伝えたのもイスラムでしたし。。。

......................................................................................................................................

http://pds.exblog.jp/pds/1/201002/17/62/b0086362_20581878.jpg',320,240,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>


ヨウ素とえば、チェルノブイリで有名になった放射能汚染対策。

ヨウ素
『・・・・・日本のヨウ素生産量のほとんどは千葉県の水溶性天然ガス鉱床(南関東ガス田)から産出する地下水から生産されており、資源小国である日本にとっては貴重な輸出資源である。ちなみに千葉県は世界一のヨウ素産出地。』

知らなかった、千葉県が世界一のヨウ素産出地だったなんて。


>前に「ヨードチンキ」のことケムトレイルか何かで出てきませんでしたか?

「ようそろ」のことじゃないかな。
ヨードチンキは金を溶かすことができるんだ。
(*ヨードチンキはヨウ素のアルコール溶液。)

ハロゲン
『周期表 17 族のうちフッ素・塩素・臭素・ヨウ素・アスタチンの五元素の総称。最も典型的な非金属元素で、一価の陰イオンになりやすい。単体は酸化力があり、水素と激しく反応してハロゲン化水素をつくる。また有機化合物の水素と置換してハロゲン化物をつくる。生物体には必須の元素であるが、多量では有害。』

やっぱり、ヨウ素っぽいかな。
ケムトレイルのチャネリング詩、前より分かりやすくなってきた?



関連記事

| 未分類 | 21:10 | comments:35 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

スペイン語で金をOroと書きましたが、その後ちょっと気になって調べてみました。
Oroの語源はラテン語でAurum.ここから原子記号のAuになってます。
何故aurumがoroに変化したのか、そのあたりは解りませんが、書き間違えとか訛りとかそういうのの重なりじゃないかと思いますが、今でもaureo(黄金の、金色の)とかaureola(後光、光環、栄誉)とかaurifero(金を含む、金のとれる)という関連単語があります。
その他、Aurumに近い単語で、Auroraがあるのに気づきました。あのオーロラです。元々は夜明けとか黎明という意味なんですね。
あと、ローマ神話の女神オーロラ、太陽と月の姉妹、風と天体と朝の星の母とスペイン語では説明されていました。

金とオーロラが言語的に関係があるのかないのかそのあたりは分かりませんが、光という意味では、何かありそうな気がします。
あと金星、Lucifer。オーロラは「夜明け」とか「朝の明るい星」ですから、明けの明星につながる。。。


| hiromi | 2010/02/17 23:23 | URL | ≫ EDIT

そういえば、オーロラで思い出しました。
昨日どこかの新聞サイトでオーロラの写真が出てたんで、今検索してみつけたんですけど、昨日ちらっと見た写真と違うような・・・という気がするのですが、まぁとりあえず。
オーロラ:極寒の空彩る マッキンリー山
h ttp://mainichi.jp/photo/news/20100216k0000m040158000c.html

検索ついでにこれらのオーロラ関連ニュースも。。。
横107メートル、世界最大のオーロラビジョン ドバイ
h ttp://www.asahi.com/business/update/0216/TKY201002160345.html

土星の両極、15年に1度の同時オーロラ ハッブル撮影
h ttp://www.asahi.com/science/update/0213/TKY201002130233.html


| hiromi | 2010/02/17 23:24 | URL | ≫ EDIT

こんばんは。
なるほど、ヨウ素は人体にとって必須なんですね。
ヨウ素は放射能汚染のときに国の指示で服用して飽和するんですね。フムフム。
千葉県がヨウ素産出世界一だなんて初耳です。

いずれにせよケムトレイルは金と密接な関係がある、という事ですかね。

ムムッ、
「透明な中に含まれているものに金があり、錫があり、窒素がある」

この「透明」がケムトレイルの事だとしたら、
もしかしてケムトレイルで金をばら撒いている?
有害な宇宙線から地球を守るために?
アヌンナキの惑星を金でシールドするみたいに。
(そんなわけないかw)

| 緋雲 | 2010/02/18 00:23 | URL | ≫ EDIT

hiromi さん、 Oroの語源はラテン語Aurumだったんですね。
発音が近いですもんね。
オーロラとの関連もなるほど納得です。

本当、言葉のルーツって面白いです。

| 緋雲 | 2010/02/18 00:34 | URL | ≫ EDIT

ハドロン、KEKのキッズ向けの解説がわかりやすいです。

ttp://www.kek.jp/kids/class/hadron/class02-01.html

なんかくやしいw

| 緋雲 | 2010/02/18 00:37 | URL | ≫ EDIT

ヨウ素が放射能汚染に対し有効でありそのために撒いているとして、汚染源は地上じゃないでしょうか。
原発やその廃棄物、その他秘密の実験場付近でせっせとやっているとか。
そんなことないですかね~。

あの「飛行機雲」は訝しいですが、悪いことしてない可能性を信じたいんですよね。

| 桂香 | 2010/02/18 00:49 | URL | ≫ EDIT

hiromi さんご紹介の土星のオーロラ、すごいですね。綺麗。

NASAも2009年に撮影したものを今頃公開するなんて、もったいぶるなあ。

| 緋雲 | 2010/02/18 00:52 | URL | ≫ EDIT

桂香さん、その線がありましたか!
ものすごくあり得そうですね。
原発もどんどん稼動してますし。
核実験とかもたくさんやりましたしね。
ヨウ素かな~。

| 緋雲 | 2010/02/18 01:00 | URL | ≫ EDIT

先程の続きです。
Auroraの語源をスペイン語の王立アカデミーの辞書で調べました。
Auroraの元の語はラテン語のauroraで、さらにその語源はauraで、意味は「輝き、光」でした。
Auraは、現在のスペイン語では、「オーラ・霊気」のこと。その他、「そよ風、前兆」の意味があり、語源はラテン語のauraで、ギリシャ語の「息を吹く、風が吹く」という意味の単語ですが、ギリシャ語のアルファベットは難しいのでパスします。

金(oro)とオーロラ(aurora)とオーラ(aura)、なんとなく「光」でつながっていることが分かりました。
固体または物質の光輝く「金」、空気中の光である「オーロラ」、人間や生物の中から光を放つものが「オーラ」ということでしょうか。。。
その「光」の元って何なんだろう。。。って疑問が湧いてしまいました。

緋雲さん、言葉の関連だけにとらわれるのもいけないと思いますが、何か在ると思っているので、ついつい調べてしまいます。。。

| hiromi | 2010/02/18 03:22 | URL | ≫ EDIT

よう素は、スペイン語でヨード(Yodo)。そのままです。
驚いたのは、スペイン語の王立アカデミーの辞書で語源を調べたら、ギリシャ語の単語で、意味は「紫色」でした。
ヨードといえば、紫色だから変でも何もないのですが、なんか、考えてしまいました。マヨさんのところで、宝貝の話のコメントに出てきた、「フェニキアの紫」を思い出しました。何かつながりがあるかも。。。

| hiromi | 2010/02/18 03:30 | URL | ≫ EDIT

連続投稿すみません。
それから、日本では、海藻を食するのであまり見かけないと思いますが、スペインや欧米諸国では、ヨード塩が売っています。スペイン語で Sal Yodada(サル・ヨダーダ)と言います。ヨーロッパでは岩塩が多いこと、海塩の場合でも最近は天然海塩ではなく精製塩が多いことに因るのだと思います。
昆布は、今では中国や朝鮮の海でも栽培されていますが、昔は日本近海だけでしか採れなかったそうで、古代から昆布は日本の国(北陸から北海道にかけて産するのですから、蝦夷の国といったほうが正しいかも・・・)からの輸出産品だったようです。

黄金伝説のジパング、宝貝が採れた島々、海藻特に昆布の産地、千葉がよう素生産世界一というのも、全てつながりがあるのかも。。。う~ん、日本って不思議な国。。。

| hiromi | 2010/02/18 04:15 | URL | ≫ EDIT

今見つけたニュースです。

ヨウ素から不斉合成触媒を開発=次世代抗生物質の生成に期待-名古屋大
h ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100218-00000002-jij-soci

いまいち意味がわからないんですけれど、よう素つながりということで・・・。
下の方に書いてあるコメントがおもしろかったです。

| hiromi | 2010/02/18 06:59 | URL | ≫ EDIT

『ようそろ』ですが、ウィキで「航海用語で、船を直進させることを意味する操舵号令である。幕末海軍からの名残であり、旧日本海軍および海上自衛隊では、転じて『了解』『問題なし』の意味で復唱される。」とありますが関係ないのでしょうか?

| 梨園 | 2010/02/18 09:24 | URL | ≫ EDIT

緋雲さん,私は単純に「ヨウ素は放射能汚染を緩和する」と思い,散布している可能性を考えました。
でもちゃんと調べてみたら,放射性ヨウ素についてのみ効果があるのですね。

以下引用
「甲状腺は、ヨウ素を取り込み蓄積するという機能があるため、原子力施設の事故で環境中に放出された131Iが体内に吸収されると、甲状腺で即座に甲状腺ホルモンに合成され、甲状腺組織の中で放射能を放出し続ける。その結果、放射能による甲状腺障害が起こり、晩発性の障害として甲状腺腫や甲状腺機能低下症を引き起こすとされている。
 これらの障害を防ぐためには、被曝する前に放射能をもたないヨウ素を服用し、甲状腺をヨウ素で飽和しておく必要がある。こうすることにより、131Iにより内部被爆しても甲状腺には取り込まれず予防的効果が期待できる。」

また,ヨウ素はデンプンと反応すると紫になるなど色的な特徴があるので,空中散布すればわかり,誰かが話題にしそうな気がします。
そういうこともないので,私が期待する意味でのヨウ素散布はなさそうですね。

| 桂香 | 2010/02/18 09:59 | URL | ≫ EDIT

★梨園さん、はい、航海の「ようそろ」は当時真っ先に話題に出ましたが、言葉として『了解』『問題なし』を単独に取り出すと新鮮ですね。

| mayufuru | 2010/02/18 14:27 | URL | ≫ EDIT

★緋雲さんの『なんかくやしいw』を寝る前に読んで大うけしてしまって、寝ながらも思い出して笑ってました。

>有害な宇宙線から地球を守るために?

これは私も考えていて前に記事にしました。

| mayufuru | 2010/02/18 16:17 | URL | ≫ EDIT

>有害な宇宙線から地球を守るため
ホント、よい目的だったらいいですけどね。

>寝ながらも思い出して笑ってました。
キッズ達にまけないよう勉強しようとおもいますw

| 緋雲 | 2010/02/18 19:09 | URL | ≫ EDIT

hiromiさん、ヨウ素調べていただきありがとうございます。
欧州ではヨード塩が売ってるんですね。

| 緋雲 | 2010/02/18 19:12 | URL | ≫ EDIT

桂香さん、被爆する前にヨウ素をとって予防するってことは、
被爆してからは効果が出ないのでしょうかね。
放射能汚染は本当に最悪ですね。

| 緋雲 | 2010/02/18 19:15 | URL | ≫ EDIT

よう素の化合物のうち、wikiによると、よう化銀が人工降雨に関係あるようです。
一部引用します。
「組成式は AgI。式量 234.77、融点 552 ℃、沸点 1506 ℃ の黄色の粉末で、光を浴びると光化学反応をおこし、黄緑色を経て黒色化する。これを利用し、臭化銀と同様に、写真の感光剤にも使われている。
結晶構造が氷に似ているため、水が結晶する際の種となりやすい。そのため、ヨウ化銀の粒子を大気中に散布すると、それを核にして雲が発生する。そのため、人工降雨の用途に使われている。ヨウ化銀には毒性があるが、人工降雨に使用される量は非常に微量であり異常摂取でもしない限り人体に影響を与えるほどではない。」

| hiromi | 2010/02/18 20:17 | URL | ≫ EDIT

ヨウドは以前調べていて、・・・・森コンツエルンの元がそれです。森矗昶(のぶてる  「明治17年(1884年)10月21日、千葉県夷隅郡清海村(現在は勝浦市)守谷の漁業、父・為吉、母・満都の長男として生まれる。」とある。財を成したのはカジメ焼きで、これはヨードを取るためである。この人の一代は城山三郎の「男たちの好日」が有名のようだ・・・と以前ブログに書きました。以上、報告でした。

| mayo | 2010/02/18 20:31 | URL | ≫ EDIT

続けて、wikiから。
「ヨウ化窒素(ヨウかちっそ、nitrogen iodide)、別名三ヨウ化窒素(さんヨウかちっそ、nitrogen triiodide)は化学式 NI3 で表される無機化合物である。衝撃に敏感で爆発を起こす。少量に軽く触れただけでも黒色火薬のような破裂音とともに爆発し、ヨウ素蒸気からなる紫色の煙を発生する。ヨウ化窒素やその誘導体は不安定なため構造を決定するのが難しく、その構造化学は複雑である。」

爆発しやすいですって?!

使用済核燃料の処理方法
h ttp://www.patentjp.com/08/U/U100004/DA10014.html
「・・・該核燃料中の水素、ヘリウム、クリプトン、キセノン、ヨウ素、窒素を分離することを特徴とする使用済核燃料の処理方法。」
ここにもよう素と窒素が・・・。


| hiromi | 2010/02/18 20:34 | URL | ≫ EDIT

マヨさんブログでヨードで検索してヒットしたものです。

丹波考①
http://sibanokuni.exblog.jp/12635292

【この「日本冶金工業」を調べると、「企業グループとしては、森矗昶が創始した森コンツェルンの中核企業として発展、戦後は日本興業銀行(現みずほコーポレート銀行=みずほフィナンシャルグループ)グループに属している。高炉メーカーとの資本関係はない。」
でましたね・・・・、あの森矗昶(のぶてる)ではないですか。この名前は栗原氏の本に出てきた。
少し突っ込んでみよう。
「明治17年(1884年)10月21日、千葉県夷隅郡清海村(現在は勝浦市)守谷の漁業、父・為吉、母・満都の長男として生まれる。」とある。財を成したのはカジメ焼きで、これはヨードを取るためである。
この人の一代は城山三郎の「男たちの好日」が有名のようだが、栗原さんにいわせれば「反吐がでるほど嫌いな人物」だそうである。
まあ、千葉の財閥がどうして大江山で工場を作ったのかはよくわからないが、少なくとも戦時中に朝鮮人を強制連行し、こき使うことで一儲けしたことは間違いないことである。】

| mayufuru | 2010/02/18 21:47 | URL | ≫ EDIT

日本の閨閥考
http://sibanokuni.exblog.jp/12643872

【この森氏は千葉県の勝浦出身で、漁師からヨードの生産で財を成したのであるが、この千葉で、特に沿岸部はほとんどが平氏である。まず前提として、森氏は平氏だとし、かつ、平氏は平氏同士結婚するものとする。
とするなら、ちょっと強引だが、この森氏の閨閥が広がる範囲は基本的に平氏と考える。
なぜそんな事をいうかというと、この閨閥は群馬の館林、美智子皇后陛下の正田家から、四人の宰相を輩出した安西家、そして味の素の鈴木家、銀行家の家系、岩佐家など大変な閨閥を作っているのだ。そして四人の宰相とは浜口雄幸、岸信介、佐藤栄作、三木武夫だが、当然それは安倍氏にも入っていくわけで、これらを平家部族でくくる事が出来るなら日本の構造は極めてシンプルに考える事が出来る。】

| mayufuru | 2010/02/18 21:48 | URL | ≫ EDIT

緋雲さん
「被曝直前に摂取した時に効果が最大で、時間が経過するとその効果は薄くなる。」とあります。
被曝6時間後には効果なし,だそうです。

原発事故時のヨウ素剤服用について,以下のサイトから引用しました。
h ttp://www.geocities.co.jp/WallStreet/1795/datugenpatu/991226yousozai.html

放射能汚染は,地球上の水や空気を汚染し生物を通って蓄積していくんですよね。
直接被曝しなくても,多かれ少なかれ汚染の影響からは逃げられない。
しかしそんな絶望的な話は,開発者も利権で推し進めている人物もわかっているはず。
自分も汚染にさらされるのに,どうして平気なのか不思議。
ひょっとして,免れる術はあるのでは?
だけどものすごくお金が掛かるので世に公表せず,対策を講じているとか・・・。
それが「金」だったりして。

| 桂香 | 2010/02/18 22:17 | URL | ≫ EDIT

酸素とよう素の検索で、こんなものが・・・

慣性核融合ドライバーとしての励起酸素-ヨウ素エネルギー移乗レーザーの研究
h ttp://kaken.nii.ac.jp/ja/p/08408015

放電励起酸素ヨウ素レーザー
h ttp://www.nr.titech.ac.jp/~hakatsuk/res1-1-2.html
「・・・通常の光ファイバで導光出来る波長帯で、しかも気体をレーザー媒体とする大出力レーザーの開発が望まれていました。この要望に応える形で、化学励起酸素ヨウ素レーザー(Chemical Oxygen Iodine Laser; COIL)が開発されました。既に、東海大学で基礎研究が強力に進められ、川崎重工から市販されるに至っています。原子力分野では、光ファイバシステムを使って作業者の被曝量を低減させる可能性があると言う事で、廃炉措置時の原子炉解体用としても検討が進められているようです。」


あと、酸素と窒素と電場とよう素の検索で、こんなものが・・・

ヨウ素にはどんな物理化学的性質があるか。
h ttp://fiu-iodine.org/3.html

物理化学がさっぱりなので、よく分からないのですが、さっきから、よう素と酸素と窒素の組み合わせって、いろいろ利用できるんですね。

| hiromi | 2010/02/18 22:25 | URL | ≫ EDIT

みなさんからのコメントを明日ブログにアップしますね。

| mayufuru | 2010/02/18 23:11 | URL | ≫ EDIT

マヨさんの森コンツェルンのつずきですが三木睦子さんが武雄元首相の妻になり多大な政治的恩恵を。。。森財閥が受けた典型でしょうね。夫人にいわせると三木家とは雲泥の財力でしかも10歳も年上、縁談を断ろうと思っていたら、時の大蔵大臣に説得され同じ木が3つの縁で。。。とウィ木にありますが。上記にあるように戦前の実家の悪名高い家業のつけを国民にまわすなんて。。。慰安婦の国家賠償を求める活動といい、いまだ拉致された日本人がいる北朝鮮の金日成が最後にあった日本人という勲章は首を傾げます・勲章も授与とものの本で読みました。もちろん公にアジア女性の地位向上のために活動されていたとは思いますが。

| アールデコ | 2010/02/19 01:12 | URL | ≫ EDIT

2225のhiromiさんからヒラメキ

ヨウ素 I
酸素 O
窒素 N
ION イオン
+ -
陰と陽
男と女


I on. アイ オン。

スイッチが入った!?

| あかとんぼ | 2010/02/19 01:44 | URL | ≫ EDIT

あかとんぼさんのヒラメキ素敵!

| hiromi | 2010/02/19 02:03 | URL | ≫ EDIT

I on=I 恩

Not 怨隠

| あかとんぼ | 2010/02/19 02:10 | URL | ≫ EDIT

桂香さん情報ありがとうございます。
>被曝6時間後には効果なし,だそうです
対策時間がものすごく限られてますね。

| 緋雲 | 2010/02/19 12:32 | URL | ≫ EDIT

★hiromiさん

>慣性核融合ドライバーとしての励起酸素-ヨウ素エネルギー移乗レーザーの研究
>放電励起酸素ヨウ素レーザー
>ヨウ素にはどんな物理化学的性質があるか。

この三つのリンク、もちろん専門的なことはわかりませんが、私的には面白いです。2008年の夏頃から電気エネルギーが強くなっていると書いてきましたが、これらをちらっと読んだだけでも納得するものを感じます。これは何とか記事にしないといけないけれど難しい。天才物理学者の友達が欲しい。

| mayufuru | 2010/02/19 13:56 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2019/01/21 23:34 | |

Re:

そうですね、ないとは言えませんね。

| まゆみ | 2019/01/23 20:42 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cocorofeel.blog119.fc2.com/tb.php/4667-6b9c6971

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT