PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

いよいよ 『科学 de ワンワールド』?


19日の『昨日に続き、「人類全体のためにすること」』の続きです。

今日はいつもより更にぶっ飛び考察を書いてみます。

南極の巨大ニュートリノ観測装置『IceCube』

この南極の巨大ニュートリノ観測装置『IceCube』が完成したようです。日本の南極観測史上最大のプロジェクト「PANSYレーダー」計画のスタートにぴったり合わせたようなこの見事な連携プレーは一体、何を意味するのでしょうか。地球を丸ごと包む電磁波のネットワークの完成!?使い方を誤れば危険なことになるでしょうね。

3月に『科学 de ワンワールド』と題して記事を書きましたが、嫌な予感がします。
もちろん出来るだけ良いように考えてはいます。

まずそのニュースから
6606451.jpg
世界最大のニュートリノ観測所、南極地下に完成(AFPニュース)
『南極の地下1400メートルに建設中だった世界最大のニュートリノ観測所「アイスキューブ(IceCube)」が18日、およそ10年の歳月を経て完成した。場所は、南極点のアムンゼン・スコット基地(US Amundsen-Scott South Pole Station)の近く。アイスキューブには5160個もの光学センサーが張り巡らされており、素粒子ニュートリノが氷と衝突する時に光速に近い速さで発せられる青色光を検出する。目的は、宇宙の質量の大半を占めている見えない物質、ダークマター(暗黒物質)の探索だ。写真は、地下に降ろされる最後の光学モジュール』



地球を縦断する大型大気レーダー観測網
これが地球を縦断する大型大気レーダー観測網です。


初心者さんがコメントで、
私が前に記事にした東京スカイツリー(東京スカイツリーは神の鉾?)の
”建設費の大半は欧州から出ている”と書かれてました。
これが仮に本当なら地球の電磁波網・HAARP網を考えてしまいます。
世界一の電波塔はその中心、象徴になるでしょうか。
指令も出る?
クリスマスツリーの天辺が東京スカイツリーにみえてきました。

ますます、神の鉾ですね、
良いように使ってくれるだろうか。


御柱の木がまた、「もみの木」なんですよね。


5月に書いた『何故、原発はなくならないのか』の続きです。
記事をまず転載します。

電気があまっているのに何故まだ原発を建設しようとするのか。
海外まで出かけて原発を売ろうとするのは何故なのか。
故障続きのもんじゅに何故あれほどこだわるのか。
原発で電気を作る以外に何かやっているんじゃないだろうか。
原発に関する何らかのネットワークがあるんじゃないだろうか。

うっすらみえてきたのは大量の電気=兵器です。
兵器といっても国内の場合は防衛。

「J-PARC」、「KEK」をはじめとする国内の実験施設もそうだけど
日本の科学実験施設は世界中にある。
彼の国にも大きな施設があります。

すでに準備は整っている?
だから米軍は必要ない?
「J-PARC」、「KEK」は関東を防衛するためにある?

これらが普天間県外移設、米軍基地海外移設につながります。


以上。

実はですね、
原発施設が電磁波網・ネットワークの施設であり
軍事施設にも変わるのではないかと考えています。
(自衛隊基地ももちろん連携。)
防衛なら日本列島を網で被うイメージ。
「KEK」、「J-PARC」などの最先端科学施設は原子力機構ですしね。

この原発施設の絵で頭の中で網を描いてみてください。

genpatu_map.jpg

日本が原発建設を請け負った国とは網がつながります、連携できます。
建設を請け負うということは日本が管理できるということです。
これは日本にとって大きなものになるでしょう。
だからこその、何で今更の、海外進出なんじゃないでしょうか。

この網・ネットワークは世界を支配するため?
それとも地球を守るため?


ボームの言葉をしつこくアップしておきます。
ボーム「・・・本当は人類全体のためにすること以外は何一つないという意味です。それ以外に出口はないということです。人類全体のためにすること、それこそが絶対にするべきことで、他のことは何の意味もない。 」


関連記事

| MIMIC/HAARP | 15:49 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

ぶっとびついでに。
電磁波バリヤはありでしょうね。
ただし日本人ぬきででしょうか?
地球上でこれほど豊な森や水や海があるところは今ないのではないでしょうか。
気候も安定しています。
あほな総理大臣の首が繋がっているわけです。

| けんしん | 2010/12/28 17:50 | URL |

>>実はですね、
原発施設が電磁波網・ネットワークの施設であり
軍事施設にも変わるのではないかと考えています。



さすがですね。良く気がつきましたね。私の考えと同じです。この間のアルミの件で言えば、理論的には可能だと思いますよ(笑)

| 初心者 | 2010/12/28 19:27 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/12/28 20:28 | |

Re: けんしんさん

> 地球上でこれほど豊な森や水や海があるところは今ないのではないでしょうか。

海外は一度しか行った事名ないのでよくわかりませんが、日本以外はないのでしょうか?海外生活が長いけんしんさんの言う通りなんでしょうね。気候は安定してますね、一番は四季があることでしょうね。

| まゆみ | 2010/12/28 23:09 | URL |

Re: 初心者さんも同じなんですね。

しかしあまりにもぶっ飛びで、皆さん、ひいてるんじゃないでしょうか。

| まゆみ | 2010/12/28 23:10 | URL |

Re: 33さん

私の好みは無視してください、そういうふうに考えないほうがいいですよ。あくまでも33さん自身です。

梶川泰司さんのインタビューを読まれましたか?

一部転載します。
http://www.plus81.com/plus/tnf/02/talk2_1.html

『行動によって、人間はより包括的に学ぶことができます。「Think global, Act local.」は権力構造が作り出した分割思考であり、分割して支配するための分業システムの表れです。 「Think global, Act local.」は、ローマクラブのミレニアムの命令形の標語として世界中に広まりました。グローバリズムは、「Think global, Act local.」と表裏一体で成長した概念なのです。それは、専門分化による経済支配の最終段階を意味しています。歴史的に、グローバルとはglobe(=地球)の分割支配を計画した東インド会社の戦略用語です。グローバリズムは決して太陽系を含む宇宙的視野を含みません。デザインサイエンスは、グローバリゼイションよりもテクノロジーによるエフェメラリゼーション(陽炎化=短命化)を重要視しています。軽薄短小は一種のエフェメラリゼーションの変形した概念で、テクノロジーによる包括性の結果です。』

| mayufuru | 2010/12/28 23:15 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/12/29 02:59 | |

Re: 33さん

コメントありがとうございます。

| mayufuru | 2010/12/29 22:33 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT