PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

コア


空間の振る舞い

時間の振る舞い

あなたの振る舞い


そろそろ 

わたしは

空の上で

元の場所に戻ろう


http://pds.exblog.jp/pds/1/200705/14/62/b0086362_17453690.jpg',320,240,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>



先日、地球のコアについてコメントがあったので
ある科学者たちの情報を載せてみます。以下要約。

『地球内部は静的なものではなく
最も内部のコアは、密度の高い月の大きさの金の結晶で、
コアの外側の溶けた鉄の液体の中でスピン回転している。
このスピン回転が強い磁場を生んでいる。

惑星や恒星のエネルギーが地球のコアに作用している。
地球のコアは、表面からは独立して単独に動いている実体である。

マグマが押し上げられる主要な原因はコアの変位によるものである。
内部のコアは他の部分とは違った速度でスピン回転をしている。
これら2つのものは、実際には異なった角度の軸のまわりを回転している。
(この状態は、異方性として知られている)

これらによって、南北磁極の変化に対するよりよい理解が与えられ、
北極と南極がふらついたり、定期的に反転する理由を決定する
手助けが得られることができ、南北磁極が、約10万年毎に、
完全に反転すると考えることができる。

新しい磁極は、各回、時計まわりの方向に向く。
土壌波が地球の中を通過する時間が80年代よりも90年代の方が速いのは、
内部のコアが回転し、地球表面との関係に変化が生じたためである。

地球の内部における変化は、大変ゆっくりとしたものだと考えられていたが、
今では何かが、10年のタイム・スケールで変化しつつある事を見ることができる。

地球のコアの変化は、地球の表面に避けがたい影響を及ぼすので、
コアの動きが、地球表面での大きな変化の引き金となると思われる。』


以上です。

コアが回転している理論のほうが好きかな。
じっとしているとは思えない。
人間のこころだってじっとしてないし。

こころは原子炉のよう。

でも、回転が、動きが、あるレベルを超えれば、
止まっているようにも見えるけどね。

超越した静けさ。


-------------------------------


Allstate社は、地震、山火事、災害の増加傾向で
カリフォルニアでの新しい住宅所有者方針作成を中止。

http://pds.exblog.jp/pds/1/200705/14/62/b0086362_17395255.jpg',160,131,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
ハワイ火山国立公園のEast Lae'apukiデルタの16エーカーが海に崩れ落ちた。
フィリピンのブルサン火山、新たに噴火、昨年、5月11日の爆発より強い。

コンゴ キヴ湖の青緑色の水は、炎を伴う災害を誘発するかも知れない。
可燃性の強いメタンガスに5倍の二酸化炭素の膨大な量がある。
15km離れた場所に活動中の火山があり、引火するかも知れないそう。
この30年でメタンの量が15パーセント増加、今心配されている。

北インド 暴風雨、稲妻で少なくとも27人が死亡、停電
イスラエル 死海の近くのウエストバンクで洪水


http://pds.exblog.jp/pds/1/200705/14/62/b0086362_1740337.jpg',320,184,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
コウモリとミツバチは似た飛び方をする

研究者は鳥が各々の翼の後ろの空中に渦をつくることを知っている。
鳥の渦は一つに統合されるがコウモリは別々に渦が生じている。

これは低速で、大きな力をつくることを示している。
背泳ができ、大きなリフトを引き起こすことができる。
マルハナバチの脊椎動物バージョンに似ていることを示唆している。

ダンプが完全な状態で、何千トンものくずはナポリ通りをいっぱいにしています。

http://pds.exblog.jp/pds/1/200705/14/62/b0086362_17403043.jpg',100,80,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
人間とチンパンジー
認識力につながる遺伝子突然変異は人間だけで見つけられる。
2つの種の間には、精神的、言語能力の、かなりの相違がある。
学習役割を果たすタンパク質、メモリが人間の中枢神経系だけで伝達されているとか。



http://pds.exblog.jp/pds/1/200705/14/62/b0086362_17472579.jpg',320,251,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
特殊なフイルムで撮影されたテキサスのLarry Alvarez氏撮影の太陽
主に水素(92%)とヘリウム(7.8%)で作られているという太陽
他の少量のものはカルシウム(0.003%)に似ているらしい。


小惑星接近 ほんの数日前にアリゾナで天文学者によって発見された。
小惑星「2007JZ2」
http://ssd.jpl.nasa.gov/sbdb.cgi?sstr=2007%20JZ2;orb=1
関連記事

| 未分類 | 17:54 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

はじめまして。興味深い記事がたくさんあって、あれこれ読ませていただきました。情報収集力、分析力、すごいです。

| facuto | 2007/05/20 08:25 | URL | ≫ EDIT

情報ありがとうございます。磁場の減少はまだブログでは書いていませんのでそのうち書く予定です。0の場所もあるようですね。

| mayufuru | 2007/05/20 11:54 | URL | ≫ EDIT

facutoさん、初めまして。
facutoさんのブログいまざっと見させて頂きました。私と同じ思いがあって同じことを考えている人がいるんだなと思い、可笑しくて笑ってしまいました。写真もいいですね。後ほどコメント入れさせて頂きますね。これからも宜しくお願いします。

| mayufuru | 2007/05/20 11:58 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cocorofeel.blog119.fc2.com/tb.php/519-ebd0ba0e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT